名古屋藤が丘教室

Tel:052-769-6360

  • 〒465-0036 愛知県名古屋市名東区藤里町507レジデンス藤里1F
  • 地下鉄東山線 藤が丘駅 徒歩15分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

2017.05.29

こんにちは!
城南コベッツ名古屋藤が丘教室ではテスト当日の朝に塾生の方々に利用してもらおうと思い、朝6時から教室を開放させていただきました。今回は藤森中・椙山中のテスト日程の25・26日に開放させていただきました。
朝6時からの早い時間に教室を開放することに塾生たちも驚いていましたが、利用してくれた方々が思っていたより多かったので嬉しく思います。
この塾生たちの頑張りが今回のテストの結果に結びついてほしいと願っております!
今後もテスト当日の朝学習として朝からの教室開放を実施していきます。
塾生の方々には是非利用していただけたらと思います。

2017.05.26

1.社会的マナーの構築
2.仕事に必要な知識・技術が身につく
3.仕事を将来するときにとって重要な人間関係の形成のため
4.将来収入を得るため

今回は4についてのデータを見ていきます。
将来収入が高くなる大学
1位 慶應義塾大学
2位 早稲田大学
3位 中央大学
4位 明治大学
5位 同志社大学
6位 日本大学
7位 京都大学 大阪大学 東京大学
10位 法政大学
といったように有名大学が上位を占めます。
この中の7割の方が小学校から塾に通っていたというデータがございます。
1.塾
2.習字・そろばん
3.家庭教師
4.音楽
5.通信教育
6.水泳
といった順位で習い事をしています。
なので収入が高くなる方の6割は小学校から勉強ができています。

驚くべきことが、習い事にかける月のお金の平均が10万円らしいです。

ただ小さいころから勉強の習い事をすることで抑えられるというデータも
ございます。
まだ自分でできるという学年のうちに(余力があるうちに)勉強の知識を
さらに深めることが総合的に出費を抑え、将来の投資になるということです。
いつからはじめるべきか一緒に考えたいと思います。
何かご質問があればお気軽にご相談ください。

2017.05.26

1.合格ノート
科目別に学習予定表を書く
週間計画、月間計画、学習方針、改善点を記載しておくといいです。

2.勉強ダイアリー
日記が好きな方はおすすめです。
1日の勉強での出来事や思ったことを日記風に書き残すと復習のポイント
等が明確になります。
1日の反省、明日への課題、数値管理をするといいです。

3.通算正答率レコーディング
今までやった問題の正答率を記録していきます。
数字のキープがゲーム感覚でおもしろさがでます。

4.入試情報ポストイット
塾講師、学校の講師の方が話した生の情報を残しておきます。
志望校や出願校の対策が取りやすくなります。

5.ミシュランノート
問題の難しさが記載されている問題集はかなり多いです。
ただ自分にとって難しいか簡単かは自分で解いてみないとわかりません。
自分だけの問題評価ノートをつくっておくと、理解力をあげるのに
無駄な時間を過ごさなくてもよくなります。

6.模試結果セルフカルテ
塾でもある程度開設はしますが、さらに詳しく分析できるのは時間的に
自分しかいません。
自分で徹底的に模試の分析をすると苦手単元、勉強したほうがいいところ
が明確化され、時間短縮につながります。

次回は教養力を広げるノートづくりについてお話いたします。

2017.05.26

1.新聞ノート
興味を持ったことを探求してまとめます。
自分なりの図表化をしたり、インターネット等からイラストを用いたりすると
さらに見やすくなり見るのも楽しくなります。
重要なことは、好きなもの興味が持てるものをまとめてください。そうすることで
頭に残りやすくやりがいが持てます。

2.バイブルノート
メモ帳など小型のものに公式のみ集めます。
公式、解き方のヒント、間違えた問題だけと必要最低限のものを書き込みます。
余分な情報を持たなくするという手法ですので、まとめ方の練習、テストに出題
されやすいものがわかるようになります。

3.取材ノート
旅先、社会科見学等で知りえた情報をまとめます。もらった資料等も貼り付けると
さらに具体性が出ます。
このノートは趣味の延長でノートづくりの練習で作ります。

4.1面コラムトレーニング
短い文章をさらに短く要約します。
段落ごとのキーワードに注意しながら3分の1にまとめられると最高です。できれば
塾の先生か保護者様が確認してあげ、チェックすることにより励みになります。
この方法ですぐ国語力は向上します。

5.デジカメ英和辞典
デジカメで撮った写真に写っているものを英単語化します。
そのことにより楽しさもありますし、身近なものを英語にするという意識が高まります。
記憶にも残りやすいです。


世界に羽ばたき、社会に貢献できる人財は、まだまだたくさんいます。育っていないだけです。
その教育現場こそ学校及び塾です。
育つために今できることをしっかりやっていきたいです。
ご相談事があればなんでもお答えいたします。お気軽にお声かけください。

2017.05.26

1.色チョークで書いた個所はやはりよく出ます。
2.関連付けて示した複数のキーワードはセットで出題します。
3.たとえ話で説明するのは、絶対に理解してほしい事項という思いがありますので、出やすいです。
4.プリントと教科書を故意に行き来したところは要注意です。
5.声の調子や繰り返し、注意を引くためのフレーズに気づいてください。
6.雑でもポイントを押さえたノートを取り、疑問点はすぐに学校・塾で質問してください。
7.授業で使うプリントをそのまま試験の範囲にします。
8.欄外に書き込まれるような発展的項目は試験によく出ます。
9.なぜこうなるのかと問いかけた内容が応用問題の候補になります。