名古屋藤が丘教室

Tel:052-769-6360

  • 〒465-0036 愛知県名古屋市名東区藤里町507レジデンス藤里1F
  • 地下鉄東山線 藤が丘駅 徒歩15分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

名古屋藤が丘教室のお知らせ

よりよくすること

2018.10.20

為すべきことは、問題があるから生まれるのでしょうか。
問題解決のために仕事をする、これは思いつきやすいことではあります。
では、問題がないのであれば、次第にやるべきことや仕事などはなくなるのだから、問題はあった方がよいのでしょうか?

人が感じる快・不快はどうしても変えられないものであって、問題と言うのならそれはネガティブなものであり、なくそうという風に思うのが自然です。
しかしそのことしか価値観がないとすると、自分を取り巻く環境は次第に縮小していって、どこかしらで生きる手段を失いそうです。

私は、問題を100%解決出来たとして、やはりちっとも困らないだろうと思っています。
そこからやるべきは、よくなったものをよりよくすることです。

もう見えなくなっているのに、欠点やネガティブなものを探しながらどこまでも頑張ろうとしたり、ましてや問題をわざわざ作ろうとしたりなんていうことは、やはり不幸としか言えません。
好きなことならいくらでも頑張れる、自分はあれならいくらでも食べられる気がする、各々がそのようなことで構わないのではないでしょうか。

一番やりやすいのは、既に出来ているものを、時事によって便宜を図ることかもしれません。
自分の持ち前のものをアップデート、アップグレード、そんなことでも常に右肩上がりと言えるでしょう。
何かにお別れするときは、これまで実になったことから、新たな自分や出来事を生んでみればよいのではないでしょうか。

もちろん勉強もこれと同じです。
自分の頭に問題があるから勉強しよう、それも一つの考え方ですが、自分の難点を排し、「自分はこれ」と思えるものを何か作ってみる、よいものが出来たらそこを基本に発展をさせる、これがこれからの価値観として大事になるだろうと思います。
いつでも、いくらでも、やるべきことややれることが生まれます。