豊田明和町教室

Tel:0565-74-1780

  • 〒471-0825 愛知県豊田市明和町2-30-13 2F
  • 愛知環状鉄道 三河豊田駅 徒歩15分

受付時間:16:00-20:00 日祝休

豊田明和町教室からのメッセージ

2018.11.25

<日程>1127

<時間>2限目

~英語~

<範囲>

・教科書p79まで(Let's Read 1含む)

・エイゴラボp115まで

・「〇〇の秋」、今年は「英語の秋」にしようプリント

・平日課題で練習した表現

・小テストNo.16まで

・聞き取り問題があります。

<学習のポイント>

・教科書本文を書けるようにしましょう。

・エイゴラボの問題に繰り返し取り組もう。

・「〇〇の秋」、今年は「英語の秋」にしようプリントを覚えよう。

・「~しなければならない」と言う文の書き換え表現に注意しよう。(have todon't have tomustmust not

・電話の取次ぎ表現を覚えよう。(May I speak to ~?

・乗り物を使った道案内の表現を覚えよう。(Which bus goes to~?/Take Bus No.~

・助動詞や接続詞を使った文の意味を理解したり、書いたりできるようにしよう。

willmustifthatwhenbecause

<テスト勉強する上での重要ポイント>

まず、平日課題は今回の文法の基本が詰まっているので、必ず全問分かるようにしておきましょう。

「〇〇の秋」、今年は「英語の秋」にしようプリントは熟語や特殊表現がたくさん含まれています。しっかり覚えましょう。

電話応対、道案内の文法は少し特殊な表現が多いため繰り返し問題を解いて丸ごと覚えてしまいましょう。

書き換え表現についてはdon't have tomust notができないところに特に注意しましょう。また、接続詞の書き換えには「,」がいる時いらない時をちゃんと理解し、ケアレスミスをしないように気をつけましょう。

2018.11.25

<日程>1127

<時間>1限目

~数学~

<範囲>

・教科書~p106

・わかる数学~p89

・単元テストプリント「一次関数」

・確認テスト「一次関数」

・平行線と角スペシャルプリント

・その他授業で使用したプリント

<学習のポイント>

・教科書の問題や、わかる数学の問題は繰り返し解きましょう。

・三角形の合同条件は一字一句教科書通りにかけるようにしましょう。

<テスト勉強する上での重要ポイント>

今回のテストでは一次関数の範囲が全て出ます。基本は必ずできるようにしましょう。

グラフを書く問題は必ず出題されるので、書き方のコツを掴んでおきましょう。

連立方程式を使用する問題には特に注意しましょう。利用問題については様々な問題がありますが、点の移動と一次関数の問題はしっかりチェックが必要です。

平行線と角スペシャルプリントは必ず繰り返しやって理解し、全問解けるようにしておくと完璧です。

2018.11.25

<日程> 11月26日

<時間>3限目

~国語~

<範囲>

・教科書

116123「モアイは語る」

125127「敬語」

142145「仁和寺にある法師」

146152「漢詩の風景」

157163「君は「最後の晩餐」を知っているか」

・国語の学習p82879091104121

・漢字17上~26下まで

・ことばのきまりp217

<学習のポイント>

・教科書は題名や筆者名を含めて読み込む。

・授業ノートや配布されたプリント等を読み直す。

・漢字プリントは裏の問題も解いておく。

・ことばのきまりがテスト範囲が前期中間テストと比べて広くなっているので、少しずつ進めていくこと。

<テスト勉強する上での重要ポイント>

今回のテストの項目では、現代文の読み取り・漢文・漢字・文法の分野が出題されます。

現代文についてはまず教科書を読みながら授業ノートやプリントの重要ポイントを

チェックしておきましょう。

漢文については文を読む順番をしっかり覚えておきましょう。(レ点など)

後はどういう話の内容であるか、特殊な表現技法はしっかり理解しておきましょう。

漢字は学校から出されているものをしっかり繰り返しやっておきましょう。

文法については範囲が広いですが、ことばのきまりの指定されたところや学校のプリント

をしっかりやっておきましょう。

2018.11.25

<日程> 11月26日


<時間>2限目

~理科~

<範囲>

・単元2 動物の生活と生物の進化

教科書p86~158、理科の学習p36~65、理科演習6~10、単元テスト6~11

・単元1 化学変化と原子・分子

化学式、化学反応式、物質の質量の割合を使った計算問題

<学習のポイント>

・生物分野約70%、化学分野約30%の割合で出題。

・教科書の太字(漢字のものは漢字で)をしっかり覚えましょう。

・実験のポイントを押さえ、結果、考察ができるようにしておきましょう。

・化学分野は化学式をしっかり覚え、化学反応式が書けるようにしておきましょう。また、計算問題が解けるように何度も練習をしておきましょう。

<テスト勉強する上での重要ポイント>

メインで勉強するのは生物分野をやりましょう。生物分野については用語のみを覚えるのではなく、図や表と関連づけて覚えるようにしましょう。実験や観察の部分についてもしっかり見ておき、目的・結果・考察ができるようにしておきましょう。

化学分野については理科の学習に載っている化学式、化学反応式はしっかり覚えておきましょう。また、計算問題については酸素と鉄の実験部分をしっかりやって求め方を理解しておきましょう

2018.11.25

<日程> 11月26日

<時間>1限目

~社会~

<範囲>

・地理

教科書p179~p250、学習整理p32~63、白地図や資料集の該当ページ

・歴史

教科書p112~p140、学習整理p10~29

<学習のポイント>

・絶対出るよ問題

地理...学習整理p80,81から10点

歴史...学習整理p98,99から10点

<地理>

全ての地域で、地形や気候、県庁所在地などの基本知識を確実に覚えよう。各地域ごとの特色を学習したはずなので、産業や人々の生活についてもう一度確認しておきましょう。

<歴史>

範囲が狭いので、確実に知識を定着しなければなりません。時代の流れや、幕府が行った政策、2つの文化の比較など、混乱しないようにしましょう。

<テスト勉強する上での重要ポイント>

まず、必ず「絶対出るよ問題」は満点取れるようにマスターしましょう!

地理では用語のみを覚えるのではなく、地図・グラフ・表などと関連づけて覚えていくようにしましょう。

歴史では政策・改革の行われた順番、特徴、結果どのようになったかをしっかり掴んでおきましょう。地理と同じく用語のみを覚えるのではなく、写真・図・表も関連づけて覚えましょう。特に文化の部分については注意が必要です。