豊田明和町教室

Tel:0565-74-1780

  • 〒471-0825 愛知県豊田市明和町2-30-13 2F
  • 愛知環状鉄道 三河豊田駅 徒歩15分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

豊田明和町教室からのメッセージ

国語の勉強法

2018.06.18

国語とは・・・国の言語を学習するということです。より詳しく文学等があります。
ということは、つまり言葉の意味・成り立ち・文構成・文法等を知ることができれば文章を理解でき、答えを導くことができます。
文章問題に関しては、文章の中に答え・ヒントがあります。

ここで文章を読むうえでポイントがあります。
1.感情移入をしないこと(これは本が好きな人に多い傾向です。)
2.文章の内容を勝手に変えないこと(これは英語でもいえることです。)
例 雨が降って服がずぶ濡れだ。=激しい雨がふっている は間違ったとらえ方です。
  確かに激しい雨かもしれませんが、それを激しいととらえるのは筆者です。ここで激しいと記載がない
  時は激しい雨と筆者は感じていないかもしれません。なので文章を勝手に変えてしまうのは危険です。
3.わからない単語は周りから推測する(できればわからない単語がでてこないよう学習する)
4.指示語・接続語・「」・筆者の気持ち・説明文・登場人物の気持ちや言葉の区分けをする
5.4の方法として線をひいたりする。(英語でも活用できます。)
6.問題文の具体的にや本文中からなどの言葉を見落とさない。

1.まず何の勉強をするべきなのか
①音読
②段落をまとめる(一言でまとめる)
③感情を表す言葉や行動を読み取れる練習をする
④本文中に線を引く練習をする。
⑤選択問題は、消去法を用いて解くように心がける。
⑥接続詞を注意してみるようにする。接続詞の後や前が解答になるケースも多いです。
⑦漢字・文法を暗記する
⑧記述問題が苦手な方は、考えることよりまず答えをみて書き方・解き方を考えるようにしましょう。

古典・漢文についても基本的なことは一緒ですが、文法・語句の意味の暗記を重点的にやるようにしましょう。
7割は確実にとれるようになります。