豊田明和町教室

Tel:0565-74-1780

  • 〒471-0825 愛知県豊田市明和町2-30-13 2F
  • 愛知環状鉄道 三河豊田駅 徒歩15分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

豊田明和町教室からのメッセージ

社会の勉強法

2018.06.19

社会は暗記教科ではない!

社会は憶える事柄が非常に多くあります。もちろんその知識も大切ですが、用語を暗記するだけでは社会の力はつきません。社会科で大切なのはつながりを考えることです。そのつながりを考える土台として知識が必要になります。3年間分すべて暗記するなんて無理な話ですし、最近の入試では「なぜ」を問うような記述問題も多く出題されます。なによりも暗記だけの勉強では面白くありません。同じ憶えるにしてもつながりがわかり、「なぜか?」を理解したほうが憶えやすいし、興味も湧いてきます。

繰り返し

 ノートに1回まとめただけで満足してはいけません。何度も繰り返すことによってしっかり憶えられます。定期テストの勉強なら教科書を読んでもっとも大切な事だけまず大まかに行間を大きく取ってノートに書き、問題練習した後もう一度教科書、ノートを読んで大切なことを理解した上で、問題を解きなおして繰り返していきます。受験勉強では歴史でも地理でも視点を変えてテーマ別にまとめることも効果的です。

試験勉強(定期テスト)

一日目・・・試験範囲の教科書を一通り読む。
教科書の中でもっとも重要だと思うところだけをノートに書き出す。
(詳しくなりすぎないよう注意)
二日目・・・基本問題(用語が一問一答になど)をやる。
間違えたところをノートに書いて自分で解説をつける。
三日目・四日目・・・二日かけて授業のノートも見ながら教科書をまとめる。
必要だと思うところをしっかりまとめること。
理科は特に実験に関してやり方、注意する点などもまとめる。
五日目・・・問題練習。間違えたところはやはりノートに書き出す。
六日目・・・昨日の練習問題で間違いが多かった人は全く同じ問題を解く。
昨日の問題がよくできていた人は別の問題を解く。
七日目・・・教科書をまとめたノート。間違えた問題を書き出したノートを見直して復習。

ポイントは、はじめに教科書の要点だけ抜き出して後でもう一度まとめること。
また、間違えた問題を書き出して最後にもう一度それを見直すこと。