豊田明和町教室

Tel:0565-74-1780

  • 〒471-0825 愛知県豊田市明和町2-30-13 2F
  • 愛知環状鉄道 三河豊田駅 徒歩15分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

豊田明和町教室からのメッセージ

夏休みの高校受験勉強について

2018.06.23

苦手克服と1,2年の復習が夏休み最大の課題! 夏休みを利用して受験基礎をしっかり作っておけば、確実にレベルアップが望めます。
夏休みにやるべきことは1,2年の全範囲を復習して受験基礎を固めることです。そのためにノートまとめと確認のための問題練習が学習の中心と考えましょう。その中で自分の不得意な分野を見つけて集中的に練習することで一つ一つ苦手克服をしていくことが大切です。夏休み中に苦手をすべて克服できなかったとしても、どの部分が苦手なのかを把握しておけば9月から時間をかけて対処することも可能です。
得意分野については受験レベルの問題にチャレンジし始めてもいい時期ですが、それよりも苦手分野の基礎をしっかり固めることを目指しましょう。各単元の内容を理解せずにただ問題練習ばかりやってもあまり力にはなりませんから理解してから問題練習をして間違えた問題は納得できるまで考えるということが大切です。

各教科・夏休みの勉強法 注意点


英語 文法事項の確認をする最後のチャンスです。不定詞や比較などの決まりごとをしっかり確かめながら1年から3年既習範囲まですべて確認しましょう。


数学 数学は学年ごとのまとまりより、図形・関数・方程式といった分野ごとのまとまりが大切です。自分自身で重点分野を決めてその分野ごとに徹底的に練習して、習得したら次の分野をやっつけるという方法でやっていくと中途半端にならずにすみます。


理科 理科は入試問題を見てもすべての分野からまんべんなく出題する高校が多く、問題も平易なものがほとんどです。夏休みにはまずすべての分野の基礎をひと通り理解して、確認のために問題練習をしていきましょう。


社会 教科書をよく読んで内容を理解する問題をやる間違えたところをおぼえる問題をやる。この繰り返しで基礎をしっかり固めましょう。特に教科書をよく読んで重要なところをまとめることは記述力をつける上で重要です。


国語 国語の文法はきちんと勉強すれば確実に点数を取れる分野です。この夏休みを利用して文法を初めから復習しておくことをオススメします。 また国語でなにより大切なのが長文の読解です。1日に30分程度どんな文章でもかまわないので読んでください。そのときに同じ文章を5回以上繰り返し読むと読解力が付きやすいです