豊田明和町教室

Tel:0565-74-1780

  • 〒471-0825 愛知県豊田市明和町2-30-13 2F
  • 愛知環状鉄道 三河豊田駅 徒歩15分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

豊田明和町教室からのメッセージ

小論文の書き方 パート2(とりあえずは「なぜなのか」を書いてみよう!)

2018.07.19

さて、テーマと結論が決まったら、次は、内容を考えます。
内容とは、その結論を出すに至った背景や、考え、理由です。
経験や、本で得た知識があればなお良いです。

ただし、言いたいことが多ければ多いほど、文章は書きづらくなってしまいます。

そこで、次のように、項目ごとに1〜2個ずつピックアップしていきます。

結論
「世間一般の認知度が高まれば、子供全員の幸せだけでなく、その家族の幸せにもつながる可能性が大きい」

なぜか

(結論に至った理由)
子供に合わせた対応ができる環境が整い、子供たち全体の発達にとって最適の環境になる。

なぜか

(その理由に行きついた前段階の理由)
軽度発達障害児は、障害を持たない子供と大差なく、障害児に合わせた環境作りは、普通の子の能力促進にも効果的だとわかってきている。

なぜか

(その理由を考えた背景・具体例)
知人の親子に話を聞いた経験
テレビで聞いてわかってきたこと

そのため

(以上から導いた結論を改めて言う)
結論
「世間一般の認知度が高まれば、子供全員の幸せだけでなく、その家族の幸せにもつながる可能性が大きい」

このように、結論に至った理由を逆追いで掘り下げていくと、なぜそのような考えに至ったかの筋道がわかりやすくなります。