西船橋駅前教室

Tel:0120-958-185

  • 〒273-0031 千葉県船橋市西船4-22-5マスタンビル2号館3F
  • JR総武本線、武蔵野線、東京メトロ東西線/西船橋駅 北口徒歩1分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2012.05.25

 皆さんから、「○○ってやったほうがいいですか?」 という質問をよく受けます。

一つ確実に言えることは、“やらないほうがマシな勉強”は滅多に存在しない ということです。

したがって、自分に必要な勉強は、内容を問わず片っ端から全てやったほうがいいのです。

しかし、中高生の皆さんには“厳しい時間の制約”が存在します。
自分のやりたいことをすべてこなす時間的・身体的余裕はないというケースがほとんどでしょう。

そこで大切になってくるのが、“優先順位” を決めることです。


~ 優先順位を決めるメソッド ~

① 自分がやりたい勉強内容を全て予定表に書き出す (= 目に見える形にする)

② その中で、絶対に外せないことをハッキリさせる (例:テキストの予習・復習など)


③ 自分の弱点となる教科や科目、分野と、それを埋める方法をハッキリさせる (例:日本史 → 1問1答を3周解く)

④ ②・③の内容から順番に、勉強を進めていくようにする

 
ここで重要なのは、全てを完全にこなそうとしないことです。

学習計画を立てるポイントは、「自分にできそうな量」で立てることです。


そして、“自分のやりたいこと”>“自分にできそうな量”となってしまった時は、上記の優先順位に従って、過剰の部分を後回しにするなどして“切る”ことが必要なのです。

 また、優先順位は常に更新するようにしましょう。

例えば、英語がとても苦手な生徒がいたとして、英語の優先順位を絶対的に高くしたとします。
その計画の立て方は間違ってはいませんが、ずっと英語の勉強だけをしていては、その他の教科の成績が下がってしまいます。

つまり、教科間のバランスも、優先順位を決める際に考慮する必要があるのです。
何か一つの教科だけを極端に勉強するのは、あまり得策とは言えません。

まんべんなく、全ての受験科目に触れられるような優先順位づけをしましょう。

 
自分にとって有益な勉強はたくさんありますが、それらを全て理想通りにこなすことはできません。

そうした状況の中でも最適な勉強をするために、優先順位づけと“切る”ことは必要不可欠なのです。

(教務副主任 M)
 

新着情報

カレンダー

アーカイブ

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080