西船橋駅前教室

Tel:0120-958-185

  • 〒273-0031 千葉県船橋市西船4-22-5マスタンビル2号館3F
  • JR総武本線、武蔵野線、東京メトロ東西線/西船橋駅 北口徒歩1分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2014.10.28

10月28日火曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


城南コベッツ西船橋駅前教室ならびに、各コベッツの教室では、月の授業は『4週制』とさせて頂いております関係で、明日より3日間。授業並びに営業自体をお休みさせて頂きます。


休業期間中のお電話に関しましては、教室長の携帯に転送されるようにしておりますので、塾に関しましてのご質問等ございましたら・・・


0120-593-559まで。よろしくお願いいたします。


なお、11月3日の『文化の日』と、11月24日の『振替休日』に関しましては、「通常営業」となっておりますので。


こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

その他。『年間の休日』に関しましては、こちらもご参考いただければと思います。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室 

2014.10.27

10月27日月曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


すっかり肌寒くなってきましたね。


11月の足跡が近づく今週。「もう今年も終わりかぁ」なんていう、郷愁に駆られる想いがあります。


「あと2ヵ月ある。」と考えるか、「もう2ヵ月しかない。」と考えるか。


この辺りは「人それぞれ」かと思いますが・・・。


11月に入ると「今年も終わり感」がぐっと迫ってきます。


毎年の事ながら、「大型ショッピングモール」では、クリスマスツリーの展示が始まり、各種テーマパーク施設では、「クリスマスイベント」も始まり、「~12月25日(木)まで」というのが見られるようになるかと思います。


当、城南コベッツ西船橋駅前教室でも、11月には「折込チラシ」を入れさせて頂いており、新規のお問い合わせもたくさん頂く時期に入ってきます。


これからの新規の方に対しては、「冬期講習」もご案内も、あわせてさせて頂くことにしております。


「冬期講習?まだ冬休みまで2ヵ月近くもあるのに・・・」


と、お思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、城南コベッツ西船橋駅前教室ではこの時期、入会と同時に長期の学習プランをお話しさせて頂く関係もあり、復習の期間として非常に重要な期間となる、「冬期講習」に関して、時間を割いてお話しさせて頂くことにしております。


何卒ご理解を賜れればと思います。


お問い合わせは今すぐ!


0120-593-559まで。
(通話料無料)



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室 

2014.10.24

10月24日金曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


気温の上がり下がりが激しい毎日ですね。


体調管理には、気をつけてください。


今日は、数学が出来るようになるとっておきの方法についてです。


とっておきの方法ですからね、なんだか スペシャルな感じがするかもしれません。


答えは「例題」です。


解説がきちんと載っている わかりやすい参考書と ノートと筆記用具を用意すれば、OK!!

 

では、その「例題」をどのように料理していくのか、


参考書としては、何がいいのか、


実際の進め方は どのようにしてやればいいのか、

 

このあたりの 「とっておきの魔法テクニック」に関しては、ぜひとも直接お問合せください。


一番いいのは、生徒さんと保護者様が一緒にお越しになれば、参考書を実際にお見せして、


具体的に教えてます。

 

(^^)  お問合せは、今すぐ

 

0120-593-559(通話料無料)



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室 

2014.10.23

10月23日木曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


今日は、数学のことで少し述べてみたいと思います。

二次関数は、中学3年生で習う単元です。二次関数とは、y=ax2 (ax 2乗)の関数で、グラフでいうと、


原点(数字の0の点)を頂点とした放物線のグラフとなります。


定義で言えば、yはx2(xの2乗)に比例する・・・ということになります。

 

二次関数は、千葉県の公立高校入試では、毎年出題される定番単元であり、私立高校の入試にも
たくさん出ます。
もちろん千葉だけでなく、全国の入試問題を見ても ものすごい頻度で登場しますので、
放置できない単元の代表格であります。


でも この二次関数・・・中学1年のときに習う「比例・反比例」や2年で習う「一次関数」をスルーして
しまった生徒さんにとっては、まったくのチンプンカンプンとなってしまい、問題を見た瞬間に拒絶反応
を示す場合が多いです。


ちなみに関数というのは、2つの変数のxとyがあって、xの値を決めると、yの値がひとつだけ決まる
ものをすべて「関数」と呼んでいます。


ということは、比例・反比例も関数であるということです。


3年生になって、学校では今、二次関数をやっているところも多いです。


でも「二次関数 ムズイ~~~」となってしまうことは、毎年の傾向で理解できます。


その際に、二次関数だけのカバーをしようとするのではなくて、関数の仲間全般を復習を絡めながら
学習していくとより一層効果的です。


例えば、多少数学が理解できている子であったとしても 振り返って 


比例・反比例⇒一次関数⇒二次関数 とまとめていくと 大変理解が定着しやすくなります。


比例は y=ax


反比例は、y=a/x  (x分のa)


一次関数は、y=ax+b


二次関数は、y=ax2 (axの2乗)


このようになっていますが、すべてに 「a 」が含まれていますね。


このaというのは、比例定数となっていて、aの値が プラスの場合は、どうなのか、


マイナスの場合は、どうなのか、分数の場合はどうなのか、、、などを グラフ上で 一覧させると


とっても理解できるようになります。

 

関数は、


①グラフがきちんと書けること

②グラフから式を求めることが出来ること

③座標から式を求めることが出来ること

④交点の座標から式とグラフを求められること


などの基本がしっかり理解できてくると、ある2つの大きなポイントに気付きます。


ある大きなポイントとは、


①関数は、「代入」によって 求めることが圧倒的に多いということ。

②問題文からわかる座標を捉えて、わからない座標をどのように表すかを知ること。

  ↑ この点は、 ものすごく ものすごく ものすごく    重要!!!!!

 

この2つがわかってくれば、鬼に金棒であります。

 


この考え方は、比例・反比例も一次関数も二次関数も全部一緒です。


あとは、変域や変化の割合という ちょっと難しそうな 言葉の意味をしっかり理解して、


表やグラフや計算を駆使して、落ち着いて対応すれば良いのです。


関数の利用問題(文章題)においても しっかりと 表を書いたり、図を描くことで理解が早くなりますし、
座標をしっかり理解して、図に書き込みながら解く事で、


よく出てくる関数のグラフ上の 三角形の面積や 移動するP点の問題などは、


なるほど!! と目が覚めるが如く理解できるようになるのです。

 


関連性を持たせて、基礎に戻り、再度確認して 定着させるという流れを僕たちは面倒がらずに
しっかり実行していきます。


例えば、


一次関数の理解のときに、 y=ax+b だね。
これを覚えようね ってやるよりも


実は比例と一次関数は まったく一緒なんだ!! と教えてあげて、


y=ax   と  y=ax+b   の違いを グラフ上で教えてあげれば、一発で理解できます。


どこかが違うかは、b がついているか ついていないか だけですよね。


比例は実は一次関数と一緒なんですね。


つまり bがないだけ。


もっといえば、y=ax+0 (ゼロ) つまり 原点を通る直線であるということなのです。

 

こうやってインターネットサイト上での説明ですと、ちょっとわかりにくいですが、


実際に紙やホワイトボードに書いて教えてあげると その比較が容易なため、すっきりと理解


出来ることが多いのです。


関数と聞くと、数学嫌いな子にとっては、なるべく見たくなくて、避けて通りたい単元ですが、実は
原理と法則としっかり理解することで、きちんと定着させることが出来ます。

 

二次関数や一次関数 または、関数そのもので拒絶反応が強くなってしまった生徒さんには、


是非とも 超基礎まで 一回戻って しっかり学習することをお勧めいたします。

 

保護者様にもこの部分の理解を賜りたく、もし お子さんに関数を教えてあげる 超具体的方法が
わからなくなってしまった場合は、是非一度 お話を聞いてみてください。


必ずその場で理解させることが出来ます。


詳細は、0120-593-559(通話料無料) まで。


後期のテストは、関数の利用が必ず出ます!!


頑張ろう!!!!!



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室 

2014.10.22

10月22日水曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


さて、今日は「疑問詞のある疑問文」を別個カリキュラムにする理由について、少しお話ししたいと思います。


中学生英語で、一番最初に登場する疑問詞は、「what 」です。


船橋市の英語の教科書は、学校図書で、トータルイングリッシュを使用していますから、是非保護者様もご確認ください。


1年生の教科書のLesson4のC をご覧ください。


そこで、What'sの文を習うようになっているはずです。


What'sは、What is の省略形です。


これは、何ですか? ⇒  What is this?


一番最初に習う疑問詞が入った文章は、 この文章となります。

 

次に出てくる疑問詞は、Lesson5のCで出てくる 「Who」 になります。


そして、Lesson6のBで登場するのが、「Where」です。


さらにLesson7のCで、「When」が登場します。

 

このように、けっこうバラバラに疑問詞が出てきますので、以外と忘れやすいのかもしれません。


疑問詞のついた疑問文は、他にもHowとか、Whose とか、Which などがありますね。


我々が疑問詞のついた疑問文を ひとつのまとまったカリキュラムとして授業実施することが多いのは、一重にバラバラになってしまっている知識をまとめていこうとするものです。

 

教科書に沿った学習は、あくまでも「前期・後期(または1学期、2学期、3学期)」における


定期テスト対策として実施していきます。


学校で課される課題や、テスト範囲というのは、教科書のページ数やレッスン○~○まで・・・


と発表されることがほとんどですので、その内容にあわせているということになります。

 

しかしながら、別個にカリキュラムを設けて、このように「疑問詞のある疑問文」をまとめて扱うのは、
何故でしょう。


理由は、理解をもっと深めるため、入試に向けた学習のため、断片的知識をまとめあげるため、

となるのです。

 

例えば、学校の授業が進み、レッスン、5、6、7あたりを終えたぐらいに、

ためしにお子さんたちに小テストをやってみてください。


けっこう・・・・

けっこう・・・


けっこう・・


疑問詞の文の作り方、What やWhen,Where , などがついた場合の訳し方など、忘れてしまっていることが多いと思います。


習っている「今」


まさに「今は」理解していても 総合的なまとめ問題やランダムな出題の際に、定着していなければ
答えられないという現象があります。


これは、疑問詞のついた疑問文だけに限らず、例えば 「助動詞」などにも 多く見られます。


こちらも 中学1年時には、can を習いますが、あとは、2年生、3年生と 学習分断されるため、


まとめて覚える機会がなかなかありません。


従いまして、我々は、こういう「混乱しやすい」単元や「間違えやすい」単元について、


別個カリキュラムをきちんと組み、断片化してしまったものを カチッと組み合わさるようにします。


その結果、英語の総合的な力が増して、英語の全体像が見えてくるのです。


カリキュラムについてのご質問は、0120-593-559 まで 遠慮なくお問合せください。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室 

新着情報

カレンダー

アーカイブ

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080