西船橋駅前教室

Tel:0120-958-185

  • 〒273-0031 千葉県船橋市西船4-22-5マスタンビル2号館3F
  • JR総武本線、武蔵野線、東京メトロ東西線/西船橋駅 北口徒歩1分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.07.31

7月31日金曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


『八月一日さん』という名字の方がいらっしゃるのをご存じでしょうか。


「八月一日」の名字は「八月朔日」と書くことも多く、ともに北関東の名字です。


「八月一日」が群馬県を中心に分布するのに対し、「八月朔日」は茨城県のつくば市付近に多いらしいです。


この名字は、旧暦の八月一日(現在の九月上旬)に稲の穂を摘んで神様に供え、来たるべき台風シーズンを無事乗り切って豊作となるように祈る神事に由来します。


そのため、「八月一日」と書いて「穂摘み=ほずみ」と読むそうです。


「ほずみ」というと、普通は「穂積」という名字をイメージするかと思われますが、関東と東北南部に多い名字で、特に福島県白河市付近では、地域を代表する名字の一つなんです。


では、この名字の由来は、といいますと・・・


現代では、稲を刈る際には、根元に使い所から刈り取り、一定量を束ねて乾燥させます。


しかし、古代の稲刈りでは稲の穂の部分だけを収穫していました。


弥生時代の石器としてよく紹介される石製の包丁も、稲の穂を刈るために使われたものです。


こうして収穫した穂の部分を、乾燥させるために積み上げたものが、「穂積」なんです。


「佐藤」とともに日本を代表する名字である「鈴木」という名字も、この「穂積」に対する紀伊半島の方言がルーツといわれているそうです。


難読の名字は、同音の別の名字から漢字が変化してできたものが多いが、「八月一(朔)日」さんの場合は、「穂積」から変化したものよりも、神事に関係した一族の末裔が多いという説もあります。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室

2015.07.30

7月30日木曜日。
 
 
こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


今日のテーマはズバリ『肩こり』。

肩こりは、冷えからくる血行不良や、同じ姿勢をとっていたためにおこる血行不良、筋肉疲労、末梢神経の傷、椎間板の変形、眼精疲労からくるもの、歯のかみ合わせの悪さからくるもの、などから起こります。

特に、今の時期は、冷房の設定温度や、風向きに注意が必要です。

ここでお話しするのは、家庭で対処できる肩こりのことです。

激しい肩こりや、手足のしびれ、内臓の痛みなどが伴った場合には、病院に行って、検査を受けた方がいいと思います。

【肩こりの対処法】

■ストレッチなどの、軽い運動をして、血行を良くする。

■ビタミン剤を飲んで、体の内側から血行を良くしたり、末梢神経の傷を修復する。

→ ビタミンB1、B12、E、を補給しましょう。

■葛根湯を飲んで、体の内側から、体を温め、血流を良くする。

→ 葛根湯は、風邪の初期症状のための薬だと思っている方が多いと思いますが、筋肉痛や肩こりにも効き目があります。

  私は、面倒くさがりなので、もっぱら葛根湯を愛用しています。

■鎮痛薬を、塗ったり、貼ったりする。

→ 温感タイプと冷感タイプがあります。

  温感タイプには、唐辛子エキスなどが配合されている場合がありますが、人によっては、かぶれてしまう場合があります。

  私は、絶対にかぶれてしまうので、温感タイプは使っていません。

  冷感タイプには、メントールなどが配合されています。

  パップには、インドメタシンやフェルビナクなどの非ステロイド性抗炎症剤が含まれているものと、含まれていないものがあります。

  これらの成分が含まれている場合は、痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑えてくれます。

  ゲルタイプのものや、クリーム、ローション、スプレーなどがありますので、自分の使いやすいタイプのものを選びましょう。

ひとくちに肩こり、と言っても、非常につらいものです。

勉強すると、目、肩、腰、すべてに疲れがきますので、時々体を自由にしてあげるよう、気をつけながら頑張ってください。

(教室長 古谷)

資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室】 

2015.07.29

7月29日水曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


受験予定の学校には、学校見学をしてみましょう。


学校側では、文化祭などの特別行事などの案内もあったりしますが、文化祭はだいたいどの学校でも
楽しい行事ですので、僕は特に見なくてもよいのではないかと思っております。


それよりも説明会とか見学会のようなものに積極的に参加していくと良いでしょう。


これらは、だいたい学校からの指定日時がありますが、実際には公立高校などは、ほとんどが
個別見学も受け入れてくれています。


ですから、模擬テストや塾などの予定がある場合には、個別に申し込みをすることも検討して
みましょう。


その際には、事前の予約電話が必要ですので この点だけは注意しましょう。


学校見学もやり方は様々で、説明がメインの場合もありますし、見学メインの場合もあります。


体験授業を実施している学校もあります。


各学校で微妙に違いますので、事前に問合せをしてみると良いですね。


【訪問時の服装】


当然ですが、服装は学生服で行くようにしてください。


普段着で行くのは避けてください。また、生徒手帳や上履きは持参するようにしましょう。

 

もし、個別面談に応じてくれる学校(私立に多い)の場合には、通知票や校内実力テスト、
模擬テストなどの結果表などを持っていくと、具体的なアドバイスが受けられる場合があります。

 

【保護者との参加】


参加は、学校説明会や個別相談の場合は、保護者と一緒に参加してください。


文化祭や体験入学(授業)の際は、生徒だけでOKです。


これらの参加の際には、受付で記名することがほとんどです。


これらの記名は、受験合否には関係ありません。書いたからと言ってプラスにもなりませんし、


マイナスにもならないです。


ですが、きちんと記名しておきましょう。

 

当たり前のことですが、学校見学とはいえ、言葉遣いや態度には十分留意してください。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室

2015.07.28

7月28日火曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


学習を開始して、わからないことがあったら先生に質問する。


塾にまだ慣れていないうちは、なかなか質問もしにくいかもしれませんが、塾に来ている時間を大切に
していただければ幸いです。


我々が自習管理をする場合に気をつけている点は、


「わからないことがあったら質問してね」 と声をかける点


および


「わからなかったり、間違ってしまった問題にはチェックをいれてね」 と伝える点です。

 

せっかく塾に来ているわけですから、講師を捕まえてどんどん質問してください。 


もちろん、講師が他の生徒さんの授業をやっている時間は、1:2までの契約となっている以上、
授業外の生徒さんに携わることが出来ません。


このことだけご注意頂ければ、どの先生も丁寧に対応してくれます。


また、自学自習のやり方がうまくわからない生徒さんであれば、こちらから積極的に声をかけて、


準授業的な対応も致します。


大人しい生徒さんの場合、我々に遠慮してか、そのままにしてしまう可能性があります。


これはとてももったいない!!


わからない問題に出会ったその瞬間こそが大切です。


わからない問題を解けるようになる喜びを是非 塾で体感してほしいと思います。

 

トータルで見ていくと、もっとも質問が多い科目は、数学です。


ついで、英語と理科です。

 

数学や理科の物理・化学などの分野は、答えがバシッと決まりますので、達成感が強くあります。


英語に関しては、単語の意味や熟語的なことが多いですね。


単語の意味を教えて・・・という質問に関しては、できるだけ塾そなえつけの辞書で調べるように
誘導もします。

 

手順としては、


①自分で問題に取り組み 解いてみる


②丸つけをする


③間違えた問題、分からなかった問題にチェックを入れる


④解答、解説を見て自己解決できる問題は OK


⑤自己解決できない問題は、「質問するための問題」として、ストック


⑥参考書などを見て解決の道筋をたどる


⑦参考書などを見て解決できない場合は、質問する


このような流れの癖をつけてくれると 最も良いです。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室

2015.07.27

7月27日月曜日。


こんにちは。城南コベッツ西船橋駅前教室です。


中高生の夏休みがスタートして早一週間。皆さん。いかがお過ごしでしょうか。


今日のテーマは『高校生の学習を中学同様に考えてはいけない』です。


中学時代には、よく学年+1時間と言ったものですが、別に100%の根拠があるわけではありません。
人によっては、学校の授業である程度のことをすんなり理解してしまうような生徒さんもいるでしょうし、
人によっては、もっとたくさんの学習時間が必要だった生徒さんもいたことでしょう。


高校では、概ね学年+2時間ぐらいは確保したいものです。


城南予備校調査によりますと、成績が向上した生徒さんの7割以上が、「予習を実施した」とあげて
います。


高校生の学習においては、特に英語と数学は、「予習」が必要だと思います。


高校1年生の諸君は、一学期の期末テストがだいたい終わりましたね。


結果はいかがだったでしょう。


一学期の中間テストよりもアップしている、、、ダウンしている、、、点数からの分析も良いですが、
やはり平均点と自分の点数の乖離についても意識しましょう。


学校によっては、学校内偏差値や 順位などが書かれた記録シートを渡してくれるところも多いです。


扱っている教科書そのものがかなり差異がありますので、テストの形式や範囲も学校によっては、
全然バラバラです。


これが公立中学とはまったく違うところです。


そして、赤点の制度がありますので、


30点以下(学校によっては、40点以下とか、平均点から算出した赤点)であれば、補習や追試や
課題が課されます。


高校生の学習を中学同様に考えてはいけない。


これは当然のことです。


同様に考えない第一歩として、 予習を取り入れてみましょう。


また、毎日の授業後の自宅学習においては、ノートを多用し、予習用ノート、復習用ノート、
まとめ用ノート、雑記用ノート、単語や漢字、その他の暗記用ノートなどをどんどん作って活用
すると良いでしょう。


(※ノートについては、けちってはいけません。どんどん消費しましょう。)

 

高校の一番最初のテストは、中学での習熟度をはかるためのテストであったり、春休みに遊ばせない
ための課題確認のテストであったりと目的は様々です。


しかし一学期の中間テスト、期末テスト、二学期の中間テスト、期末テスト、そして学年末テストは、


評定ポイントを明確につけるためのテストです。


その他実施される学校内の模試などは、実力をはかるためのテストです。


高校生もテストは多く実施されるのですね。

 

もう一度聞きます。


一学期の中間テストがあり、今回期末テストを受けた感想はいかがでしたか。


学習時間にみあった結果は出ましたか?


それとも結果は芳しくありませんでしたか?

 

高校生になって、普段と同じ感覚、つつがない日常、それらがメインになってしまっているので
あれば、成績は下がります。


高校生の授業で、いったん遅れをとりますと・・・


つまり学校の授業内容が何を言っているのか、わからなくなってしまいますと、


それはすでに ついていけていない状態=大変ヘビーなリスクを抱えた状態となります。

 

より高度な内容を習うのですから、毎日の学習がいかに大切かはすぐにわかると思います。


先日の期末テストで


「これはまずいな・・・」と思った生徒さんは、すぐにでも行動を起こしましょう。


そうじゃなくても学校の授業は、想像以上に早く進むはずです。


そして、1年のうちから大学受験などを意識した、責任ある自分の行動が必要になります。


はっきり言って、高校は手取り足取りはやってくれないです。


ですから自分でどんどんいろいろなことを調べていかなくてはいけません。


高校学習を甘く見ていると、自分にすべて返ってきてしまいますので、本当に、本当に、本当に、

注意してくださいね。



資料の御請求はこちらから
 (上記をクリック)

体験授業のお申込はこちらから
 (上記をクリック)

教室長への手紙
 (上記をクリック)


【西船橋駅北口ロータリー 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 西船橋駅前教室

新着情報

カレンダー

アーカイブ

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080