八千代中央教室

Tel:047-481-7022

  • 〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台5-17-1 1F
  • 東葉高速鉄道線 八千代中央駅 徒歩5分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

八千代中央教室からのメッセージ

進学・進級に向けて

2018.03.05

こんにちは。教室長の三木です。

3月に入り、進学、進級の準備を始める時期です。
3月の春休み期間は、各学年で今年度に学んだ内容を総復習し、新年度の予習まで、進めることがBESTです。

高2生、中2生は4月から受験生となります。特に英、数においては、2年間で学んだ事を、この時期にしっかり復習していかないと、受験校の選択肢は狭くなってしまいます。

高2生
は、受験科目が国立大学志望、私立大学志望、理系、文系により各生徒で異なってきます。
進みたい大学、学科がある生徒ほど、受験を意識して1年生から学習している生徒も多く、名の知れた大学の一般受験での現役合格は、甘くはありません。難関大学に一般受験合格を目指すのであれば、3年生になる前に受験科目の1,2年の基礎問題、典型的な問題が解ける事が必要です。
大学生になりたい生徒さんは、受験生としての学習を始めていきましょう。

中2生
は、千葉県公立高校志望であれば、主要五教科の学習が必要です。中でも英語と数学で、苦手単元(定期テストで難しいと感じた範囲)をしっかり復習することが大事です。(英、数においては復習するのに時間がかかるからです。)3年生になると、4月から公立中学校では模試が実施され、結果が高校選択の判断材料とされます。

現中1生、小6生で、千葉県公立高校進学を考えているのであれば、進学、進級してからは、定期テストの点数をしっかり得点していかないと、現状中学3年間の内申点が、合格に大きく関わっていますので、公立高校の選択肢が狭くなってしまいます。
中1生、小6生も、やはり数学(算数)、英語を中心に復習しておく事が、大事です。

※4月から新中1生(現小6生)の千葉県公立高校の受験制度においては、前期・後期2回受けることが出来る学科試験から、一回だけの学科試験に変更されます。(何事もなければ) よって、学校選択を慎重に行わなければなりませんね。


受験・進路・学習相談については、お気軽にこちらからどうぞ