赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.03.31

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日は3月31日で2015年度も最後の日になりましたね。
今はちょうど春休み中ですので、特に月の変わり目だからといっても特に私生活に大きな変化はないですかね。
ですが、学生にとっては学年の変わり目という大切な時期になります。

現在の学校教育のルールでは「3月中に卒業を迎えたものは3月31日をもって学籍が抹消される」となっています。
つまり、今年3月に小学校、中学校などを卒業した日とは、今日までは小学生、中学生とみなされるわけですね。
また、進級・進学に関しては4月1日から、となっているので、明日からは新学年とみなされます。

例えば、今年小学校を卒業した小学6年生は、”今日までは小学生”ですのでバスや電車の運賃はこども料金で乗れます。
ですが、”明日からは中学生”となるのでおとな料金を払って乗らなければならないわけですね。
普段からバスや電車を利用する人は注意するようにしましょう。

ただ実際にまだ入学式を迎えたわけではないので、「もう中学生なんだよ」と言われたところでピンと来ないのが現状だと思います。

とは言っても明日からはみんな新しい学年となります。
きっと明日からの新年度はこれまでよりも難しいことを勉強することになり、より多くの新しいことを学ぶことになるでしょう。

期待と不安があるとは思いますが、来年度も頑張りましょう!

今年度もお疲れ様でした!


20160331教室.jpg
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.03.30

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

20160330ひまわり.jpg今日から163年前の1853年3月30日はオランダ出身の画家であるフィンセント・ファン・ゴッホが生まれた日だそうです。
ゴッホという名前はみなさん聞いたことがあると思います。
彼は西洋美術の中でもポスト印象派というカテゴリーに分類されるようです。

美術の教科書でも扱いますし、世界中にファンがいる画家を代表するような人です。
彼の作品で現在残っているものは傑作が多く、ものすごく高値で取引されているものもあったりします。

中でも有名なのが「ひまわり」でしょうか。
ゴッホの作品で「ひまわり」とタイトルがついているものは全部で7作品あるようですが、そのうちのひとつが日本にあります。
実は今日からちょうど29年前の1987年3月30日に、当時の安田火災という企業がゴッホの「ひまわり」を3992万1750ドル(当時の換算で58億円)で落札したそうです。
58億円ってすごい金額ですよね。
私には想像もつきません。

今でこそ超有名な画家として作品も高値で取引されていますが、実は彼の作品が評価されたのは彼の死後で生前は今ほど大きく評価されていなかったようです。
それを裏付ける話として彼の生前に彼の絵は一枚しか売れなかったという話があるようです。
唯一売れた絵は「赤い葡萄畑」という絵で、その値段は400フラン(約45000円)だったそうです。

生前はなかなか評価されず、不遇な画家人生を歩んだようです。
もしかしたら生きているうちから今のような評価を受けていれば、彼が残した作品も大きく変わっていたのかもしれませんね。

調べてみると生前はそれほど評価されず、亡くなった後に評価されるような芸術家のような人は結構いるみたいです。
運命の皮肉さを感じてしまいますね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.03.29

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日のニュースに「平和安全法制のが施行される」というものがありました。
もしかしたら同じくニュースで見た人もいるかもしれませんが、ここで平和安全法制について確認してみましょう。

平和安全法制は正式には
「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」(平和安全法制整備法

「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律」(国際平和支援法
の二つの法律を合わせたものだそうです。

正直名前だけ見ても何のことやら、といった感じですよね。
この法律は昨年の5月に内閣が閣議決定し、7月に衆議院で可決(詳しくはこちら)、9月に参議院で可決(詳しくはこちら)しました
そして、今日施行されるという流れです。

法律は、こういうことをしますよ~ということを知らしめる「発布(はっぷ)」と、実際に効力を持って使われ始める「施行(しこう)」まで時間が空くのでこのように定期的に話題になったりするんですね。

さて、この度施行されることになった「平和安全法制」とは一体どういった内容なのでしょうか?
法律の正式名称を見る限りでは、「平和のために自衛隊の活動を変える」ことと「何かあった場合の外国との協力関係を改める」ということが感じられますよね。
実際に国際的な紛争が起きた場合に日本がどのような行動ができるか、ということに対して新しい方針を設けたということになります。

ただ、中にはこういった新しい法律ができることによって「日本が戦争をする国になるのではないか?」という恐れを持つ人がいるようです。
そのため、この法律は一部の政党では「戦争法案」なんて呼んだりしています。

ですが、冷静に考えれば分かることですけど「平和安全法制」は「戦争をするための法律」ではないんですよね。
ただ、法律の性質上「日本が戦争に関わることになるかもしれない」という可能性が否定できないのでそういった不安が起こるのも分かります。
一部メディアでは一般人が戦争に駆り出されるようなことになると言われていますが、私自身は絶対にそんなことにはならないと思います。


20160329戦車.jpg赤塚駅前教室に通う生徒に平和安全法制について話を聞いてみると、日本が戦争をするための準備をしていて、総理大臣は戦争をしたがっているのではないか、という意見を言う人がいるのですが、そのたびにそれは違うんだよという説明をしています。
よく考えて見れば自分の身の回りに戦争をしたがっている人なんていませんもんね。

情報を多角的にとらえて、客観的に判断をすることって難しいですが、いろんな人の意見を聞いてみるのは大事かもしれません。
みなさんも一方的な情報には踊らされないように気をつけるようにしましょうね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.03.28

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

春休みに入り最初の土日を終えましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
先日のブログでも書きましたが、春休みは割とあっという間に過ぎてしまうので今年度習ったことの復習はきちんとするようにしましょうね。

さて、赤塚駅前教室ではこの休みを利用してか、生徒や講師の先生が各地へ旅行などに行っています。
先生の場合は旅行ではなく自分の地元に帰省するという場合もあるのですが、自然と集まるのが各地のお土産です。
(わざわざご購入いただき本当にありがとうございます)

定番のディズニーランドから、南は福岡、そしてカナダのお土産も!

こうして箱を並べてみると壮観です!

20160328お土産.JPG
わたし自身も時間があればどこか遠くに旅行をしていみたいと思っているのですが、タイミングなどがあるのでなかなか難しいですよね。
そんなわたしが楽しみにしているのが旅行先がどうだったか聞くことです。
楽しい話を聞いているとまるで自分が行ってきたような気分にもなりますし、当然これから先に自分が行くことになった時の参考にもなるのでとてもためになります。

今年こそはどこかに旅行に!と強く思いました。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.03.26

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日は3月26日で2015年度も残すところ一週間を切ってしまいましたね。
2015年度はみなさんにとってどんな一年だったでしょうか?

さて、前々から疑問に思っていたことの一つなのですが、年の変わり目は1月1日からなのに対して、年度の変わり目は4月1日からとどうしてずれているのでしょうか?
ですので、学年の変わり目も年度の変わり目に合わせて4月1日からとなっています。

暦の上での一年と、年度の始まりの時期がずれているのは確かにありそうなことではありますが、4月1日が年度の始まりとなったのにはどんな理由があるのか少し調べてみました。

歴史的な背景を見ると、1886年という年が一つポイントとなっているようです。
当時の国の税収は農家で獲れるお米が大部分を占めていました。
秋のお米の収穫から、農家の人がお金を手に入れ、それを納税するとなると、その処理が1月までには間に合わなかったそうですね。
そういった理由から国の会計年度が3月~4月というようになりました。
また、日本と重要な国交のあったイギリスの会計年度のが4月からであったということも大きく関係しているようです。

学校などの機関も入学の時期などは特に決まりがなく、地域や学校によって入学の時期がバラバラであったようですが、1800年代後半ごろから国の方針で4月入学というのが一般的になってきたようです。

そういった流れを経て年度の始まりが4月となったようですね。


20160326カレンダー.jpg他にも細かい理由はあるようですが、おかげで西暦の年の変わり目と年度の変わり目がずれているので、今が何年で何年度なのか困ってしまうことがあるわけですね。
早生まれの人が今何歳で、学年がいくつなのか分からなくなってしまうこともあります。
それは仕方のないこととして割り切るしかないようですね。

もうすぐ平成27年度が終わり、平成28年度が始まります。
みなさんは新年度の目標などは決めましたか?
今年度はあと一週間程ありますので、何も考えていない人はこの機会に考えてみてもいいかもしれませんね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■