赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.04.30

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日で2016年4月も終わりですね。
4月って進級、進学で自分をとりまく環境がガラッと変わり、慌ただしい中で過ごすことになるのであっという間に過ぎていくイメージですよね。

みなさんにとってはどんな一カ月だったでしょうか?
少なからず新鮮な一カ月を送ることができたのではないでしょうか。

桜も散ってしまったので、春の様相も次第に夏の空気に変わってくると思いきや、ここ最近は夕方以降とても冷え込んでいますので、体調管理などもまだまだ油断できそうにないですね。
いずれにしても明日からは5月になるので、少しずつ温かさが本格的になってくると思います。

5月になると4月の緊張感のものと徐々にたまっていた身体への疲れがどっと出てくることがあります。
体調に関しての不調と、精神的な気のゆるみから無気力な状態へ陥ってします、いわゆる五月病ってやつですね。

そういった面での体調管理も気をつけなければなりませんね。
良くも悪くも新しい環境に慣れてくると油断してしまうこともあると思います。
新しく部活を始めた人はこれから先も怪我に注意し、新しく進学した人は登下校などにも十分に注意するようにしましょう。

身体的、精神的に疲労を感じている人はゴールデンウィークの連休を利用して心と体をリフレッシュさせて休み明けの定期テストに向けて頑張ってみてもいいかもしれませんね。

明日から5月です。
4月があっという間に過ぎてしまったとしても、2016年度はまだまだ始まったばかりです。
せっかく慣れてきた新しい環境に油断することなく、勉強に運動に取り組むようにしましょうね。


20160430鈴蘭.jpg
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保障のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.04.29

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日は4月29日で「昭和の日」の祝日ですね。
昭和の日に関しては昨年おととしのブログにも書いているのでご覧ください。

さて、これを見ている生徒のみなさんはみなさん平成生まれだと思いますので、「昭和の日」と言われても昭和がどういった時代だったのかピンとこないですよね。
もちろん今の世の中は昭和生まれと平成生まれの人数を比べてみるとまだまだ昭和生まれの方が圧倒的に多いわけですが、さすがに平成になってから30年近くたつので、昭和って徐々に”遠い過去の時代”っていうイメージがします。

今日は、『昭和』『平成』の世の中で大きく変わったものを確認していきましょう。


20160429電話.jpg電話
個人的に昭和と平成の間でその在り方が一番変わったのは”電話”だと思います。
「昭和を感じるもの」というアンケートで”黒電話”が上位にランクインしているようで、今では昭和を舞台にしたドラマや映画でしか見なくなりました。
かつて電話は”一家に一台”というのが当たり前だったのが、今では”一人一台”の時代になってますよね。
場合によっては携帯電話を一人で2~3台使っている人もいるので、そのことからも電話の在り方が大きく変化したことが分かります。
電話の在り方についての変わりようはは生徒ともよく話すのですが、かつて家の電話から友達にかけるときに「もしもし○○ですが、××さんはいますか?」なんていう個人のやり取りは昭和の時代の遺物として今はあまり見かけなくなってしまいましたね。

家電製品
時代の流れとともに、どんどんハイテクになっていく家電製品各種も昭和と平成では大きく様相が変わりました。
テレビは箱型のブラウン管のものから、薄型の液晶に変化し、アナログ放送デジタル化してからもう久しくなります。
洗濯機は脇に洗ったものを挟んで脱水するローラーが付いたものが、2層式をへて、今では全自動洗濯機乾燥機付きドラム式などがあります。
選択の手間を大きく減らした全自動の登場は主婦のみなさんの仕事をどれだけ減らしたでしょうか。
また、細かいところではカメラがフィルムカメラからデジタルカメラに移行したり、録画媒体がビデオテープからDVDハードディスクに変わったりと様々なものがデジタル化していますね。

パソコン、インターネット
パソコンとインターネットの普及はここ十数年で目覚ましいものがあります。
パソコンが普及したことにより、文章作成などの仕事の効率がとても上がりました。
また、同時にインターネットが一般的になることによってちょっとした調べものがとてもやりやすくなりましたね。
以前は何かを知りたい、調べたいとなると辞書を引いたり、図書館へいったりしたものですが、そういった手間が一気に省かれることとなりました。
以前の不便さを知っていないとこういった恩恵を感じることは難しいですよね。

さて、いろいろと見てきましたが、こういった生活の身の回りにある物の変化だったら、平成に生まれた中学生高校生なども感じられるものではないでしょうか?
特に平成の時代は様々なものが”ハイテク化””デジタル化”していった時代だったと思います。
これからもその波は大きく、速く動いて行くでしょう。
そんな時代だからこそ、たまには古き良き昭和を振り返ってみてもいいかもしれませんね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保障のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.04.28

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

明日は「昭和の日」で学校が休みですので、公立の学校は今日が4月最後の登校日になりますね。
いよいよ4月も終わりますが、みなさんにとってはどんな一カ月でしたか?
進級、進学して最初の一カ月だったので、バタバタしてあっという間に終わってしまったという人も多いのではないでしょうか?


20160428こいのぼり.jpg さて、4月が終わると、5月の始めに大型連休がありますね。
いわゆるゴールデンウィークというものですが、今年のゴールデンウィークはどんな連休になるでしょうか?
たいていの生徒は5月の3~5日が祝日で休みになるので、明日からの3連休、1日学校に行って、また3連休、そしてまた1日学校に行って、土日の2連休、といった感じになると思います。
中には5月2日の学校が休みになり、7連休となるような学校もあるみたいです。

単純に連休が長くなればいいという人ばかりではないと思いますが、連休に挟まれた二日間を休みにすると、4月29日から5月8日までなんと10連休になります。
学生はそうもいきませんが、社会人の人は有給休暇というものをとることができるので、うまい具合に休みをとって10連休という人もいるようです。

10連休ともなるとちょっとした長期休暇ですよね。
中には今回の大型連休を利用して旅行などに行く人もいるのではないでしょうか?
行楽地はどこも混雑することが予想されるのでお出かけの際は気をつけるようにしましょうね。

さてさて、連休があるといっても学生たちに勉強を休み日はありませんね。
気をつけなければならないのが、5月の連休を終えた後には多くの学校で定期テストが控えているということですね。
ですので大型連休だからといって勉強をサボるわけにはいきませんよ!


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■

2016.04.27

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日からちょうど99年前の1917年の4月27日に、京都と東京間の512kmで「東海道五十三次関東関西対抗駅伝競走」が行われました。
このときに初めて「駅伝(えきでん)」という名前が使われ、以後長距離をリレー形式で行われる駅伝が行われるようになりました。

駅伝と言えば、年始に行われる「箱根駅伝」がとても人気ですよね。
箱根駅伝は正式には「東京箱根間往復大学駅伝競走」と言い、大学生による駅伝競技です。
毎年楽しみに見ている人もいるのではないでしょうか?

駅伝はもちろん箱根駅伝以外にも高校駅伝や女子大学駅伝などいろいろあります。
その大会によって距離や区間の分け方など変わるのですが、国際陸上競技連盟で定める国際ルールでは42.195km6区間で走るという決まりがあるようです。
ちなみにこの距離はマラソンと同じ距離で、第1区間から5km、10km、5km、10km、5km、7.195kmと分けて走るようです。
駅伝は日本発祥の陸上競技ですので、国際的にも『Ekiden』と呼んだりするようですね。

駅伝がリレー走と違うのは距離もそうですが、何といっても”バトン”をつなぐのではなく、”たすき”を次の走者につないでいくことです。
数kmもの長い距離を走ってきて次の走者にたすきを渡してつないで行くことって、そのチームを背負う”重み”がずっしりとかかってきそうですよね。
そういったものが見え隠れするところが駅伝の楽しさなのかもしれません。

個人競技がメインの陸上競技で数少ない団体教であるからこそ、チームのみんなが団結して取り組むという魅力もあるのかもしれませんね。

駅伝は日本で生まれた陸上競技です。
それを知っているだけでも、駅伝を見たときの楽しみが増しそうですね。


20160427マラソン.jpg
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■

2016.04.26

20160426洋書.jpgみなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日からちょうど452年前の1564年4月26日はイギリスの劇作家であるウィリアム・シェイクスピアの洗礼日とされています。
シェイクスピアは誕生日が分かっていないため(1564年4月23日が有力とされている)洗礼日が生誕の日とされているようです。

さて、みなさんはシェイクスピアのことをご存知でしょうか?
昔の海外の作家ですが、現在の日本でもとても人気のある作品が多いのでよく知っているという人も多いのではないでしょうか。

彼の残した作品は人間の内面描写に優れており、今尚、最も優れた英文学の作家とも言われているようです。

彼の代表作、人気作はいろいろとあるのですが、中でも四大悲劇と言われている「ハムレット」「マクベス」「オセロ」「リア王」が有名ですね。
また、その他にも「ロミオとジュリエット」「ヴェニスの商人」などの名作も多々あります。

わたし自身は文学に疎いのでシェイクスピアを読んだことがないのですが、そんな私でも「ロミオとジュリエット」の内容を知っているぐらい、様々なところに引用されていますね。

さて、シェイクスピアというと四大悲劇の代表作もありますし、”悲劇”を題材にした作品が注目されがちですが、彼の作品には”喜劇”を題材にしたものもたくさんあるようですね。
シェイクスピア好きの人の間では、喜劇作品も悲劇作品に負けず劣らず面白いという人もいるようです。

わたしは全く読んだことがないので、今度気が向いたらシェイクスピアの作品を読んでみようかな、と思いました。

みなさんもシェイクスピアの作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■