追浜教室

Tel:046-884-9167

  • 〒237-0068 神奈川県横須賀市追浜本町1-41 1F
  • 京浜急行線 追浜駅 徒歩3分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

2016.01.27

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

年が変わってから、多数のお問い合わせをいただき、まことにありがとうございます。
わたしたちは来月の期末テストに向けて、また進級を控えて塾をお考えの保護者のみなさまのご期待に応えたいという気持ちで
日々の教室運営を行っています。

今日は、「塾」の選び方についてお話ししたいと思います。
一口に「塾」といっても、「集団塾」もあれば、私たちのような「個別塾」もあります。
さらに「個別塾」であっても、塾によって指導形式が異なります。
生徒さんによって、合う塾、合わない塾がありますので、生徒さんに合った塾を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

「集団塾」が合う生徒さん
・自分で計画を立てて勉強ができる
・他の生徒さんと競争するのが好き
・積極的に質問ができる
・宿題や提出物をきちんと仕上げることができる
・1日何時間といった学習習慣がある

「個別塾」が合う生徒さん
・勉強の仕方がわからない(聞けない)
・特定の不得意教科がある
・部活や習い事で勉強時間が作れない
・いわゆるマイペース
・過去の勉強でわからないことがそのままになっている

いかがでしょうか?集団塾でも個別塾でも、塾に行く目的は「成績をあげる」または「志望校に合格する」ことです。
生徒さんの性格や、いままでの勉強への取り組み方も考えて塾を検討していただきたいのです。

また、個別塾のなかでも1対3以上の指導をうたっている塾もあります。経験からだけで申し上げますが、1対3以上になると
生徒さん一人ひとりに十分な時間をかけることができません。自分で勉強できる生徒さんにはいいと思いますが、
わからないことをすぐ教わりたいという生徒さんには、待たされることがストレスになってしまいます。

「集団塾で成績が伸び悩んでいる」「どの個別塾にしようか迷っている」「今の塾が合っていないような気がする」
という保護者のみなさま、城南コベッツ追浜教室も選択肢の一つとしてお考えいただけませんか?
まずは教室見学、そしてご興味をもたれましたら無料体験授業のご受講、そしてご入塾が基本的な流れになります。
2月の土曜日は、追浜中、鷹取中、田浦中の期末テストに向けて、無料の定期テスト勉強会を実施いたします。
日程につきましては、決まり次第「お知らせ」としてアップいたします。

お問い合わせは、成績保証のある個別指導教室、城南コベッツ追浜教室(046-884-9167)まで。どうぞお気軽に!
※ブログが読みづらい場合は、タイトルをクリックしてください。

2016.01.25

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

追浜中学校のHさんから、横須賀学院高校の推薦合格が決まりました!というご報告をいただきました。
おめでとうございます!今シーズンの高校合格第1号です。
推薦合格はその学校に行きたいという強い気持ちと成績で決まります。
さあ、みんな続いて行こう!

なお、高校3年生は指定校推薦および公募推薦で4名がすでに進路を決めています。
ご報告いただいた大学は、駒澤大学、成蹊大学、東京都市大学、玉川大学となっています(講習生を含む)

受験までの残り時間をムダなく有効に使おう。学習のご相談は、成績保証のある個別指導教室、
城南コベッツ追浜教室(046-884-9167)まで、どうぞお気軽にご連絡ください。

2016.01.21

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

中学受験、高校受験、大学受験を目前に控え、受験生は本当に最後の追い込みの時期になっています。
この先の長い人生の通過点かもしれませんが、学校を選ぶということは極めて大切なものといえます。
いま、受験を目前にしている生徒さん、保護者のみなさまではなく、来年以降に受験に対峙する方へのメッセージです。
公立・私立を問わず学校選びの参考にしていただければ幸いです。

1.将来のために学校を選ぶ
生徒さんの性格や適性・能力(学力)など、いろいろな条件を考え合わせて将来の進路を考えていきましょう。
高校から大学や短大への進学を考えている場合、文科系、理科系、芸術系、体育系など大学の特色もふまえて
考えるべきです。また、○○以上の大学といった具合にレベル感で考えるならば、卒業生の進学実績も見てみましょう。
なお、大学の附属高校であっても、他の大学の受験を積極的に認める学校もあります。
高校から社会人になりたいと考えている場合には、高校の普通科、専門科のどちらがよいかを考える必要があります。
○○総合高校という名前の単位制高校は、自分の将来といかにリンクさせるか見極めが必要です。

2.学力に適した学校を選ぶ
学力に見合わない学校を選んでしまった場合、生徒さんの負担が重くなります。運よく合格できても、劣等感を感じたり
自信を失ってしまうと、学校生活自体がつらくなってしまいます。目標を高いところにおくことは結構なことですが、
合格したのちどれくらいの位置にいることができるか考えておきましょう。理想は成績上位(学年の1/3から1/4以上)を
キープできることです。

3.学校の内容から選ぶ
いわゆる「よい学校」とはどんな学校でしょうか?人間形成の場である、中学校・高等学校は、単なる知識習得の場に
とどまってほしくありません。生徒さんの資質を伸ばすことのできる先生がいて、生涯の友と呼べるような友達を
得ることができる場であってほしいのです。私立の中学校・高等学校はそれぞれ特色のある教育を実践されています。
公立の高等学校も特色のある学校が増えています。

4.通学時間から学校を選ぶ
生徒さんに適した学校であっても、遠くの学校ですと毎日の通学時間のことも考えなければなりません。
最近では、横浜(上大岡、汐入、横須賀中央)駅で降りられる定期券が欲しいから、という理由で学校を選ぶ
生徒さんもいらっしゃいます。

受験は行きたい学校(=志望校)を考えることから始まります。神奈川県の受験システムは大きく変わりました。
また、私立中学校・高等学校も保護者のみなさまの時代から大きく変わっています。

受験のご相談なら、成績保証のある個別指導教室、城南コベッツ追浜教室(046-884-9167)までどうぞお気軽に
お問い合わせください。教室見学・無料体験授業も随時受け付けております。
※ブログが読みづらい場合は、タイトル部分をクリックしてください。

2016.01.13

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

1/6に北朝鮮が事前通告なしに水爆実験を行ったと発表してから1週間がたちました。
教室でも原爆と水爆はどう違うのといったことを生徒さんから質問されましたので、調べてまとめてみました。

「原爆」と「水爆」。原子爆弾と水素爆弾の略であることは言うまでもありません。
一言でいうなら、核分裂と核融合の違いということになるでしょう。

原爆は、ウラン235やプルトニウム239の原子核に中性子を激突させて、より小さな原子核に分裂させるプロセスです。
分裂ですから、その際に複数の中性子とエネルギーを放出するわけですが、放出された中性子が他の原子核に当たると
同様の過程が繰り返されます。このような核分裂反応を連鎖的に進行させ、ごく短時間に巨大なエネルギーを放出させるのが
原子爆弾になります。広島に投下されたのがウラン235を使用したウラン型の原爆で、長崎に投下されたがプルトニウム239を
使用したプルトニウム型の原爆です。
原子力発電も核分裂のエネルギーを使って電気を生み出していますが、核分裂を制御して安定的に出力させているのです。

一方の水爆ですが、重水素や三重水素の原子核同士をまず最初に激突させます。その際にヘリウムの原子核ができる
核融合が起こり、それと同時に原子力エネルギーが生み出されます。水爆は原爆を起爆剤として、核融合反応を発生させるため、
原爆をはるかに上回るエネルギーを放出します。一般的に原爆より水爆のほうが10倍の威力があるとされています。
ちなみに、空に輝く「太陽」。太陽のような恒星が、なぜ何十億年も輝き続けられるのか?
今では、太陽の中心部では水素同士の核融合反応が起きていて、エネルギーを発していると理解されています。
水爆の原理は、太陽が輝き続け、エネルギーを放出している原理と同様のものと考えてもよいでしょう。

原爆も水爆も、どちらも核兵器ですが、核同士が離れる(=核分裂)際に発生するエネルギーを利用するのが原子爆弾、
核同士がくっつく(=核融合)際に発生するエネルギーを利用するのが水素爆弾ということになります。
さらに、原爆を使わないと起爆できない爆弾が、水爆なのです。水素爆弾を兵器として実用化しているのは、
アメリカ・ロシア(旧ソ連)・イギリス・フランス・中国の5か国で、北朝鮮が保有したとすれば6番目の国になります。
第二次世界大戦で原爆を投下された日本ですが、実は水爆の被害にもあっています。
1954年3月にビキニ環礁で行われたキャッスル作戦(ブラボー実験)の際、日本の第五福竜丸を含む漁船数百隻が被爆しました。

イギリスのチャーチル首相が述べた「恐怖の均衡」という考えに基づき、核兵器の保有がかえって戦争を抑止するという
考え方が「核抑止論」です。北朝鮮の水爆実験の成否に関わらず、核兵器の脅威について考え直したいと思います。

知っておくべきことをきちんと教えます。学習のご相談は、成績保証のある個別指導教室、城南コベッツ追浜教室
(046-884-9167)まで、お気軽にお問い合わせください。

2016.01.07

2015冬期講習は盛況のうちに終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
春期講習のご案内は詳細が決まりしだい、こちらに掲載いたします。