追浜教室

Tel:046-884-9167

  • 〒237-0068 神奈川県横須賀市追浜本町1-41 1F
  • 京浜急行線 追浜駅 徒歩3分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

2018.01.29

【2月休館日】(教室への入室はできません)
2/4(日)、2/11(祝・日)、2/18(日)、2/25(日)
※2/12(振休・月)は平常授業日です。

【受付時間】(休館日を除く)
14:00~20:00

資料請求は、webから簡単申込み、http://www.johnan.jp/covez_data/index.php
無料体験授業のお申込みは、http://www.johnan.jp/covez_exp/index.php
に必要事項をご入力ください。(エリアは横浜市以外、教室名は追浜教室をお選びください)

2018.01.27

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

1/31(水)の夜21時前から24時すぎまで、日本全国で皆既月食が観測できます。
日本で皆既月食が見られるのは、2015年4月4日以来、約3年ぶり。今回、月が赤銅色に見える
皆既状態は21時51分から23時8分まで、1時間17分も続きます。時間帯・月の高さとも好条件です。
寒さ対策を十分にして、休みながら温まりながら、観察や撮影を楽しみましょう。

月食は満月の日に起こります。31日の満月は、2日のスーパームーンに続き、今月2回目。
このように1か月に2回満月が起こるときに、2回目の満月を俗称で「ブルームーン」と呼びます。
ブルームーンといっても、月が青く見えるわけではありません。皆既月食では月は赤く見えます。
月が赤く見えるのは、地球の大気を通った太陽光のうち波長の長い赤い光が月を照らすためですが、
地球の大気の状態によって濃い茶色や赤色、明るいオレンジ色に見えることもあります。

「赤いブルームーン」(月に2回目の満月で皆既月食となる)が、次回日本で観測できるのは
2037年1月31日となります。今年はもう一度7月28日(土)の明け方に皆既月食が観測できます。
7月28日の皆既月食は、明け方なので月は欠けた状態のまま沈みます。(月没帯食といいます)

1月31日の皆既月食のデータです(東京)
月食開始 20時48.1分 月の高度45度
食の最大 22時29.8分 月の高度63度
月食終了 24時11.5分 月の高度71度
月の南中 23時58分 月の高度71度(南中とはある天体が真南にくること)

2月からのご受講をご案内しています。ご受講のご相談は、城南コベッツ追浜教室
(046-884-9167)まで、どうぞお気軽にお問合せください。

資料請求は、webから簡単申込み、http://www.johnan.jp/covez_data/index.php
無料体験授業のお申込みは、http://www.johnan.jp/covez_exp/index.php
に必要事項をご入力ください。(エリアは横浜市以外、教室名は追浜教室をお選びください)

2018.01.23

みなさん、こんにちは! 城南コベッツ追浜教室です!

昨日(1/22)は、大雪のため18時半(6限の授業終了時)にて閉館させていただきました。
生徒さんの安全を考えての対応として、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
昨日の授業につきましては、順次振替授業を設定してまいります。

教室からの帰り道、降りしきる「雪」を見ながら、ふと頭に蘇った三好達治の詩「雪」。

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

たった2行の詩です。ただ、いろいろなことが想像できる詩でもあります。

太郎と次郎は兄弟で、同じ家の中で眠っているのか? 同じ家(兄弟)か、別の家(他人)か
この詩で歌われているのはどこか? 農村か、都会か
だれ(なに)が太郎と次郎を眠らせているのか? 雪か、母か

三好達治さんは神奈川県立横須賀高校の校歌の歌詞補修をしています。
1番だけご紹介します。(歌詞原作:三和義彦、作曲:團伊玖磨)

天かける白雲か
日に新た我らの望み
果てしなき青空よ
ここにして道を学ぶと
記恩ヶ丘に我らつどいぬ
いざさらば道の友垣
誉ある歴史のうへ(え)に
新しき行手を求めん

2月からのご受講をご案内しております。ご受講のご相談は、城南コベッツ追浜教室
(046-884-9167)まで、どうぞお気軽にお問合せください。

2018.01.22

本日1月22日(月)は大雪の予報となっております。

本日につきましては、生徒さんの安全を最優先し、6限(17:10~18:30)で授業を打ち切ります。

また、18時30分にて閉館しますので、自習室の利用もできません。

お電話でのお問合せは18時30分まで承ります。

城南コベッツ追浜教室 046-884-9167

2018.01.20

小室哲哉という天才の名前を知ったのは、いつの日のことだったのだろうか?

渡辺美里さんの4枚目のシングル「My Revolution(=マイ・レボリューション)」は、
1986年(昭和61年)1月22日に発売され、週間オリコンチャートでも1位を獲得し、
1986年の年間チャートでも第5位を記録しています。

「マイレボ」の特徴ともいえる「転調」、この曲ではサビでキーがCからAに変わります。
突然の転調がもたらすインパクトの大きさや、J-POPに転調を多用する傾向は小室哲哉さんが
生み出したものです。そして、今や多くの曲に見られる転調は「小室転調」と呼ばれ、歌い手の
力強さを表現するための手法のひとつで、見せ方を変えることで楽曲にインパクトが生まれるのです。

「マイレボ」で作曲者として認められた小室哲哉さんは、自身の音楽ユニット「TM NETWORK」と並行して
渡辺美里さんをはじめ、荻野目洋子さん(NONSTOP DANCER)、中山美穂さん(50/50)、
松田聖子さん(KIMONO BEAT)、小泉今日子さん(GOOD MORNING CALL)、宮沢りえさん
(ドリームラッシュ)、観月ありささん(TOO SHY SHY BOY!)などに楽曲を提供しました。
その後、TRF(=TK Rave Factory)、篠原涼子さん、華原朋美さん、安室奈美恵さん、globeなどの
音楽プロデュースを行い、子どもの頃からの夢であった小室ブームという社会現象を起こしました。

そんな小室さんが、昨日(1/19)突然の引退を発表しました。他人のプライバシーやデリケートな部分を
推し量らずに、聖人君子をきどった報道によって、一人の天才が殺されたのです。

小室さんの最後のメッセージ、「すみません。最後に一言だけ。すみませんいいですか?」
「僕たった1人の言動で、日本が、社会が動くとは全く思いませんが、先程もいいましたように、
なんとなくですが、高齢化社会に向けてだったりとか、介護みたいなことの大変さだったりとか、
社会のこの時代のストレスだったりですとか、少しずつですけどこの10年で触れて来たのかなって
思ってるので。こういったことを発信することで、この日本もそういったことをみなさんも含めて、
何かいい方向に、少しでもみなさまが幸せになる方向に向いてくれたらいいなと心から思っております。
微力ですが、少し、何か響けばいいなと思います。ありがとうございます。」

このメッセージを報じないマスコミもあります。渡辺美里さんの9枚目のシングルは「悲しいね」
悲しいね さよならは いつだって 悲しいね ひとりきり いつだって。作曲は小室さんです。
平成30年、わたしたちはコムロとアムロを同じ年に失うことになりました。