相模大野教室

Tel:042-701-0601

  • 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野4-5-17 ロビーファイブ2F(P棟205 )
  • 小田急小田原線 相模大野駅 徒歩6分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.11.30

こんにちは!
城南コベッツ相模大野教室です。

今回は大好評だった記事の、第二弾をお送りしたいと思います。
題して、「メールやチャットでよく使われる英語の略語 Part2 ~まだまだあるよの巻~」です!

 あいさつ編
Thanks In Advance(お世話になります) → TIA
Be Back Later(また来ます) → BBL
去り際に「BBL」って言えたらなんかカッコいい!
 
あいづち編
I don’t know.(知らないです) → IDK 
Oh my god!(なんてこった) → OMG!
OK!(分かりました) → K!
「OK」って「K」だけで伝わるんだー!
 
中座編
Hurry back!(すぐ戻ってきて) → HB!
Got To Go(もう行かないと) → g2g
「g2g」って色んな所で使えそうだな~
 
オフィス編
To Be Decided(後日決定予定) → TBD
In My Opinion(私の意見では) → IMO
Carbon Copy(メールで同送者を相手に知らせたいときに使う) → Cc
メールでよく使うCCって「Carbon Copy」の略だったんだ…
 
いかがでしたか?
第1回で紹介した略語と合わせて、是非使ってみてくださいね!
それでは、sya (see you again)!

2015.11.28


こんにちは!
城南コベッツ相模大野教室です。

琵琶湖について調べていたのですが、びっくりした事がありましたのでお伝えします。
琵琶湖は今から約600万年前に現在の三重県、上野盆地あたりで誕生しました。
その後、北にどんどん移動して、150万年ほど前、いったん消滅。
100万年ほど前に大津市付近に再び姿を現し、北東に広がって現在の姿になっているそうです。
現在でも、北東方向に毎年3センチほどの速さで移動しているそうで、このままでいくと、
南側から順に消滅、北側に広がっていずれ日本海とつながってしまうのだそうです。

2015.11.27

こんにちは!
城南コベッツ相模大野教室です。

今回は英語のメールやチャットで実際によく使われる略語を紹介したいと思います!
 
あいさつ編
How are you?(初めまして) → HRU?
See You Later.(また、後で) → SY
初めてチャットする人に「HRU?」って言えたら、なんかカッコいい!
 
あいづち編
I see.(わかりました) → Ic
Great!(いいね!) → gr8!
Just kidding!(冗談!) → JK!
使い飽きた「I see」はおさらば!今日からは「Ic」を使おう!
 
中座編
away from keyboard(離席するね) → AFK
just a minute/wait a second(ちょっと待ってて) → JAM/SEC
これ知ってるといろんな場面で使えそうだな〜
 
オフィス編
No Response Needed(返信不要) → NRN
Do It Yourself(自分でやりなさい) → DIY
Not Applicable(該当なし) → N/A
エクセルでよくみるN/Aって「Not Applicable」の略だったんだ…
 

いかがでしたか?まだ、まだ沢山あるので、また次の機会に紹介したいと思います。
今回紹介した略語、是非使ってみてくださいね!
それでは、sya (see you again)!

2015.11.26

こんにちは!
城南コベッツ相模大野教室です。

学校の先生や親から、学習習慣についてのアドバイスを受けることがあるかと思います。
一般的に良いとされている勉強法もいろいろとありますね。
しかしそれらは本当に正しいやり方なんでしょうか?
今回は、「5 Bad Study Habits You’ve Probably Been Following」(あなたが従ってきたであろう、5つの悪い勉強習慣)という英文記事を紹介します(※意訳です)。
あのやり方は実は間違っているのかも?!


悪い勉強習慣5つ

その1. 次の授業の予習をすること
授業前の大切な時間は予習に充ててはいけません。 
予習よりも、前回の授業内容の確認テストに時間を使ったほうが知識が深まります。
軽く予習するのは効果的ですが、教科書の内容を丸暗記するようなやり方は無駄です。
授業で新しく習う知識をザッとみておく程度にとどめておき、余った時間は確認テストに充てましょう。

その2. 勉強仲間を作ること
勉強仲間と一緒に問題演習をしていると、自分一人でも問題が解けるような錯覚をしてしまいます。
仲間が問題を解けたからといって、その様子をみている自分が同じように解けるとは限りません。
みんなで勉強することはサボり癖のある人には良いですが、メリットはそれだけです。
仲間と一緒に問題を解くのではなく、あくまでも自力で解けるように訓練することが大切です。

その3. ノートを読み返して復習すること
授業でとったノートを単純に読み返すだけでは、知識は身につきません。
このような復習方法は、脳の記憶の仕組みに合っていないそうです。
その1.で少し触れたように、自分で確認テストをすると良いでしょう。
ノートを見ずに問題演習をしたり、授業内容を再現してみてください。
数日後に再び繰り返すと、さらに記憶が定着します。

その4. 静かな環境で勉強し続けること
静かで快適な環境での勉強に慣れてしまうと、本番で良いパフォーマンスを発揮できません。
試験本番の会場は自分にとって不慣れな場所だからです。
また同じ場所で勉強し続けてしまうと、覚えた知識をそこでしか思い出せなくなる恐れもあります。
たまにはカフェやファーストフード店など、いつもとは違った雑音の多い場所で勉強しましょう。
普段からいろいろな環境で勉強しておけば、どんな状況でも実力が出せるようになります。

その5. 覚えたことを頻繁に確認すること
勉強したことを頻繁に確認しているようでは、本番でそれを思い出すのが難しくなります。
記憶力を高めるには、ある程度は忘れておくことが大切です。
思い出すことに苦労すればするほど、記憶が強固になっていきます。
復習するときは、ノートを見ずに確認テストをしましょう。
そしてさらに2日後、同じことをします。
ノートを見たい欲求と戦いながら自分の記憶を呼び起こしましょう。
このプロセスを繰り返せば、記憶力がグングン伸びていきます。


以上の内容もまた100%正しいものではありません(苦笑)。
どれも説得力がありますけどね。
そのまま鵜呑みにせず、自分の性格や学習スタイルに照らし合わせて考えてみることが大切です。
自分ならではの勉強習慣を確立していきましょう。

2015.11.25

こんにちは!
城南コベッツ相模大野教室です。

「記憶力がもっとあれば良いのになぁ…。」
受験生なら一度は思ったことがあるでしょう。
そこで今回は、「How to Maximize Your Memory」(記憶力を最大化する方法)という英文記事に掲載されている8つのコツを紹介します。

記憶力を高めるための8つのコツ

その1. もっと多くのことを書きとめよう
授業中や自宅学習中などに学んだことはすぐにメモをとるようにしましょう。
その場その場で勉強した内容をすぐに自分のものにしておくことが大切です。

その2. 定期的に復習しよう
受験勉強では、次々に新しい知識を覚えなくてはなりません。
勉強以外にも、ネットやテレビで多くの情報を見聞きしていることでしょう。
こんなふうに実にたくさんの知識や情報に触れているので、定期的に復習しておかないと勉強した内容を忘れやすくなります。
一日の終りに、その1.で紹介したメモの内容を見返す時間をとりましょう。

その3. 正しく呼吸しよう
呼吸を正しくすると、脳へ酸素が十分に流れて記憶力が高まります。
浅い呼吸をしているのに気づいたら、いったん深呼吸すると良いですよ。
一日のはじめに運動したり、水分をこまめにとったりするのも大切です。

その4. さらにもっと多くのことを書きとめよう
勉強中に雑念が浮かんだら、それはどこかに書き出して頭の中から追い出しましょう。
目の前の勉強に集中できるはずです。
追い出した雑念は勉強が終わったら必要におうじて振り返れば良いでしょう。

その5. マルチタスクをしない
一度に複数のことをやってはいけません。
いま勉強している内容に集中しましょう。
英文読解の勉強をしているときに英単語の暗記を始めたり…とかは止めたほうが良いです。
ネットや携帯をしながらの勉強はもってのほかですね。(ノ∀`)

その6. 関連させて記憶しよう
新しい知識を記憶するときは、自分がすでに知っていることと関連させると上手くいきます。
似たような内容のテーマを集中的に勉強しましょう。
エピソードと関連づけて覚えるのも効果的。
例文と単語を一緒に暗記するのは良さそうです。

その7. 細かく分けよう
覚えたい知識の量が多いときは、それを細かく分けてひとつずつ覚えていきましょう。
一度にたくさんの知識を記憶するのは大変です。
ひとつひとつの小さな知識を身につけていくほうが、結果としてたくさんの知識を記憶できます。

その8. 子どもの頃に戻ってみよう
小さいとき『ABCの歌』でアルファベットを覚えた人は多いはず。
メロディーにのせて何かを記憶するという方法は効果的です。
語呂合わせなどで暗記するのも良いでしょう。


記憶力が上がれば、おのずと勉強が楽しくなります。
暗記すること、勉強することに苦痛を感じている受験生は、ぜひ上記のコツをお試しあれ!

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080