湘南台駅前教室

Tel:0466-43-5731

  • 〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台7-1-1 パークサイドカネイシ3F
  • 小田急江ノ島線/湘南台駅 徒歩3分

受付時間:平日 16:00~21:30/土 15:00~21:00 [日祝休]

2017.04.29

こんにちは。個別指導学習塾城南コベッツ湘南台駅前教室講師の松本です。

最近、「会社の人手不足が不足しているはずなのに、給料が上がらない!」というニュースを耳にします。
そこで今回は、少しこのことについて書いてみようと思います。

そもそも、「人手不足=給料が上がる」というのはどのようなメカニズムなのでしょうか。
経済学部の大学生1年生は、おおむね次のように学習します。

今、ある会社があったとしましょう。この会社は10人の社員を、1人10万の給料で雇っています。
この会社は10人で10個の商品を作り、ひと月にすべての商品が売れるとします。

あるとき、会社の商品が急に売れ始め、ひと月に20個の商品が売れそうです。会社の社長はもっとお金を稼ぐために、全部で20個の商品を作りたいと考えました。しかし、そのためにはあと10人の社員が必要です。

もし、こんな風にもっと社員が欲しい!と考える会社が、世の中に一つだけならば楽に10人の社員を集めることができるでしょう。
しかし、世の中の全ての会社が、もっと社員が欲しい!と考えていればどうでしょうか。
人の争奪戦になり、もしかすると先ほどの会社は、必要な社員を集められないかもしれません。

会社の社長たちは考えます。
「果たして、どうしたら自分の会社に来てくれるだろう?」

ここで、給料を上げることで、人が来やすくなるようにします。
ひとつの会社が給料を上げると、他の会社も負けずと給料を上げ始めます。

こうして、世の中全体の給料が上がっていくのです。

話を戻しましょう。もし世の中が人手不足ならば、上のようなメカニズムで世の中の給料が上がっていくはずです。
ではなぜ上がらないのでしょうか。

来週はこの謎について、いくつかの説を取り上げていきたいと思います。

2017.04.26

こんにちは。
個別指導学習塾 城南コベッツ湘南台駅前教室 講師の今井です。

新学期がはじまり3週間ほどが経ち、毎日の忙しさも段々と日常のことに変わってきたことかと思います。
さて、そんな忙しい毎日に慣れてきたかと思いきや、ここで現れるのが「5月病」です。
5月病とは、新学期の忙しさや環境の変化によるストレスなどに適応できず、ゴールデンウィーク前後に心身の不調が現れることを言うそうです。
確かに、この時期の環境の変化は多くの人にとってストレスになることもあり、そのことから体調を崩すこともあるかもしれません。
ですが、この病名のような言葉があるから、少し体調が悪いとこの言葉に頼りがちになっている部分もあるのでは?なんて思ってしまう所もあります。
というわけで皆さん、忙しい毎日が続き大変なこともあるかもしれませんが、健康的な生活や、目向きな思考を心がけてストレスに負けない体と心を作っていきましょう!(笑)
結局は、前向きに物事を考えることが一番の薬なのかもしれません。
苦しい時も、そこでしっかり耐えて乗り越えれば、その先には頑張ってよかったと思える出来事がきっとあると思います。
まずはゴールデンウィークまでしっかり乗り切って、連休で羽を伸ばして休み、またそこから頑張っていきましょう!


2017.04.25

こんにちは!

城南コベッツ湘南台駅前教室講師の高橋です。



今日ミサイルが北朝鮮から飛んでくるという話がありましたね。

でも現時点では飛んできていないようなのでよかったです・・・(:_;)



米軍基地を狙ってミサイルを飛ばしているようなのですが、この辺だと横須賀が近いので、
とても怖いですね・・・


私たちにできることはニュースを確認していることです!!
何が起きているのかを把握しておきましょう(>_<)

2017.04.24

こんにちは。
個別指導塾城南コベッツ湘南台駅前教室講師の名取です。

月曜日ですね。
大体の人にとって学校や会社が始まる日…楽しい気分になる人は多くはないでしょう。

ですが思い出してください!
今週を乗り切れば来週からはもうゴールデンウィークですよ。
皆さん計画はもう立ててらっしゃいますか?
私が受験生の時はちょうどゴールデンウィークが『何年かに1度の超大型連休』となってしまい、
なぜ今年なんだ!と悔しい思いをしたものです。

ところで「ゴールデンウィーク(=黄金週間)」のような和製英語やカタカナ英語から英単語を覚えることも可能ですよね。
「フライパン」からfry=焼く、「メリークリスマス」からmerry=楽しい・陽気な、など。
当たり前のように使っている言葉にも英語が隠れているかもしれませんね。
ぜひ注意してみてください。笑

4月最終週、頑張って乗り越えましょう!

2017.04.21

こんにちは。
個別指導塾城南コベッツ湘南台駅前教室の大橋です。

春ですね。
僕にとっての中学/高校時代の春の思い出といえば、新体力テストでした。
中でもトラウマ級の「20mシャトルラン」という競技を皆さんはご存知でしょうか?

簡単に説明すると、20mのレーンをひたすらに往復する競技です。
決められた時間までに20m走れなかったらそこで脱落になり、だんだん速度が上がっていきます。
その時間を知らせる音がなかなか怖くて、数字が一定間隔で読み上げられるのです。

運動が苦手な僕は、そのシャトルランが世界で一番嫌いでした。
そこで数学が好きだった僕は、そのシャトルランを以下の要領でやることにしました。
ズバリ、「読み上げられた数字をひたすら素因数分解する」のです!

…何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、意外とこれが効果てきめんでした。
例えば「60」と読み上げられるとします。頭の中では瞬時に「えーっと、2×2×3×5…」という風な思考になります。
その時、「もう疲れたなぁ、やめたいなぁ…」という考えが薄れているのです。
気が付けば周りの人がちらほら脱落し始め、僕もそれに乗ってやめることができるようになりました。



あ、以上です。

新着情報

カレンダー

アーカイブ