三郷中央駅前教室

Tel:048‐949‐1107

  • 〒341-0038 埼玉県三郷市中央1-13-12 リヴェールメゾン102号
  • つくばエクスプレス 三郷中央駅 徒歩4分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

三郷中央駅前教室からのメッセージ

『暗記』 得意ですか?

2015.04.23

暗記と言えば、英単語や数学の公式なんかが思い浮かびますが、理科や社会にも覚えることがたくさんあります。
暗記が得意っていう人よりも苦手な人の方が多いと思いますが、苦手だからと言って避けては通れません。
暗記の仕方にはいくつかのコツと方法があります。自分にあった正しい暗記法を用いれば少ない労力で効率的に
覚えることができます。

脳の仕組みから言うと、脳の記憶には短期記憶長期記憶があります。
短期記憶は文字通り短期間、数分から数時間しか持たない記憶ですから、学習には役に立ちません。
これから紹介する暗記法は長期記憶に送り込むことができる暗記法です。
人間の脳は時間の経過とともに忘れるようにできています。
普通に記憶したことは1時間で半分、1日で4分の3を忘れてしまいます。
ですから暗記のコツは忘れる量を減らす覚え方をすることです。


①短い時間で繰り返す。
 
短期記憶を長期記憶にするコツは反復することです。
1回の記憶は短期記憶のままで、すぐに忘れてしまいます。
例えば、英単語1個を1分かけてじっくり覚える。これは1分を2分にしても3分にしても短期記憶のままで暗記法として
は全くダメです。
それよりは、英単語1個を6秒で覚えることを10回行う。6秒では覚えることはできませんが、反復することで長期記憶
として残ります。
暗記のコツの1つは、1回で覚えることではなく反復して覚えることです。


②五感を使う。

ある臭いから何かを思い出す。また、ある音楽を聴くと思い出す。なんてことありますよね。
視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚。
これら五感と言われるものは脳内で記憶と強く関わっていますから、暗記にも有力なコツとして使えます。
ただ味覚と臭覚は手段としては使い難いですよね。
実際には五感の内、視覚、聴覚、触覚を使うことになります。
英単語の例だと、声に出して読みながら手で書くということになります。これを反復すれば確実に長期記憶
にならないはずがありません。



③睡眠を利用する。就寝前に覚える。

「寝ないで覚えた。」なんてたまに聞きますが、脳科学的には矛盾しています。
記憶の定着は脳内で睡眠中に行われます。ですから長期記憶するためには睡眠は必要不可欠なことなのです。
睡眠中に記憶が定着すると言うことは、記憶する時間帯としては寝る前が最適ということですね。
寝る前に暗記して忘れる前に寝ることで定着させる。これも暗記のコツです。
睡眠は集中力やモチベーションにも影響してくるためとても大切です



④語呂合わせ、関連付けで覚える。

語呂合わせで分り易いのは「いい国作ろう鎌倉幕府」(1192年、最近の研究で30年ぐらい違っていたそうですが)とか
「鳴くよウグイス平安京」(794年平安遷都)とか「ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ」(√2)、「フジサンロクニオウムナク」(√3) とか
がよく知られています。
暗記しようとただ黙々とそれだけを覚えようとするのは難しいです。それに何かプラスアルファを加えることで定着しや
すくなります。
覚えようとすることに関連付けイメージを持つことも方法です。
例えば「アップル」と聞いて「赤いりんごの絵」と「Apple」の綴りが同時に頭に浮かぶようなイメージです。


最後に、暗記は単純作業で楽しくないし、苦手な人が多いと思います。
しかし、暗記は勉強だけでなく様々な場面で必要とされます。冒頭で述べたとおり、避けて通ることはできません。
大切なのは、覚えようとする意志と努力です。努力とは実践することです。
できるだけ効率的に確実に覚えるために上記にご紹介した方法を実践してみて下さい。




つくばエクスプレス/三郷中央駅より徒歩3分
※におどり公園を経由/キャノンファインテックセンター目の前

→詳しいMAPはこちら



【教室へのお問合せ方法】

お電話でのお問合せ:048-949-1107
インターネットからのお問合せ:こちらをクリック!


【キャンペーンのお知らせ】
現在城南コベッツ三郷中央駅前教室では、
新しく入学を検討されている方へ
各種キャンペーンを実施中です!