南草津教室

Tel:077-561-4140

  • 〒525-0054 滋賀県草津市東矢倉2-5-36 わんぱくビル 4F
  • JR東海道線「南草津」駅 徒歩9分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2018.03.14

今日は、滋賀県立高校入試の合格発表でした。

2月に滋賀県私立高校の発表は終わっていますが、滋賀や京都の私立専願の生徒・県立志望の生徒を含め2月から3月の県立高校合格発表までが高校受験生にとって緊張感が一番高くなる時期です。生徒や保護者の方はもちろんのこと、授業をしている講師たちからの緊張感も教室の良い雰囲気を作ってくれていました。

2018年度の県立高校受検は、昨年までと比較しても滋賀県南部の高校の倍率が高くなり、より一層実力勝負の色が濃くなった印象です。

ここ数年倍率が高いまま推移している大津高校は1.6倍、草津高校は今年いよいよ1.3倍を超えました。倍率の高い上位5校を受検した生徒は入試後もそわそわしていましたが、大津高・草津高の受検者はみんな無事合格してくれていました。みんな本当によく頑張りました!

合格おめでとう!!!!!!!!!!!!

1か月後には高校生活が始まっていますので、新高校1年生、あまり気を抜きすぎないように...。

高校のハイペースな学習に向けて、高校先取りの授業がそろそろ始まります!

次の大学受験を考えたとき、1年生1学期の成績が重要だということは知っておいてください。

2018.03.05

受験生にとっては長いようで短かった1年だったと思います。

城南コベッツ南草津教室で大学受験を迎えた生徒達は、昨年に引き続きemoji全員合格emojiすることができました!

思い返すと色々とありましたが、担当講師からの励ましの言葉や厳しい言葉を含め、自分自身を高めることが出来た結果だと思います。

受験というものは、直前に種を蒔いても花は咲きません。

春に種を蒔き、夏から秋にかけてはタイミングを計って肥料や水を与えながら地中に根を張り巡らせ、寒く厳しい時期を超えることが出来たからこそ春に花を咲かせる事が出来るものです。受験を通じてまた一つ大きく成長できたのではないかと思っています。

同志社女子大学 看護学部合格 Tさん

常に先を考えている性格のTさん、受験勉強も常に先を意識して勉強できていた印象です。その甲斐あって、授業の進度も予定より早めに終えることができたので不安な単元や苦手分野を再復習する時間も十分確保できました。受験期は他の大学も合格していましたが、進学した後のことを考えて随分と悩んでいる姿がTさんらしくて印象に残っています。先を常に考えて行動することは大切なことなので、大学でもその力を活かしてくださいね!

京都産業大学 経済学部合格 Nくん

物腰柔らかで比較的のんびり屋さんのNくん、担当講師からの厳しい言葉や居残りもちゃんと受け止めてくれたのは自分自身の弱さを知っているから。自分を知る事が出来ていたので、あれこれ口を挟むより見守る部分が大きかった印象です。逆に、担当の先生は優しく厳しく接してくれていましたので、メリハリのある時間が過ごせていたように思います。大学にすすめば、与えてもらう姿勢から自ら求めていく姿勢を持って過ごしてくださいね!

京都華頂大学 現代家政学部合格 Iさん

将来の目標が"管理栄養士"と最初から話してくれていたIさん。自分自身でも候補になる学校を調べて、実際に見に行って、多くの情報を得ていく中で受験校を選んでくれました。学習していなかった範囲や分野が比較的多くありましたが、未知のものに対する興味や積極性が学習面に良い影響を与えていたように思います。合格後、未習範囲の不安を取り除くために勉強してくれていましたが、その姿を見ていると自分自身の"やろう"という気持ちが一番大切なんだなぁと改めて教えてもらった気がします。目標に向けてどんどん前に進んでいってくださいね!

2018.03.01

本日、確定の倍率が発表になりました。
近隣の高校の倍率が例年よりも高めで確定したので、大津・草津地域の入試は厳しくなります。
ここ数年をみていても、地域によって入試の厳しさが違うのが明らかなので、特に大津・草津地域のお子様は入試対策を確実に行っておかなければならない印象です。高校に入るか入らないではなく、高校の先、高校を卒業する3年後を意識した学校選びが大切であることを考えれば、受検に向けての準備が早く始められるかどうかは思いのほか重要に思います。

ここ数年の入試は特に記述問題が多くなっており、単に暗記で乗り切れるような科目がなくなってきています。
志望校にもよりますが、覚えてきた知識を活かして"表現"する文章記述の対策時間も必要な事を考えると、知識問題を完成させる時期は出来るだけ早く、夏休みが終わる頃にはある程度の完成度が求められるのではないでしょうか。

滋賀県立高校入試まで残り僅か。
最後まで焦らず、目の前にあることを確実にこなしていく事が合格への近道です。
受験生、自分の力を信じてがんばって!