南草津教室

Tel:077-561-4140

  • 〒525-0054 滋賀県草津市東矢倉2-5-36 わんぱくビル 4F
  • JR東海道線「南草津」駅 徒歩9分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

南草津教室からのメッセージ

2018.11.01

11月になり2学期も折り返し地点を過ぎました。
殆どの学校で定期テストが実施され、返却されている時期だと思います。
2学期に学習した難易度の高い内容を含めたテストになっていましたが、皆さん結果はいかがでしたか?

教室では、テストまでに目標を一緒に決めて、その目標に向けて頑張る姿が多くみられました。
・中2男子...数学の目標を90点と決め、通塾時に95点の結果を喜んで見せに来てくれました。高い目標を設定した結果、他の教科にもいい影響が出はじめています。この波に乗って期末も頑張りを継続してくれそうです。
・中2女子...数学が苦手で、目標は「返却された時に自分が喜べる点数にしよ!」ということで点数をきめましたが、見事その点数をクリアしてくれました。目標はクリアしましたが「ココとココは出来たのに...」と悔しがっている姿を見ると、次は更に点数を上げられそうです。

他にも、良い結果の報告が笑顔とともに入ってきています。
日々の学習の積み重ねも含め、自分で頑張った成果が出た時《次に向けて頑張る力 = 内発的なやる気》を子供たちとの会話の中で感じることができます。期末テストまで数週間しかありませんので、良い雰囲気を切らさないようスタッフ一同がんばっていきます。

2018.09.01

毎年のことですが、長いようで短い夏休みが今年も終わりました。
受験生は受験に向けて、受験生以外の方は2学期以降の学習に向けて有意義な夏休みが過ごせましたか?

城南コベッツ南草津教室では、午前中から元気な笑顔で溢れていました。
小学生から高校生まで、各々の目標に向けて頑張る姿は先生達の元気の源になっていましたよ。
まずは、みんな夏休みの勉強よくがんばりました!!!

夏休みが明けてホッとする間もなく、学校では夏休み明けの課題テストや実テが実施され、その返却も始まっています。
すでに、今までのテストの中で一番いい結果を報告してくれている生徒もいます。
中3生は今までの実テとちがい、広範囲の出題になるので一気に難易度が上がるものですが、夏の成果を報告してくれる時に嬉しそうに持ってくる笑顔はいつもながら嬉しいものです。

これから本格的に始まる2学期。
学習難易度が高くなってきますので、不安に思う教科や学習範囲は出来る限り早めに対応することが大事です。
夏に作ったリードをキープするためにも、不安な事はすぐ相談してくださいね!

2018.07.01

1学期も後半になり、徐々に夏の暑さがやってきましたが6月の後半は期末テストがありました。

中2Kくん、国語21点アップ・理科31点アップ・社会14点アップ。

テスト前の勉強会で演習問題を一生懸命解いた結果が出て、自分自身でもびっくりしていました。
今回はいつもより提出物を早めに終わらせた分、余裕をもって対策出来た結果です。
この経験をしてくれたので、次回以降は同じように余裕を持った対策が出来そうです!

そして、いよいよ夏休みがやってきます。
受験生はこの夏にどこまで復習が出来るか、また、どのレベルまで受験対策が出来るか勝負です。
受験生以外の学年であっても、1学期の続きとして2学期に学習する科目もあります。
どの学年であっても、1学期の学習内容で不安な部分は時間のある夏休み中に復習しておきましょう!

2018.06.01

みなさん、新学期初めての定期テストが終わりましたが結果はいかがでしたか?
南草津教室の生徒は、答案が返却されて「よっしゃ!」「思ってたより良かった!」「今までで一番良かった!」の声が多くありました。
テスト前の勉強会や授業の中では不安な表情もありましたが、自分自身が頑張って出した結果は更なる点数アップに繋げる自信にしてくださいね。
保護者の方からも「テストまでの過ごし方が今までと比べると、根本的に姿勢が変わった」「自分からテストの解きなおし(振り返り)やるって言ってた」など、担当している講師にとって嬉しい言葉をいただいています。

中間テストは終わりましたが、安心する間もなく期末テストまで1カ月を切っていますので、教室内では既に期末テストに向けて新たな目標を決めて授業に臨む姿が見られます。期末テストも成績アップの声が多くなるよう教室スタッフ一同全力でサポートしていきます!

今回のテストは、前回比較で20点アップ・28点アップ・29点アップ・41点アップをはじめ、目標にしていた90点クリア、5科合計430点クリアなど、本当によく頑張りました! 

2018.05.01

新学期が始まって約1カ月が経ちました。
新中学1年生や高校1年生は、新生活に慣れようと思いながら過ごしているうちにあっという間の1カ月だったと思います。
その他の学年の方は、クラスが変わって、実テや体力測定等の学習面以外の事が多くある4月は比較的早く過ぎたこと思います。

そして5月。
新しい学年の学習も本格的に始まってくると同時に、殆どの学校では5月中旬から下旬にかけて"今年度初"の定期テストが実施されます。
範囲が広い狭いに関わらず、1学期の学習は2学期以降に繋がる部分を学習しますので気を抜かないようにしましょうね。
数学では、1学期の基本的な計算内容は2学期以降の関数に影響してきます。時間を掛ければ解ける...ではなく、早く正確に解けるようにしておくことで、"考える"タイプの問題に時間を割くことができます。高得点を狙うには今も昔も 基本が大切 なのは変わりありません。
英語は、既に学習し終わっている前学年までの内容に加えて新しいものを学習します。学年が変わると急に難しく感じるのも英語の特徴ですが、覚えなければ先に進まない部分も少なからずあります。記述問題に向けて単語や語句表現などは読めて意味が分かるだけでなく、書けるようにも練習しておきましょう。

定期テストといえば...
テスト当日等に提出する 提出物 ですね。
テスト範囲が出るまで「範囲が分からないのでやってない」という事はありませんか?
確かに、範囲が発表されていないので《どこまでやれば良いのか》という最後の部分は分かりません。
でも、《最初の部分~直近まで》に学習している範囲は定期テストの範囲に入っているはずです。
ということは、少しずつであっても復習を兼ねて学校の提出物に触れ始めておくことが、テスト前に焦らない一番のコツですよ。
テストまで時間の余裕がある時に「ココ分からへんねん」に気づくことが出来れば、解決する時間も十分にあるのでその範囲の得点を十分に上げることが可能ですよ。