江古田駅前教室

Tel:0800-170-2505

  • 〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-63-6 ロジェ・ヌワール 2F-A
  • 西武池袋線/江古田駅 北口 徒歩2分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2012.10.29

こんにちは、ホシノです。

10月31日はハロウィンであります。

日本人にはあまりなじみのない宗教行事ですが、ここ数年は様子が変わってきているようです。

ド○キやロ○トには仮装グッズが並び、お菓子屋にはカボチャを使ったお菓子が並んだり、そうこうしているうちに商業的イベントとしてハロウィンが浸透してきたんですね。

商売する側の努力の賜物ですなあ。

まだクリスマスやバレンタインほどではないでしょうが。

仮装の方も、こちらはハロウィン関係なしな気がしますが、なにやら盛り上がっているようです。

ま、日本には年中ハロウィン(=コスプレ)な街もありますからね。

ワタシがハロウィンを知ったのは小学生の頃ですね。

映画「E.T.」で登場人物が揃いも揃って妙な格好していたシーンがありましたが、映画みた当時はなんのことやらさっぱりでしたわ。

それから高校生になって、ドイツのメタルバンド、ハロウィン(スペルはカッコよくHELLOWEEN)に出あい、その意味を知りました。

あと、ラジオの英会話でハロウィンを題材にしていた時がありましたね。

それぐらいですな。

全くハロウィンとは無縁の生活でしたね。

大学は英語専攻だったものだから、この頃からちょっとはハロウィンを体験しましたね。つってもコスプレして酒のむだけでしたが。

そもそもコスプレって言葉もこの当時はあまり一般に使われてなかったよなあ。

このコスプレという言葉が一般に受け入れられた頃から、ハロウィンが浸透してきたように思います。

それがだいたい90年代後半から00年にかけてではないかと。

多くの日本人がハロウィンを知るきっかけになったのは、ひょっとすると92年に起きた事件じゃないかと思うのです。

あの事件をきっかけに、日本とアメリカの文化の違いを痛感し、ついでにハロウィンなるイベントを知った人て多いんじゃないでしょうか。

大学でも銃規制についてなんやかんやと話し合っていたものです。

今年もハロウィンパーティの最中に女の子が間違って撃たれたというニュースがありました。

いろいろ思うところはありますが、日本はやっぱり平和やなと。

いいところ、楽しいところは取りいれて楽しんだもの勝ちなんですな。

さて、当教室は10月の30日と31日は休館日です。

ハロウィンだからといってお菓子をもらいに教室に来ても、中に誰もいませんよ。

11月1日に会いましょう。

ではまた。

2012.10.20

みなさんこんにちは、ホシノです。

先日、近所のスーパーで特売やっており、サンマとサツマイモが安かったので迷わず買いました。apple

サンマは塩焼き、イモは甘辛く煮付けて美味しくいただきました。

いや~、秋を実感しますねあ~。

いろんな食べ物が実り、店頭に並び、我々を楽しませてくれる時期になりました。

ワタシの中で秋の三大味覚は、サンマとサツマイモ、そしてリンゴであります。

サンマとサツマイモはいただいたので、あとはリンゴを食えば、この秋思い残すことはもうありません。

しかしここ数年、美味いリンゴを食ってないんですよね。

買うリンゴみんな食感がな~んかモソモソしてて。

硬い、身のしっかりした食いごたえあるリンゴを欲しております。

リンゴをかじると歯茎から血が出る。なぜならこれがあく(ry

このフレーズ、元ネタはハミガキのCMで使われていたんですよね。

確か幸せな若大将がリンゴかじってたように記憶しております。

ここ数年ワタシが食べているのは、このリンゴじゃ歯茎から血なんかでねーよ、と思うぐらいモソモソしてんですよね。

硬いのがいいといっても紅玉だとちょっと酸っぱいんでね、遠慮したいところ。

青森県南部及び岩手県地方において紅玉のことを(ry

・・・ともあれ、いろんな品種のリンゴが店頭に並びますからね、これまであまり意識して選んでなかったんだけど(それがいかんのやろ)、今年こそかつて食ってた美味いリンゴを食いたいと思ったのでした。

 さて、実りの秋はなにも食い物に限ったことじゃございません。

勉強も然り、です。

学校内のテストであれば、一夜漬けなりで短期間で一時的にグンと点をあげることは難しいことではありません。

しかし、受験勉強の場合、簡単にあがるものではありません。

夏に頑張った成果が、数字にあらわれるのが秋頃なんですね。

 夏に必死で勉強したのに、例えば英語長文が読めないまま、なんて日がしばらく続いていたかもしれません。

しかし、そこでくさらず勉強を続けていれば10月、11月に入って、急に何か憑き物が落ちたように「できた!」と実感するようになります。

これ、マジ。

食べ物と一緒で、栄養分が自分の体のものになるのに時間がかかるのと同じですね。

誰が言ったか、受験は○○○に似たり・・・と。

あせらず、着実に積み重ねていけば、必ず実を結びます。

頑張りましょう。

ではまた。

2012.10.10

こんにちは、ホシノです。

すっかり秋らしくなりましたね。

先日、近所のスーパーでサンマが1尾88円で売られていたので、迷わず購入、さっそく塩焼きにして美味しくいただきました。

特売日だったわけで、それ以外の日では1尾128円。今日も128円でした。

やっぱり今年は不漁なのか・・・

あとどれだけ美味いサンマが食べられるのでしょうか?

さて、サンマは秋が旬であり、漢字で書くとタイトルの通り、秋の刀の魚となります。

名は体をあらわすとは言いますが、上手いこと考えてますね~。

秋の代表的な魚と勝手に思ってるもんですから、魚へんに秋でもいいんじゃね?とふと思ったのですが、それは鰍(カジカ)という魚になるんですね。

魚の漢字表記には、その魚の特徴をうまくあらわしたものもあり、その成り立ちを考えることは、けっこう楽しいものです。

有名どころですがいくつか例を挙げてみましょう。

鰯(イワシ)
陸に揚げるとすぐに弱ってしまうところから来ているという説があるそうです。
養殖魚のみならず、家畜の飼料や肥料にまでされるという、なんとも弱い立場に立たされている魚ですね。
しかし、刺身によし、煮られても焼かれてもすり潰されても存在感を示してくれる、逞しいヤツなんです!

鯖(サバ)
いわゆる青魚は他にもいろいろあるんですけどね、代表格とされてるんでしょうね。
秋サバは嫁に食わすな、という諺がありますが、嫁のいないワタシは秋サバ独り占めですな。
だけどそろそろ秋サバを一緒に食べてくれる嫁が欲しいです。(´・ω・`)ショボーン  

鮃(ヒラメ)
これも名は体をあらわす例ですね。そのままんまですわ。
で、体型がそれに近いカレイはどう書くかというと・・・

鰈(カレイ)
「枼」は葉に由来し薄いものの意味なんだそうです。
一般に「左ヒラメ に右カレイ」と言われている通り、一部例外がありますが、腹の部分を手前にして目が左にあればヒラメ、右にあればカレイになります。
ま、顔みりゃヒラメかカレイの見分けは簡単なんですけどね。
ヒラメはギョロ目で、口もごついでっせ。
  
と、他にもいろいろありますが、長くなっちゃったので、今日のところはこの辺で。

魚に限らず漢字はそれぞれ意味を持っています。

それを考えながら覚えるようにすれば、漢字の勉強も「ただ読んで書いて覚えるだけ」というものでなくなり、楽しく身につくんじゃないかな、と思います。

ではまた。

 ♪

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080