亀戸教室

Tel:03-5875-0019

  • 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-43-2 ドルミ亀戸201号室
  • JR総武線/亀戸駅 北口徒歩7分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

2013.03.20

先日大笑いしてしまったうちに来ている生徒の中2の定期テストの問題です。
なかなかユニークというか、ぎりぎりアウトのような(歌詞が)

フレディ・マーキュリーのBorn to love youの歌詞で 受動態を扱った問題です。

I ( A )to love you
With every single beat of my heart
Yes, I ( A )  to take care of you, ha
Every single day...
Alright, hey hey

I ( A )  to love you
With every single beat of my heart
Yes, I ( A ) to take care of you
Every single day of my life

You are the one for me
I am the man for you
You  ( B )for me
You're my ecstasy
If I ( C  )every opportunity
I'd kill for your love

So take a chance with me
Let me romance with you
I ( D ) in a dream
And my dream's come true
So hard to believe
This is happening to me
An amazing feeling
Comin' through -

ア was born   イ was given  ウ am caught  エ were made
 

こんな感じだったかな(笑)

その生徒さんはちゃんと全問正解でしたが(笑)

ちなみにこの学校の3年生は夏休みの宿題でThe Nightmare Before Christmasという絵本の和訳があったりで
宿題見てあげるのに3時間以上もかかって、私がNightmare だっちゅうねん!
あのティムバートン系のアニメーションを見ると過呼吸になりそうになるというトラウマが今も。。。。。


定期試験対策も大変です↓


@休日にまったりくつろいでいる教室長
 

2013.03.20

平成25年度の都立入試の結果について結果だけでは見えないことがあるので、少し書いてみることにしました。

まず推薦は3名中2名合格は大満足です。

残念ながら不合格1名を出してしまったのですが、スポーツ推薦なのに調査書の配分が異常に大きいという何を考えているかわからない状況だったので致し方ないと考えています。

合格者2名中1名は、調査書の基準に達していたので、面接の心構え等の対応で無事合格。

もう1名は調査書の基準点には全く達していなかったのですが、調査書の配分が低かったこと、本人の学校への思いがすばらしかったことで無事合格することができました。

一般試験では10名中7名合格という結果に終わりました。

全員の合格を確信していただけに本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

Vもぎの模試の結果としては
ほぼS判定だった2名が合格
BからC判定だった1名が不合格
CからE判定だった7名中5名が合格、2名が不合格

この結果から、S判定以外では、過去の結果はあまり関係ないことがわかります。
いかに本番できちんと実力通りの点数を取れるかが決め手になります。
各学校から送られてくる点数の結果を聞いて痛感させられます。


内申に関してもそうです。
基準より下でも受験で自分の実力を発揮できれば多少のアドバンテージは覆すことができます。

うちの教室では、内申26で5教科で377点とった生徒や内申23で英語を84点とった生徒もいます。

自校作成の墨田川高校に関しても基準より低い内申31でも2名合格することができました。


ここで誤解しないで頂きたいのは、無謀な受験は決してさせません。
真の実力を判断した上で受験して頂きます。
Vもぎの結果も内申の結果も入試直前までの過程でしかないのですから。

あとはミスリーディングを避けるために話しておきたいことは、うちの教室はほとんどが中3の8月からの入塾する生徒が多く、内申が入塾後にだいたい2から7くらいまでしか上げられないので、全体的に受験時の実力より内申が低いです。
また、講習の参加に関してかなり自主性を重んじています。
講習を入れて早めに受験対策を行うか、あまり講習を入れずギリギリまで受験対策を行わないかによって、Vもぎの結果も自ずと変わっていきます。

毎年思うことなのですが、何事も早めの対応です。
それが精神衛生上一番いいです。
それでも、本番で実力通りの結果が出せない生徒もいるという現実があるのも事実ですが。。。。
倍率が1倍以上あることは、試験に落ちてしまう生徒は必ずどこかに存在します。

当教室は、従来通りのやり方で来年も第一志望全員合格を目標に頑張っていきます!

@教室長