亀戸教室

Tel:03-5875-0019

  • 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-43-2 ドルミ亀戸201号室
  • JR総武線/亀戸駅 北口徒歩7分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

亀戸教室からのメッセージ

2019.02.24

都立高校入試お疲れ様でした。
今回は、去年が易しすぎた分、全体的に難化しました。
個人的な見解ですが、偏差値60前後であればそこまで難しく感じないですが、偏差値50前後の生徒にはかなりしんどく感じられたような気がします。
【数学】
大問1は、2次方程式は解の公式、確率は3の倍数の考え方、角度は直径の円周角が分かっていれば大丈夫な問題でした。
大問2は、皆さんが苦手なn番目を利用した規則性も見つける問題。
問1は規則性が見つけられなくても選択肢なので代入していけば大丈夫。
問2は、正三角形の角度の利用に気付ければ、規則性が得意であればいける問題でした。
大問3は、1次関数での出題でした。
問2の②は、座標を表すのに文字を利用する問題。
文字を利用して△BAPを三角形ー三角形で表せればいける問題。
また、PBとx軸の交点で考えると難しくなってしまったかもしれません。
大問3は、問2②が相変わらずしんどい問題でした。
RCに補助線引き、平行四辺形ABCDの面積を1とおいて、相似、底辺比を利用して細かく分割して解ける問題でしたが、時間を考えると厳しいかもしれません。
大問5は、問2の空間図形の体積を求める問題が底面、高さをどこを使うか、勘違いしやすい問題でした。
△BCDが直角三角形だと楽勝なのですが、正三角形なので、Pを頂点と考えられればいける問題でした。
平均点は60点前後くらいを予想しています。
【英語】
出題パターンは一緒ですが、例年より、難しく感じました。
関係詞、接続詞等で意味を取りにくい文章が多かった事や単語レベルが少し高かったからでしょうか。
設問も例年より正解を見つけにくい問題が多かったと思います。
ただ、英作文は比較的書きやすかったのではないでしょうか。
平均点は60点前後くらいを予想しています。
【理科】
ひねった問題は少なく比較的取りやすい問題が多かったです。
大問1は、北の空の星の動き、屈折角、反射角の考え方が注意する問題、他は基本知識。
大問2は、食塩水の蒸留はちょっとひっかけ問題、血小板は意外と忘れやすいですが、他は基本問題。
大問3は、地震の速度の計算がわかれば、他は基本問題。
大問4は、遺伝の問題ですが、問3で場合分けをしっかりできれば、他は基本問題。
大問5は、皆さんが苦手な完全に反応しない問題。混合物質の減少分が酸素で、定比例の法則で酸素と反応した酸化銅の比がわかれば、反応していない酸化銅(黒い物質)の量がわかる問題でした。
平均点は60点前後くらいを予想しています。
【社会】
全般的に細かい知識を問う問題が多く、中学生には難しく感じる問題が散見されました。
大問1は基本的な問題。
大問2は、少しやっかい。日付変更線を超える空路の時差は皆さん苦手。問2も海流で判断しながら、北欧のさばや南米のかたくちいわし(アンチョビ)の知識があるといけるかなという感じです。
問3はアンコールワットがわかればできるかなという問題。
大問3は問1は宇宙開発で種子島、昆布やうにで北海道まではいけるが、淡路島、佐渡はもう少しヒントが欲しかったなという問題。
大問4は、問2のアユタヤを知ってるかがきついかなという感じです。記述は再開発のイメージがポイント。
大問5は記述の増加割合に着目という問題文が理解できるかがポイント。後の問題は数学ですね。
平均点は60点前後くらいを予想しています。
国語は別途講評させて頂ければと思います。
追記【国語】
漢字は例年並み、
読解は内容は少し理解しにくい文章が多かったように感じました。
ただ、設問は根拠を見つけるのが難しかったものの、消去法で考えると正答を見つけやすかったのではないかと思います。
平均点は60点前後でしょうか。
全体で平均は300点前後になるのではないでしょうか。


2018.02.26

今年の都立入試は、全般的に例年並みもしくは少し易しくなったように感じました。
【数学】
大問1は、気になる問7が予想通り相対度数、角度、作図が拍子抜けした典型的な易しい問題。
大問2は、昨今にみられた規則性を見つける少し難しめの問題から典型的な図形問題になりました。
文字式の証明と円柱の表面積の考え方がわかっていれば易しい問題です。
大問3は、変域も嫌がらせなく、問2以降は、中点を座標で考え、座標を文字式で表す考え方さえわかれば、
②はやっかいでしたが、なんとかいけそうな問題でした。
大問4は、角度の計算、証明は簡単。②は45度をうまくヒントに使いこなせるかがポイントでした。
二等辺三角形の相似比、面積比、三角形の底辺比の考え方がわからないと厳しい問題でした。
大問5は、絶対にとりたい角度問題と慣れないと難しい相似比を利用して高さを求めて体積を求める問題。
今回平均点は65点前後までは、いっちゃうかもしれませんね。
【英語】
昨年に続き、Eメールに挿入する条件付き自由英作文。
ただでさえ英作文が苦手な人が多いのに、この形式は厳しいですね。
差がつくところは、英作文だけかなという印象です。
全般的にマークシートの影響もあって、易化してきています。
今年よく話題になるAIをテーマに入れてきました。
平均点は55点前後くらいでしょうか。
【理科】
全般的に分野ごとの基本知識がしっかりしていれば、ほぼ解けてしまう問題が多かったです。
ただ、大問5の電気分解や電池、大問6の電流と磁界は、苦手な人が多いので、そこで差がつくかもしれません。
特にフレミングの法則、誘導電流の問題は、難しく感じる人が多いかもしれません。
平均点は60点くらいでしょうか。
【社会】
基本的な知識と考察力、分析力で解ける問題が多かったです。
一般常識的なものから推測していけば解ける問題も多いのが印象的でした。
記述が苦手な人が多いので、そこが差をわけるポイントになりそうです。
平均点は55点前後くらいでしょうか。

平均点に関しては、私立実質無償化の影響で、正直読めないことがありますが、
全体的に易しく、落ち着いてミスしない力と推測して解く力があればいける問題が多いと感じました。

受験お疲れさまでした。
結果楽しみにお待ちしてます。

2017.07.14

いよいよ来週から夏期講習期間に入ります。
講習期間は、いつもと違う時間のため遅刻してしまう生徒が多いのが、結構な悩みの種です。

ただ、今思い出してみると面白すぎて笑ってしまった事も多いです。
その中のベスト3です。

1位は、朝起きると部屋が突然アリの大群の通り道になっていて、アリを駆除していた。。。。(怖)
2位は、朝起きると部屋の窓の下に捨て猫を発見し、子猫達を保護していた。。。。(涙)
3位は、塾に行こうとしたら、蛾が自転車に止まっていて、蛾が飛び立つのをじっと待っていた。。。。(???)

他にも私を笑わせてくれるために遅刻しているのかと思った事が多々ありますが。。。。(汗)

なるべく5分前には来てね!

2017.05.29

中学生になって算数が数学に代わり、やっかいなのがx,y,a,b,π等の文字の登場です。
6年になって比例反比例を習う時に出てくるのですが、本格的な登場は中学生になってからです。
生徒と講師の中で一番温度差があるのは、文字の考え方です。
文字がなぜ登場するのか。
それは便利だからです。
便利なのが、本質的にわかってくれば一気に得意になります。

まず最初に方程式等、未知数を求めるときに便利だからです。
次に円周率π、半径r、高さh等、公式や立式するのに便利だからです。
更に次に関数等、変数(媒介変数も含め)を使って考える時に便利だからです。
最後に偶数を2mで表したり二桁の整数を10x+yで表したり、一般化するのに便利だからです。(この一般化が苦手な生徒が多いです)

単位を含めて、数学等で何気なく使っている文字ですが、
文字・記号のない世界を想像してみて下さい。

等式の性質もそうですが、当たり前のように使っていますが、
等式の性質を本質的に考えている生徒は多くありません。

当たり前のものの重要性を意識していくと、
今の人生の中で、きっと感謝する事が増えていくでしょう。

2017.05.25

先日、高校時代の友人の作家さんの新作発表を記念した「トークショー」に行ってきました。
会うのは約2年ぶりで、焼き肉を食べにいった以来です(笑)
友人のトークショーというものを見に行くのは、少し恥ずかしい気分でしたが、
内容も面白く、大変楽しませて頂きました。
東野圭吾さんにタイトルを突っ込まれた話が面白かったですね。

いち観覧者として、友人の輝く姿がとても眩しかったです。
今週「王様のブランチ」にも出演ということなので、それも楽しみにしています。

トークショーの後、一緒に参加した友人と食事にいったのですが、そこで出たのが娘さんの中学受験の相談。
今6年生だそうです。
中学受験に保護者がどう絡んでいくか、正解は一つではないですが、絡み方を間違えると失敗してしまう事が多いです。
具体的なアドバイスとともに、エールを贈りました。

夢を叶え続ける友人、中学受験に苦悩する友人。
みんな自分に与えられた時間の中で、自分の人生をしっかり生きている。
私の時間だけが一瞬止まったような気がしました。

与えられた時間の中で、もっと時間を大切に進めていこう。
毎日がもっと素敵な日であるために。
と思う教室長でした。

追記
この小説の中で、私と同姓の人物が出てきて、錦糸町のキャバクラで殺害されてしまいます。
この小説はフィクションで、架空のものであり、実在の人物とは一切関係はありません(笑)