荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2014.05.01

こんにちは!
前回に引き続き国語担当のTです。
文章を読む習慣がついたら次のステップに進みましょう♪
 
テストの時、何回も問題文を読み返すことなく一回読んだだけで理解できたら、
これほど時短になることはありませんよね。一見難しく感じるかもしれませんが、大丈夫!
コツを掴めばみんなできちゃいます☆
 
文章問題を解く方法は人によってやり方は様々ですが、私は最初に文章を一回読んでしまうことをオススメします。
実際のところ小問の順番は問題文の順番に沿って構成されていることが多いので、
小問を先に読みながらその順番ごとに解いていく方法もあります。
しかし問題の難位度が上がっていくにつれてその理論は通用しなくなっていきます。
だからその時のためにも最初からどんな問題でも解けるようにやり方を考えなければなりません。
 
文章の読解力を上げるためのコツは要点を掴むことです。
筆者はこの文章で何を伝えたいのか、この問題は何を読み取って欲しいのか、
おおまかにでもそれだけ把握できれば、問題に入ってもすんなり問われている内容が理解でき、答えを導けます。
まず文章を読み始めたら気になる所に印をつけましょう。
最初から一回で文章を理解できる人なんていません。
でも印をつけておけば、たとえ何回読み返すとしても重要なところだけ無駄なく確認できます。
「そんなこと言ったって印をつけるところすらわからないよ!」という人もいると思います。
国語は積み上げ方式で徐々に成績が上がっていく教科です。
何回も間違えて、直して、勘が鍛えられていくのです。
問題を何回もやっているうちに理解できるようになります。
そして国語は同時に本気で取り組めば必ず成績が上がる教科でもあります。
前回も紹介しましたが取り組み方は様々です。
小説文は特に読んだことがある作者だったりすると親しみを感じ、文章に読み慣れているので解きやすくなります。
 
 
自分の得意なこと、苦手なことを認識することは国語に限らずどの教科を勉強する上でも大切です。
また楽しんで学習していくことも同じくらい大切です。
いくら成績が良い人でも続けられなければ意味がありませんよ。


無料体験のURLはこちら→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

ぜひ1度城南コベッツ荻窪教室へ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080