荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2014.10.30

こんにちは(^^)引き続き講師のS・Kです。
 
さて、お待ちかね!?の答え合わせです。
 
*方言クイズ答え*

①…「きんかんなまなま」とは、雪が凍って道がツルツルの状態のことを言います。

 「今日、雪降って道きんかんなまなまやから」という風に使います^^

②…これは「男がいるところに女がいるな」という意味です。

③…これは「縞(模様)にしなさい」という意味です。

 ①は最近ではほとんど使われない古い方言ですが、(私は使ったことも聞いたこともありません笑)
県民の間でも意味が分からないで有名な方言です(^^)
 
金沢弁は「~しなさい」という時に「~しまっし」や「~せーま」というので②や③の方言になるわけです(^^)/
 
さらに方言といえば、石川の人は
歌の1番2番を「1題目」「2題目」と言い、
「傾いてる」を「かたがってる」
「靴のかかとを踏んでいる状態」を「ズッパ」
「煩わしい、面倒くさいこと」を「いじっかしい」
「くすぐる」を「こそがす」と言ったりします。
 
こちらはまだまだ現役の方言。これらは東京にいても直りません(笑)
 
最後に、石川県の県民性についても一言。
 
金沢は加賀百万石と言われる前田利家の統制下におかれた城下町です。(
何年か前に「利家とまつ」という大河ドラマが流行りましたね) 
そのため、石川県の人はおっとりしている、プライドが高い(同じ北陸の福井や富山を下に見る傾向があります笑)、
内輪社会を作りがちといわれます(笑)
 
なんだかあまりよくない県民性ですが、
来年には北陸新幹線も完成するのでぜひ石川を訪れてみてください!
特に金沢駅は世界でも美しい駅として有名なので一見の価値あり^^
 
さて、いかがでしたか?
コベッツには私意外にも地方出身の先生がいるので、各地の方言を聞きだしてみたらどうでしょう!


無料体験のURLはこちら\(^o^)/→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

2014.10.28

こんにちは!
最近はすっかりK・H先生のブログのようになっていますが、お久しぶりです講師のS・Kです。
 
いきなりですがみなさん、都道府県、全て言えますか??
正直、コベッツの中学生(高校生も…!?)は全て言えない子が多いです…
 
それにしても、都道府県ってただひたすら覚えていてもつまらないですよね…
でも、実際に訪れてみたり親戚が住んでいる県名ならすぐに覚えられると思いませんか?
地理に関わらず、暗記科目は体験や面白い話と結びつけるとぐっと覚えやすくなる経験、皆さんにもあると思います!
 
そこで今日は私の出身地である石川県について(勝手に)紹介します(^^)
 
石川県と言われてどこにあるかすぐに思いついたでしょうか?
日本の真ん中あたりで1つだけ北に飛び出している県…ありますよね?それが石川県です。
ちなみに、県庁所在地は金沢です。よく小京都金沢と呼ばれます。
 
正直、石川県は観光地で勝負してもインパクトに欠けるので(笑)
今日は面白い方言についてお話します!
 
*またまたいきなりですが、金沢弁クイズ!*
 
  • きんかんなまなま
  • おとこおっとこにおんなおんなま
  • しましまにしまっしま
 
…みなさんこの意味分かりますか??
まるで早口言葉のようなこの文章、ちゃんと意味があるんです。
 
石川県のことについて話すと長くなってしまうので、
次回答え合わせにします(^^)/
次回の更新をお楽しみに☆


 無料体験のURLはこちら\(^o^)/→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

2014.10.25

みなさん、こんにちは!講師のM・Iです。
 前回のつづきからお話ししましょう。

 前回は、不定詞の形容詞用法は、そのパターンによって前の修飾する名詞が入る場所が変わるのだと話しました。
さて、これはどのような場合に読解に役立つのでしょうか?

 それでは下の例題を見てみてください。

例題1)以下の問に答えよ
  Tom knows the person to play baseball.
 問 Tom plays baseball. (True / False)

例題2)以下の問に答えよ
  Tom knows the person to play baseball with.
 問 Tom plays baseball. (True / False)

それぞれの答えはどうなりますか?答えは例題1がTrueで例題2がFalseです。なぜ答えが変わるのでしょうか?
前回の例3をもう一度思い出してください。例題1の文章ではplayの意味上の主語はthe personになるので、
Tomは野球をしていないことになります。一方例題2の文章ではthe personはwithの目的語になっているので
playの意味上の主語は主文の主語に一致する、つまりTomがplayの意味上の主語を兼ねるわけです。
よってTomは野球をしている文章になります。

いよいよ気づいてきたでしょうか?withという前置詞一つによって問題の正誤が正反対に変わってしまうのです。
正誤判定問題は多くの大学で読解問題の頻出パターンです。
正誤判定問題でなくても、選択肢を精査する際に狙われるかもしれません。
そしてその問題を解くためには、不定詞の形容詞用法についての正確な知識が求められるのです。

ここまで話して「英文法ってやだな…」と思ってしまうかもしれません。
ですが心配はいりません!私たちが日本語文法を理解できるように、英文法も繰り返し訓練をすることで必ず身に付きます。
城南コベッツ荻窪教室では、英文法でも、それ以外の教科でも楽しく勉強できる環境が揃っています!
皆さんと勉強できる日を心よりお待ちしております。


無料体験のURLはこちら\(^o^)/→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

2014.10.23

みなさん、こんにちは!講師のM・Iです。
前回のブログでの訳は皆さんできましたか?では答え合わせです。
 
例2)
  Tom knows the person to play baseball.
→トムは野球をしている人を知っている。
Tom knows the person to play baseball with.
 →トムは一緒に遊んだ人を知っている。
 
 みなさんの訳はどんな風になりましたか?不定詞をざっくりと「~すること」と覚えている人はできなかったかもしれません。
またそれぞれの文章の違いがよくわからなかった人もいるかもしれませんね。
 今回の文章は不定詞の「形容詞用法」が使われています。これは不定詞の前にある名詞を修飾するものです。
ここでは、修飾の仕方が前の名詞と不定詞との関係性によって3パターンあるということがポイントです。

それぞれのパターンは
  • 主語と動詞の関係 
例)the person to ^ visit Osaka. 大阪を訪れる人
  • 目的語と動詞の関係 
例)something to drink ^. 何か飲むもの
  • 前置詞の目的語の関係
   例)the place to go to ^. 行くところ
になります。それぞれ ^ のところに修飾する名詞が入るわけですね。今回の例文の場合、名詞はどこに入るでしょうか。
 
例3)
  Tom knows the person to ^ play baseball.
Tom knows the person to play baseball with ^.
 
このようになります。withというたった一つの前置詞によって、前の名詞が入る場所が変わることがよくわかります。一
文目ではthe personがplayの意味上の主語になるのに対して、二文目ではwithの目的語になっています。
 
 さて、ここまで話して、「結局細かい文法問題にしか役立たないじゃないか」と思った人がいるかもしれません。
これが読解にどのようにつながるのでしょうか?それは次回お話しましょう。


無料体験のURLはこちら\(^o^)/→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

2014.10.21

みなさん、こんにちは!講師のM・Iです。
最近冷える日が続きますね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので気をつけましょう!
 
さて、今日は英文法についてのお話です。
 
みなさんは英文法についてどんなイメージを持っていますか?
細かい、面倒くさい、覚えることが多い…そんなネガティブなイメージを持っている人が多いかもしれません。
また、英文法の問題は入試問題でも割合が多いわけではありません。センター試験を例にとっても、英文法問題は200点中40点ほどの配点であるのに対し、読解問題は140点ほどもあります。英検やTOEFL(注:海外留学をするための試験)、TOEIC(注:ビジネス英語の試験)に至っては文法問題がほとんどないケースも多く、中には「英文法ばかりやっているから、日本人は英語をマスターできない」とまで言う人もいます。
では、なぜ文法を学ぶのでしょうか。
 
英文法は、英文を読解する為にあります。こういうと「読解と文法は別ではないか」と思う人もいるかもしれません。ですが、英文法はあくまでも「読むための英文法」なのです。例を見てみましょう。
 
例1)
  Tom knows the person to play baseball.
Tom knows the person to play baseball with.
 
 皆さんになじみの深い「不定詞」を使った問題ですね。どちらも似たような文章ですが、それぞれ全く違う意味合いの文章です。さてどんな訳になるでしょうか?次回種明かしです。


無料体験のURLはこちら\(^o^)/→https://www.johnan.jp/covez_exp/?kosha_co_id=65

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080