大泉学園教室

Tel:0120-027-330

  • 〒178-0063 東京都練馬区東大泉1丁目26番12号 スクエア大泉学園3階
  • 西武池袋線/大泉学園駅 北口 徒歩2分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

大泉学園教室からのメッセージ

【城南コベッツ大泉学園教室】教室長の理科雑学講座36

2018.02.06

皆様こんにちは!!
成績保証の個別指導塾「城南コベッツ」大泉学園教室の丸山でございます!

本日は久々に教室長より理科の雑学をお伝え致します。
今日のテーマは「何故オシッコは黄色なのか?」についてです。

汚いと思うかもしれませんが、ヒトの体の仕組みですので、熱く語らせていただきます^^;

さて、オシッコというとその時毎に微妙な違いはあるものの、
基本的には黄色をしていますよね?

普段水ばかりの飲んでいたとしても黄色になってしまうのは何故なのでしょうか?
不思議ですね(^_^)

あの黄色の主な原因は、胆汁にある色素の分解物「ウロクロム」「ウロビリン」
水に溶けやすい性質を持っており、尿に混じってしまうからなんです!

また、食品に含まれる成分においても、トマトなどの赤色を出す成分のリコピン
コーヒーの褐色を出す物質は水に溶けにくいのに対して、
ミカン緑茶に含まれる成分は水に溶けやすいからという理由も大きく関係します。

ビタミン類も、身体に吸収すべき量を超えた場合には尿として体外に排出されますので、
栄養ドリンクなどを多く摂取した後は尿が黄色くなりやすいですよね!

因みにですが、リコピンなどの水に溶けにくい色素は、尿ではなく便として
体外に排出されますので、トマトを食べすぎるとう〇ちが赤くなりますのでご注意を(笑)

腎臓で一日に作られる尿は約160Lだそうですが、そのうちの大半が再吸収されるので、
実際に排出される量は一日当たり約1.5Lだそうですよ(^o^)

本日の雑学はいかがでしたでしょうか?
ご参考になりましたら幸いです^^

参考文献:眠れなくなるほど面白い科学の話

新着情報

カレンダー

アーカイブ