府中の森教室

Tel:042-314-0506

  • 〒183-0006 東京都府中市緑町2-33-13 土屋ビル1F
  • 京王線 府中駅・東府中駅 徒歩15分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2017.03.04

〔大学受験について〕   大学一般受験は、当たり前のようですが高三の一月から始まります。高三の夏ごろから塾に来て何とかなるというものではありません。必ず必要になってくる受験科目の英語に関しては、受験勉強に入る以前に、基礎学力がある!ある程度の単語力がある!という事が必須条件です。それがない生徒の場合は夏からでは間に合いません。また、「学校でそこそこの成績を取っているから大丈夫」というのも全く何の根拠もありません。通っている高校によって学力レベルは大きな隔たりがあります。そこを自覚する必要があります。   そしてもう一点、「私は公募推薦・AO推薦を目指しているので、勉強はそこそこすればいいです」という生徒が多数見受けられます。この考えは大変危険です。これらの推薦は受かってよし、受からなくてよし、というスタンスで望んでもらいたいです。「推薦で受からなかったから今から勉強して一般受験します」というのでは、遅いです。またダメなら一般でという考えがもとよりあったとしても、そこに甘えがないかどうか自問自答してもらいたいです。  また、せっかく高校受験で身に付いた勉強習慣が消えてしまう事は、大変もったいないことです。その上、各教科は中学の非ではないほど難しくなります。中学卒業後も引き続き当塾に通い続けている生徒は、高校に入ってからの成績は安定して、学校の中では上位にいます。部活動や校内活動が忙しくなったり、通学時間が中学よりも長くなりますので、時間が難しい生徒は週1回で通ってきています。その場合は、学校のプリントや試験対策など分からない単元を教科の隔たりなく持ってきて、先生に教えてもらい理解して帰っていきます。  大学受験となったときに、希望学部によって生物・化学・物理の選択ということになってきます。今までによく見受けられるケースは、高3になって急に「必要だからなんとかしなくては」と入塾されるのですが、この3科目においても、もともと苦手な場合は受験合格レベルまで達するのは短期間では難しいことが多いです。こういう生徒は、当塾では臨機応変に通常授業に織り交ぜたりして対応しています。もちろん必要であれば生物・化学などの科目受講も可能です。  最後に、講師陣はセンター試験を経験した優秀な大学生ですので、生徒にとって身近な先輩です。進路・部活動・生活面などの相談を気楽にしている姿は大変微笑ましいです。こういった環境も生徒にとって、とても役立つと感じています。満足のいく大学受験をするために、高1高2生も早い段階で将来を見つめて、高3になって慌てずにすむように考えて勉強を続けて欲しいものです。