府中の森教室

Tel:042-314-0506

  • 〒183-0006 東京都府中市緑町2-33-13 土屋ビル1F
  • 京王線 府中駅・東府中駅 徒歩15分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

府中の森教室からのメッセージ

大学入試改革

2018.04.04

2021年1月から「大学入学共通テスト」がスタートします。新高1生から対象となります。
現在のセンター試験からの大きな変更としては、これまでのセンター試験になかった記述問題の導入と、英語について4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価することが挙げられます。
また、新テストの導入にあたっては、「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」を中心に評価されます。早い目の対策が必要です!!
大学入試改革の概要
大学入試改革では、現行のセンター試験に代わって、以下の2 つの試験を実施する予定となっています。              ① 高校生のための学びの基礎診断
難易度としては現行の「高等学校卒業程度認定試験(高認:旧大検)」と同程度とされています。基本的には高校で学んでいる内容の確認テストという位置づけで、大学入試に直結する試験という位置づけではないですが、2023 年以降は推薦・AO 入試や就職活動に活用する形を目指しています。なお、2017 年5 月の発表で2020 年度以降、すべてのAO 入試で学力試験を必須化するとしています(その学力試験がこのテストのことを言っているのかどうかは不明です)。                                             ② 大学入学共通テスト
現行のセンター試験に取って代わる試験のイメージです。センター試験との違いは以下です。                     a.英語は2020~2023 年度は現行のマーク式と民間試験(4 技能検定)を併存させ、2024 年から民間試験(4 技能検定)に完全移行させる。入試に利用する民間試験は高3 の4~12 月の間の2 回まで。                               b.数学・国語で記述式問題を出題。※2024 年度以降は地理歴史や理科でも導入を検討。⇒現行のセンター試験に対し数学(60 分→70 分)、国語(80 分→100 分)と記述分が追加された形。                                       c.思考力・判断力・表現力を重視する。                                                      ③一般選抜
一般的には「一般入試」と呼ばれているメイン入試の正式名称に決定。実施時期を2 月1 日から3 月25 日に決定。現状で行われている1 月中の入試を禁止する。

新着情報

カレンダー

アーカイブ