山形錦町教室

Tel:023-615-1378

  • 〒990-0056 山形県山形市錦町15-35 山口ビル2F
  • 奥羽本線 北山形駅 徒歩10分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

山形錦町教室からのメッセージ

2018.03.09

DSCN0644.JPG

山形県公立高入試まであと1日となりました。

カウントダウン180日からスタートし本日で残り1日

春期、夏期、冬期講習と今日まで皆さんよく頑張りました。

明日,3月10日は「必ずできる」と自分を信じ最大限の力を発揮しましょう。

城南コベッツ山形錦町教室 スタッフ一同、皆様の成功を最後まで応援いたします。

2018.02.03

こんにちは! 城南コベッツ山形錦町教室です。

厳しい寒さが続いていますが、体調管理はできていますか?

高校三年生・高卒生はセンター試験終わり、一般入試も目前になってきました。 中学三年生も入試本番まで約一ヶ月です。 悔いが残らないように、ラストスパート頑張りましょう!

また、高校二年生の皆さんはセンター試験本番まで一年となりました。 来年に向けて、一度今年の問題を解いてみて、今の実力を知ることも良いと思います。

2018.01.14

現在、城南コベッツ山形錦町教室では、12月にご受験いただきました"県もぎ試験結果"を返却しております☆ 結果が返ってきたときによくありがちなのは、【志望校判定のみ見て全てを判断する】パターンが一番多い様な気がします。

確かに志望校判定結果も大切ですが、今回のテスト結果、思うような結果が出なかったのであれば、ぜひ ≪なぜ思った結果がでなかったのか≫ではなく、≪どうすれば合格するのか?≫とフォーカスを変えて考えてみてください。

なぜ質問を変えたのか?

それは、質問によって脳がフォーカスすることが変わってくるからです。

前者の≪なぜ思った結果がでなかったのか?≫と自分に質問すると、できなかった理由にフォーカスがあたります。 そうすると、脳は出来なかった理由を必死で探そうとしてしまうんです。

出来なかった理由を見つければ見つけるほど、モチベーションはどうなるかというと...下がっていきますよね??

子どもたちが勉強を嫌いになる理由、意外とこのフォーカスの当て方が原因になっていることが多いんです!!

・なんでほかの子はもっと点数が取れてたのに、うちの子は...?? ・平均点が高かったということは、点数がとれるテストだったのでは...?? ・なんでこんな簡単な問題を間違えるの??? ・どうしてうちの子はこんな問題も解けないんだろう?? ・ケアレスミスさえなければもっと点数取れるのに...!

誰でも1度や2度、こんなこと思ったことはないですか??

言葉は思考・感情から作られます。

上記の思考が悪いというわけではないんです。 これらの思考から出てきやすい言葉は"なぜ○○○?"、この○の部分はよく、できないことにフォーカスするような言葉がくることが多いんです。

脳って良くも悪くも、フォーカスをあてたこと・モノを探そうとするんです。

それなら≪どうしたらできるようになるのか?≫という質問に変えて、モチベーションを上げたり、前向きに考えられるような言葉をかけてあげた方が成績アップにつながりそうじゃないですか??

そして実際に、つながります!!

なので、ぜひ今日からフォーカスを質問を変えること、意識してみてください☆

2017.09.26

こんにちは! 城南コベッツ山形錦町教室です。

季節の変わり目で、天候が不順な日が続いております。こんな時は、学習することも大切ですが、それ以上に体調管理に気を付けましょう。
体調を崩すと、学習計画にも大きく遅れが生じます。 体調を崩してしまった場合は、ムリはせずにゆっくり休んで、体調を万全にしてから頑張りましょう!
予防こそが一番大切です。受験生のみなさんはこの季節を無事に乗り切ってください!

2017.07.21

こんにちは!城南コベッツ山形錦町教室です。
教科別の特性について 今回は算数、数学です。 算数、数学の特性は・・・『結びつき』です。 たとえば・・・小学校の分数、小数の掛け算、割り算ができないと 割合の問題ができません。 割合ができないと・・・中学に入ってから比の問題ができません。 比ができないと1次方程式がむずかしくなります。 といったように過去の躓きがその後の点数に大きくい影響する教科です。 夏休み、算数/数学復習してみませんか?