青葉台教室

Tel:0120-320-082

  • 〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-3-7 ラフィーヌ青葉台1F
  • 東急田園都市線/青葉台駅 徒歩3分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2013.05.30

こんにちは☆
城南コベッツ青葉台教室@教室長です!!



5月も終盤に差し掛かり、中学生の皆さんは
テストの季節になりましたねぇ。


前に暗記と睡眠というお話がありました。

そこで今日はどうしても徹夜をしないといけなくなったときの話をします。

でも、要注!!
徹夜といっても、やはり暗記には睡眠が不可欠なので、
原則としては徹夜しないことが大切です!!!!!

皆さんはレム睡眠をご存知ですか?


レム睡眠とは、簡単に言えば、眠りが浅く、目が覚めやすい時間のことです。

そしてレム睡眠は、90分に1回の周期で回ってきます。

レム睡眠中に目覚めるのが一番目覚めやすいので、皆さんは

1時間半、3時間、4時間半、6時間・・・・

といったような睡眠をとるようにしましょう。


あとテスト開始の1時間前には学校に着くようにしましょう。

「もったいないからギリギリまで寝る。」

と考える人が多いですが、それは間違いです。


人の脳は目が覚めてから2時間経たないと完全に働かないそうです。

特に数学や国語など集中力の必要な教科の日は、
早めに起きて、ウォームアップとして問題を解くのはどうでしょうか?


続きは明日になります。


【青葉台駅徒歩5分の個別塾!成績保証のある個別指導 城南コベッツ 青葉台教室 
    

 

2013.05.29

こんにちは☆
城南コベッツ青葉台教室です!!


いよいよ暖かいと言うより暑い季節になりましたね。
教室でも学習環境を意識してクーラーを付け始めました。

外からやってくる生徒たちは教室に入ると生き返ったような顔をします。
夏本番になったらどうなるのやら。。。汗

外は暑いですが、勉強に向けては熱い気持ちが欠かせませんよね!?!?

高校3年生はいよいよ部活の引退も近づき、受験勉強本番になります。
高校2年生は、もうすぐ高校生活の半分が終わります。少しずつ受験に向けて意識を高めていかなければなりません。

それぞれ夏に向けて学習のテーマや目標を持つことが、学習の質を上げていきます。

夏が終わったときどんな自分になりたいか?

理想像をイメージしつつ、夏の学習に挑みましょう!

 【青葉台駅徒歩5分の個別塾!成績保証のある個別指導 城南コベッツ 青葉台教室 
   

 

2013.05.28

こんにちは☆
城南コベッツ青葉台教室@教室長です!!



先週からちょこちょこ、「ノート」をテーマに書いてきました。

勉強する上で欠かせない道具、ノート。

ノートを取ること、ノートを使って復習する習慣を身につけることは
効率よく勉強したい人にぜひ取り入れてほしい学習方法です。

ポイントを総まとめしていきます。
読み逃したあなたも、コレを読めば要点だけでもわかっちゃいます!!


ノートを取る目的
学習した内容を、整理して記憶すること
授業中に学習した内容を自分にとって暗記しやすいように整理したり
覚え直す作業が苦手な人は、ぜひノートを取る習慣をつけましょう!

ノートを取るメリット
教科書や参考書以上に効率的なテキストをつくる
授業を聞いて取ったノートは、学習した単元の押さえておくべきポイントや
次の「テストに出るところ」が載った、最も効率的なテキスト。
ノートを取ることで、授業中も、テスト前も、とても効率よく勉強できます!

よいノートの取り方
自分にとって読みやすく、見やすい
自分にとってわかりやすい
自分にとって学習内容を覚えやすい

ノートを取るのも、つくったノートを使って勉強するのも自分自身。
「よいノート」とは、「自分にとってよいノート」です!

よいノートを取るコツ ① ② ③
ポイント①読みやすい文字で書く 
ポイント②色を活用する
ポイント③まとめスペースをつくる 

ぜひ、上記の内容を参考にして
自分に合ったノートの取り方を見つけてくださいね!


 自分ひとりではなかなか…


という人は、「城南コベッツ青葉台教室」へ。

あなたに合ったノートの取り方、一緒に見つけましょう!!


 【青葉台駅徒歩5分の個別塾!成績保証のある個別指導 城南コベッツ 青葉台教室 
   
 


2013.05.27

こんにちは☆
城南コベッツ青葉台教室@教室長です!!



さて、今日はさっそくですが「よいノートを取るコツ」
のポイント③をお送りします。


ポイント③まとめスペースをつくる
 
授業中にノートを取るにあたって
まず外してはいけないのは黒板に書かれた内容。
板書はきちんと書き写しておきましょう。
 
そして、黒板には書かないものの、先生の口頭説明の中にも
重要事項や勉強のヒントがたくさん隠れています。

 
たとえば、       ----------------------------------------------------
・参照するとよい教科書・参考書のページ
・先生が覚えてほしい=テストに出したいフレーズ
・テストでの出題の仕方(丸暗記?説明?など)
---------------------------------------------------------------------
 
これらの情報を知り、きちんと押さえているか
テスト前に確認できる状態かどうかで点数に差がつきます!

 
というわけで、授業中は先生の話をよく聞いてきてくださいね。
 
板書を写しつつ、聞き取った情報を書き足すわけですが
あとから見返したときにわかりやすいように
まとめスペースをつくることをおすすめします。
 
文字を大きく書いたり、広々と使いたい人は
ノートのページを見開きで使用しましょう。
左ページを板書用、右のページをまとめスペースにします。
 
ノートをコンパクトに使いたい場合は
1ページのうち1/3または1/4ほどのところで縦に区切り
板書用とまとめスペース用に分けて使いましょう。
 
まとめスペースは、授業中のメモ欄としてだけでなく
・英語・国語 → 単語の意味を調べて書く
・数学 → まちがえた問題をもう一度解き直す
このように、予習や復習をする際にも活用できます!
 
ぜひ、実践してみてください!!

次回はこれまでの総復習です!!
まとめちゃうぞぉー

 
 【青葉台駅徒歩5分の個別塾!成績保証のある個別指導 城南コベッツ 青葉台教室 

  

 伊予ノートのノートのののお

2013.05.26

こんにちは!!
城南コベッツ青葉台教室@教室長です♪

本日も無事このブログを更新することができました☆
 
さて、先日よりシリーズ化していま「よいノートを取るコツ」
ですが、本日はポイント②です!
 

ポイント②色を活用する
 

ノートに書きとめておく情報はさまざまですが
それぞれの重要度や暗記の優先順位がわかると
とても覚えやすいですよね。
 
特に強調すべきこと、覚えるべき事柄を書くときは
色をつけて目立ちやすくしておきましょう。
 
何色使って書くかは、個々人の好みや使いやすさによるので
「これが正解!」という決まった方法はありません。
 
赤一色だけを使って、シンプルに強調する人もいれば
何色も使ってカラフルに仕上げる人もいます。
また、授業中は鉛筆のみの黒一色でノートを取り
復習する際に重要事項に色をつけていくやり方もあります。

 
いくつかの色を使って書く場合には
「重要な年号は青、人名は赤」というようにルールを決めておくと
見やすさ・書きやすさがアップします。
 
いくつかの色が使い分けられているノートのメリットは
視覚的に刺激が多く、記憶しやすいことです。
 
ただ、たくさんの色鉛筆やペンを使いこなすには器用さが必要かも。
複数の色を使い分けることに一生懸命になって
書くスピードが落ちたり、授業の聞き取りができなくなるのはいけません。
 
ときどき、きれいにノートをまとめることに全力を注ぐあまり
ノートが完成すると満足してしまうケース(女子に多い!)が見られますが…

 
あくまで、ノートは覚えるための道具です!

多大な労力や時間を必要とするやり方はベターではありません。
 
聞き取った情報をその場で整理しやすい
あとで復習するときに見やすい・わかりやすい
大切なことを覚えやすい

 
この3点をスムーズに両立しやすい方法こそが
あなた自身にとって、ベストな書き方。

いくつか挙げた例を参考に、自分のパターンを見つけてくださいね!!
 
明日のポイント③に続きます! 


 【青葉台駅徒歩5分の個別塾!成績保証のある個別指導 城南コベッツ 青葉台教室 
  



 

新着情報

カレンダー

アーカイブ

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080