高校生の個別指導難関・薬学系大学受験(入試)対策

さらなる得点力の向上を目指す

難関大学・薬学系大学の受験と言えば、他の大学と何が違うと思いますか?
一般的には「物凄く難しくて細かい知識が問われる」というイメージではないでしょうか。

もちろん深い知識が問われる問題は多くなりますが、それ以上に「知識の確かさと思考力が問われる問題」が増えるのが大きな特徴です。膨大な、あるいは非常に限られた情報の中から問われていることの答えを見出し正確に解答する。

そのような力が求められるのが難関大学・薬学系大学の入試問題に顕著にみられる特徴と言えます。

難関・薬学系大学受験(入試)の対策

難関大学や薬学系大学に顕著にみられる「知識の確かさや思考力が問われる問題」には、一朝一夕では得ることのできない力が必要となります。

また、自分一人で学習するには、効率が極めて悪くなってしまいがちです(思考の幅を拡げるためには、自分では浮かばない他者の思考を採り入れることが重要だからです)。

城南コベッツでは、大学入試の指導を長年行ってきた城南予備校の知識とノウハウを共有しています。目のつけどころから、考え方、そして論述問題においては答案の添削まで、生徒の皆さんの状況に合わせたピンポイント指導ができるのが城南コベッツの強みです。
また、膨大な卒業生データから、合格した先輩の成績をもとに、指導を行います。