中学生の個別指導公立高校受験(入試)対策

対象科目
英語・数学・国語・理科・社会

さらなる得点力の向上を目指す

公立高校受験対策では、中学校で学習した内容に抜けやもれがないようにすることが最も大切です。また、都道府県により異なりますが、中学校での成績(内申点)も合否の基準として大きな割合を占めるため、日常の学習がとても大切です。

都道府県により、中学校のどの学年の成績が評価されるかは異なりますので、中学校入学時に公立高校入試について調べておく必要があります。

また、成績の中には主要5教科(英語・数学・国語・理科・社会)だけでなく、実技4教科(音楽・技術家庭・保健体育・美術)も含まれるため、注意が必要です。

公立高校受験(入試)の対策

城南コベッツでは、普段の学習の予習・復習を通して中学校での成績向上を第一に考えます。

定期テスト対策から授業の予習まで、さらなる得点向上を目指します

授業だけではなく、定期テスト前には対策プリントや勉強会を通じて更なる得点向上を目指します。また、現在の中学校の成績は絶対評価となっているため、授業時の態度や発言の回数なども成績を決める重要な指標となっています。
WEB学習システム「デキタス」や個別指導を通じて、中学校の授業の予習に取り組み成績を向上させます。

公立高校入試の対策では、より確固たる知識とその運用能力が必要です

公立高校入試では、多くの場合5教科の試験が課されます。
最近では一時期のような純粋な知識問題の出題は減る傾向にあり、理科や社会の試験においても考察や計算、図やグラフの読み取りなどが求められる傾向にあります。英語・数学・国語を含め、暗記科目と言えるような科目はなくなりつつありますので、公立高校受験生はより確固たる知識とその運用能力を身に付けておく必要があります。

城南コベッツでは模擬試験や日々の学習を通じ、苦手個所を個別指導で徹底的に反復学習すると共に、入試過去問や予想問題を通じて得点力を向上させる指導を行っていきます。
また、模擬試験結果と中学校での成績を踏まえ、出願面談も随時行っていきます。面接試験が実施される高校においては、模擬面接等の対策も行います。

他の中学生の受験対策も見る