中学生の個別指導難関高校入試対策

対象科目
英語・数学・国語・理科・社会

得点力の向上から面接対策まで

難関校と呼ばれるような一部の公立高校受験の場合、都道府県によっても異なりますが、高校によって難易度の高い問題が出題される場合があります。

また、公立高校入試の学科試験とは別に各高校で作成した問題が出題されることもあり、総じて難易度が高い傾向にあります。都道府県により取扱いが異なるため、事前の調査が重要となります。中学校の成績もほとんどの場合、オール5もしくはそれに近い成績が必要となります。

難関高校入試の対策

基礎学習は早めに終わらせ、独自問題や高難易度試験対策を効率よく進めます。

難関校と呼ばれるような公立高校の受験では、一部あるいはすべての入試問題で他の高校の入試問題よりも難易度の高い問題や、高校独自に作成した問題が出題されることがあります。

一般的に、通常の高校入試問題の難易度が低い都道府県では独自の入試を実施する事が多く、逆に通常の高校入試問題の難易度が高い都道府県では独自の入試が実施されない事が多くなります。出題内容としては中学3年間の内容からの出題ですが、問題の組み合わせ方や知識の組み合わせ方などがより複雑な事が多く、結果的に難易度が高くなります。

また、近年独自の出題をするようになった高校では、過去問のバリエーションが少なく、演習の回数も限られてしまいます。そのような場合でも、基本的には早い段階で中学校の学習内容を全て終わらせ、他の都道府県の似たような難関校の入試問題を通じて演習を行うと良いでしょう。

難関校の問題演習では、誤答の理由づけが最も大切になります。なぜ間違いなのか、どのような点を修正すれば正解となるのかを理解しながら学習する事が大切です。とくに問題の量が限られている場合には、個別指導を通じて一つずつ理解しながら学習を進めることで、結果的に効率よく学習を進めることができます。

徹底的な反復学習から出願面談まで行っていきます。

難関公立高校受験の場合には、公立高校受験よりもさらにレベルの高い応用力・知識の運用能力が求められます。城南コベッツでは、徹底的な反復学習と共に個別指導を通じて過去問演習に取り組み、得点力を向上させます。また、模擬試験結果と中学校での成績を踏まえ、出願面談も随時行っていきます。面接試験が実施される高校においては、模擬面接等の対策も行います。

他の中学生の受験対策も見る