姪浜教室

Tel:092-834-5972

  • 〒819-0002 福岡県福岡市西区姪の浜4-1-23 ピュアドームアリエス2F
  • 市営地下鉄空港線姪浜駅 徒歩8分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

姪浜教室からのメッセージ

2019年度入試 私立高校合格者報告 その1

2019.02.23

こんにちは、講師の黒河です。
今回から数回に分けて、今年の入試の合格者の報告をしたいと思います!
第1回目となる今日は、私立高校専願入試での合格者のご報告と紹介ですemoji

  • 【筑紫女学園高校 特進コース 合格】

~夏を境に激変~ Rさん
 Rさんは幼稚園から剣道を続けていて、中学では剣道部と勉強の両立を成し遂げました!高校でも剣道を続けたくて筑紫女学園高校への入学を目指して勉強をしてきました。
 もともと、「勉強は好きではない」と話していたRさん。入塾したときには、自分では勉強に取り掛かろうとしないとわかっていたので教室からは多くの宿題を出していました。特に毎日授業が入っている夏期講習ではたくさんの宿題に追われていました。しかし夏休みが終わる頃からは持ち前の粘り強さで大量の宿題をこなし、追加の課題まで終わらせることが出来るようになったのです!
 彼女の成長は授業時間内にも見られました。夏休み前は、授業中に時間を無駄にしているように感じられることもあったもですが、夏休みからは教室での授業時間の80分を最大限に活用することが出来ました。問題を解いては、なぜその問題で間違えたのかを講師と一緒に徹底して分析し、自分の欠点を克服していきました。

  • 【大濠高校 合格】

~たくさんの問題を演習~ Mさん
 「国語がなかなか伸びない...」と悩んでいたMさん。志望校である大濠高校の過去問を初めて解いてみてその難しさに驚き、目標点と自分の実際の点数とに大きなギャップを感じたのが11月の半ばでした。確かに大濠高校の国語の入試問題は文章量や問題文量が多く、とても高いレベルです。最初に解いた過去問で予想していた点数よりも低い点数を取ってしまうとそこでやる気と自信を失ってしまうことが多いのですが、Mさんは違いました。最初の点数からの伸びしろがたくさんあると考えて、とにかくたくさんの問題にあたることにしたのです。12月に入ってからのMさんの解いた国語の問題量は数え切れないほどです。毎回出す授業での大量の宿題を解き終えるのは当たり前。追加で分厚い問題集の半分を解いてきたこともありました!その量の多さと根気強さに講師は目が点になったほどです。
 そんなMさんが最後まで苦戦したのは、資料問題です。資料の読み取りは中学生にとって難しいものです。対策として、教室での授業では新聞や資料付きの書籍について資料の読み取り方、選び方を必死に勉強しました。
たくさんの問題を解いて努力した結果が、志望校の合格につながりました!

  • 【西南高校 合格】

~過去問を何度も解きなおし~ Wさん
 合格してからも、とても嬉しそうに教室で高校の内容の先取りと中学の内容の復習をしているWさん。合格後は笑顔が絶えませんが、受験期には苦しい期間が続いていました。
 基礎的な学力がもともとあった彼女は、難しい問題にぶつかると時間をかけて考えてしまうタイプでした。そのため、教室の授業ではストップウォッチを使って演習を行っていました。しかし西南高校に合格するためには、難易度の高い問題でも短時間で正答できるようにならなければなりません。そこで、英語での並び替え問題や書き換え問題といったいわゆる小問部分は、過去問を2周も3周もやり遂げました。最初に過去問を解いた時には思うように点数が取れていませんでしたが、何度も繰り返し解いているうちに目に見えて点数が上がり、本人もそれを実感していました。
 また、Wさんは自習中にとても集中していました。いつも黙々と自習をしている姿は、教室の他の生徒さんたちの良い模範となっていました。


今回は私立高校に専願入試で見事合格をした生徒さん3人の紹介でした!
どの生徒さんも様々な方法を姪浜教室の講師とともに試行錯誤して合格を勝ち取りました。おめでとうございますemoji