赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2014.06.24

受験勉強.jpg2014年の6月も残すところ一週間を切りました。

こんにちは、城南コベッツ赤塚駅前教室の担当講師Hです。

6月が終わると2014年もおよそ半分が過ぎたことになります。
7月に入ると季節は本格的に夏になり、特に受験生にとっては重要な季節になりますよね。

赤塚駅前教室に通う受験生も部活の引退とともに顔つきが受験生らしくなってきた生徒がいます。

ついこの間までは塾で授業を受けても”早く帰りたい”みたいなオーラを出していたのに、今では”家では集中できないから塾が閉まる時間まで自習していく”とのこと・・・。

その変わりっぷりにはこちらもたじろいでしまう勢いで「人ってきっかけとタイミングで変われるもんだな~」と感心しつつも、生徒のやる気に負けてられないと気が引き締まる想いです!

また、「中学生や高校生はこうやって”受験生”になっていくんだな~」としみじみ感じてしまいました。

中学3年生や高校3年生のこの時期で周りから「もっと頑張れ!」とか「意識が足りない!」とか言われてしまう人いませんか?
自分では頑張っているつもりでもそんなこと言われてしまうとちょっとやる気もそがれてしまいますよね。

そんな人はちょっとだけ冷静に自分自身を見つめ直してみましょう
やみくもに悩むよりも誰かに相談して客観的な意見を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ただ単に勉強時間を多く確保したり、授業を集中して聞くことになったから”受験生”になれる訳ではありません。

わたしは自分の目標に向かって自分に必要なものに対しひたむきに頑張れる”意識”こそがその人を”受験生”たらしめている要因だと思います。


受験という大きな壁に向かっていろいろと不安や悩みが出始める時期だと思いますが、そんな中でも”自分の目標””やらなければいけないこと”を見失ってはいませんか?

暑く厳しい夏を乗り切るためには今悩むことも大切です!

ただ、あまりにも悩んでしまうときは塾に来て自習をしてみましょう。
相談に乗ってくれる先生もいますよ(*^▽^*)

2014.06.23

昭和新山.jpg今日から70年前の1944年6月23日は北海道の有珠山が噴火し、新しく昭和新山ができた日です。

昭和新山はもともと有珠山のふもとの畑であったところが噴火し土地が盛り上がって火山となりました。
わずか2年の間に17回も大きな噴火を繰り返し標高400m近くにもなる山となったそうです。

もともと畑であったということは当時そこで農作業をしていた人はとても驚いたでしょうね。

昭和新山は今では国の天然記念物にも認定され、北海道の観光地としても有名です。


昭和新山はマグマの粘り気が強く、その形がおわんを伏せたような形(鐘状火山)になっています。
(※マグマの粘り気と火山の形については2014年4月11日のブログの記事で確認しましょう!)

この山はマグマの粘り気が強かったため噴火も爆発的で激しかったと想像できます。

今日は火山の噴火によって出てくる火山噴出物について確認しましょう!


●噴火のときに噴出される
火山噴出物には主に以下のものがあげられます

 ①火山ガス ・・・ 噴火で出てくる気体成分(主に水蒸気

 ②溶岩 ・・・ 地中で溶けたマグマが地表に出てきたもの
         ※地表でドロドロしていても、冷えて固まっても溶岩といいます

 ③火山弾 ・・・ 噴火で飛び出した溶岩の破片
          ※空気中で冷えて固まる

 ④火山灰 ・・・ 直径2mm以下の小さな粒
          ※風にのって遠くに運ばれる

 ⑤軽石 ・・・ 小さな穴がたくさん開いている石



以上のものは一部で実際にはもっと細かい分類が存在します。

受験のために最低限覚えなければならないものですのでしっかりと覚えるようにしましょう!

2014.06.21

96aa0aab9661fd451e65c8cf44e4b46a_s.jpg2014 サッカーワールドカップ ブラジル大会の日本代表は、
コートジボワールに敗れて、
ギリシャと引き分けでかなり厳しい状況です。

大会前の調整が上手くいっていたように感じていたので、
少しネガティブになっている方も多くいそうですね。

教室内の生徒と先生の会話を聞いていても、
様々な捉えられ方があって感心してしまいます。

泣いても笑ってもコロンビア戦で全てが決まります。
選手は全力でプレーしてくれると思いますから
みんなで応援しましょう!!!

 

話は変わりますが、
サッカーや他のスポーツを見ていて、いつも思うことがあります。

“ なんでこんなに邪魔をするんだろう・・・・・ ”

私が応援している選手が一生懸命ボールを持ってゴールに向かっているのに、
そのボールをあらゆる手段を使って奪おうと 
“ 邪魔 ” してくる人がいるんです・・・・・。

綺麗にシュートを撃てるのに、
“ 邪魔 ” する人間がいるから、
無理やり不恰好に撃たなければならないんです・・・・・。

あったりまえな話ですけどね!! 
(^_-)-☆


皆さんも、志望校合格というゴールを目指していますが、
まわりに
“ 邪魔 ” してくる人はいますか?

あなたが勉強している横で、大音量で音楽を聞いたり・・・・、
 あなたが解らない問題を聞くと間違った答えを教えたり・・・・、
  あなたが勉強を始めると遊びの誘いを仕掛けてきたり・・・・。

恐らく、あなたを
 “ 邪魔 ” する人はいませんよね。

でも、あたかも誰かが
“ 邪魔 ” をしているように、勉強がはかどっていない人・・・・、いませんか?

“ 邪魔 ” を仕掛けて来ているのは、もしかすると・・・・・、“ あなた自身  かもしれませんね!

そのことを十分認識して、“ 自分との戦い  に勝利してください!!

そして、あなたのまわりで
ある時は声を張り上げて、またある時は固唾をのみながら応援している
“ 本当のサポーター ” がいることを意識してみてくださいね!

   頑張れ!ニッポン!!    頑張れ!コベッツ生!!  
!(^^)!
 

2014.06.20

台風.jpg1949年6月20日は日本に”デラ台風”という大型の台風が日本に上陸した日です。

この台風は九州地方、四国地方を中心に、死者行方不明者併せて400名以上となる大きな被害をもたらしました。

当時は連絡手段が未発達であったり、「6月の梅雨の時期には台風が来ない」という言い伝えを信じる人が警戒せずにいたことが被害を大きくしてしまった要因だったようです。

今では台風の情報は上陸する前にいち早く分かるので被害に備えるという意味では安心できます。
それでも今なお台風による死傷者はなくなりません。

7月からは台風の発生件数も多くなる時期です。
天気予報などで台風の情報を聞いたらその規模や進路などに注意し、警戒を怠らないようにしましょう!


さて、みなさん、台風は雨と風がとても強い天気であることはご存知だと思いますが、台風の定義っていったい何かご存知でしょうか?

熱帯の海上で発生した低気圧(熱帯低気圧が発達し風速が秒速17.2mを越えたものを台風と呼びます。
風速が17.2mとはその風が地上で吹いたら「風力8」となる強さで、普通に歩くのが困難になる強さです。

また台風の低気圧によって引き寄せられた大量の水蒸気は中心の周りにたくさんの積乱雲を発生させます。
この積乱雲のせいで強い雨も降ることとなります。

台風の進路は気団偏西風に影響され、時期によってふるまい方が変わります。
日本への上陸は7月~9月にかけてが多く、台風への警戒も必要となります。

以上が教科書に書かれている台風に関しての内容です。

天気は暖気寒気高気圧低気圧など様々なものが影響して決まります。

覚えることも多いので、不安な人は今の内にしっかりと整理しておきましょう!

2014.06.19

音読.png6月19日はその語呂から

「 六 十 九 」
  ろう  ど く


「朗読の日」とされています。

「朗読」とは声に出して文章を読むことですが「音読」とは違って”感情を込めて読み上げる”という意味合いが含まれるようです。

普段は文章を声に出して読む機会なんてなかなかないですよね。
かつて字の読み書きが普及していなかった時代における文学作品を楽しむ方法は”朗読”が主だったようです。
昔はそれほどまでに生活に結びついていたものだったのですね。

文章を声に出して読むことは学習の面でも大きな効果を発揮します。

例えば教科書に載っている言葉の意味を覚えようとしたときに、ただ目で読んで覚えようとするよりも、声に出して読む方が格段に定着が図れると言われています。

それは、目で見て口で言葉を発し、それを耳で聞くことにより多方面からの情報が脳への記憶を助けると考えても納得のいくものです。

何気なく聞いているCMの曲の歌詞を覚える気がなくてもなんとなく覚えてしまうことってよくありますよね。
それぐらい耳から入る音の情報というのは記憶に残りやすいものです。

英単語や理科、社会の用語などを覚えるときは是非その言葉を口に出して勉強して見てください。
きっと大きな効果を発揮すると思いますよ♪