赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2014.07.31

夏休み(スイカ).jpg2014年7月も今日で終わりになります。

明日から8月になり受験生にとっては重要な夏休みもいよいよ本番となりますね。
夏休み中の過ごし方について、しっかりとした計画を立てた人も、特に計画を立てなかった人も、どんな人でも過ごす時間は一緒になります。

夏休みが終わるころになり「あれもやっておけばよかった、これもやっておけばよかった」とならないように毎日を充実したものにしましょう!

家でなかなか集中ができない人は塾の自習ブースの利用をおススメします。

この夏は苦手単元を一つでも多く克服し、9月以降にスムーズな滑り出しをしましょう!

2014.07.30

梅干し.jpg本日7月30日は梅干しの日とされているようです。

これは和歌山県のとある農園が定めたようで、「梅干しを食べると難が去ると言われていることから、

「 なん が 去 る 」
  7    3  0


の語呂合わせで制定されたようです。

梅干しは抗菌作用を持ち、梅に含まれているクエン酸には食欲増進疲労回復などのヒトの体にとってとてもよい効果を発揮します。
暑さでバテ気味なこの季節にはちょうどよい食べ物ですので、ご飯のおともに食べてみましょう!

ところで、昨日は「土用の丑の日」ということでうなぎを食べた人も多いと思います。

実はこの梅干しうなぎの組み合わせは昔からよくないと言われてきました。
ところが、実際に調べてみるとその理由に科学的な根拠はなく、中には「梅干しがうなぎの油分の消化を助ける」と良い食べ合わせであると主張している人もいます。

昔は「食欲を増進する梅干し」「高価なうなぎ」の組み合わせはよくない、といった理由からこんな説が生まれたとも言われています。

その他にも食べ合わせが悪いものとして次のようなものがあります。

スイカと天ぷら ・・・ 水分と油分が多く胃への負担が大きくなる

カニと柿 ・・・ どちらも体温を下げる効果があり、体を冷やしすぎてしまう

スイカとビール ・・・ どちらも利尿作用がはたらき、脱水症状を引き起こす可能性がある

他にもいろいろとあるようです。
みなさんも食べ合わせには気を付けるようにしましょうね!

2014.07.29

うなぎ.jpg2014年7月29日は「どようのうしの日」です。

「どようのうし」とは「土曜の牛」ではなく「土用の丑」と書きます。
毎年土用の丑の日が近くなるとスーパーなどで「うなぎを食べよう」なんて宣伝文句が出てきたりしますよね。
みなさんの中にも目にした人が多いのではないのでしょうか?

そもそも土用の丑とはいったい何なんでしょうか。

「土用」とは雑節のひとつで、「立春、立夏、立秋、立冬」のそれぞれの直前の約18日間のことを言うそうです。
また「丑」とは12種類の動物で数える十二支の2番目にあたる「丑(うし)」のことをいいます。
これが日付にもそれぞれ割り当てられていて、今年の7月29日は「丑の日」となります。

その「土用」の期間内の「丑の日」に当たるのが「土用の丑の日」になるわけですね。

さて、「土用の丑の日」にはうなぎを食べて栄養をつけ、暑い夏を乗り切ろう!と昔から言われています。
この話の起源には諸説あるようですが、古くは江戸時代にさかのぼるそうです。

あるうなぎ屋さんが夏にあまり売れないうなぎを売るために人に相談をしたところ「本日丑の日」と店先に書くことを勧められました。
これを他のうなぎ屋が真似をして、徐々に「土用の丑の日はうなぎを食べる」という風習が広まったようです。

もうすぐ8月にさしかかり、気候もどんどん暑くなることが予想されます。
今年の夏は栄養満点のうなぎを食べて元気に乗り切りましょう!

2014.07.28

今日から141年前の1873年7月28日は明治政府が「地租改正」を公布した日です。

地租改正とは明治に入ってからの土地制度の改革です。
地券と呼ばれるチケットを発行することにより、その土地の所有者や地価、地租などをはっきりとさせました。

この地租改正により、日本全国で地価に応じた一定の税収を得ることができたので政府の財政は安定しました。

一方、各地の農民たちは税の負担が軽くならなかったため地租改正を反対する一揆も起きたようです。

それでは地租改正で新しく決められた内容を確認してみましょう!

①地券を発行し、土地の所有者とその土地の価格(地価)を定める

②課税の基準をそれまでの収穫高から地下に変更する

③税率は地価の3%とし、土地の所有やが納めることとする


これらの内容は教科書にも載っていることなのでしっかり覚えましょう!


地租改正.jpg

2014.07.26

幽霊.jpg7月26日は「幽霊の日」と定められているそうです。

これは1825年(文政8年)の7月26日に当時の江戸の中村座というところで「東海道四谷怪談」が初めて上演されたことに由来します。
四谷怪談とは江戸時代にできた怪談話のことで、今でも落語や映画などで親しむことができます。
今では”お岩さん”という女性が出てくる怪談話として有名ですね。

さて、暑い時期になるとテレビでも怪談話心霊話で毎年盛り上がりますよね。
いわゆる”怖い話”とされるもののルーツは実はかなり古くからあり、平安時代からある書物の中にも記されたりしていたそうです。

苦手な人も多いとは思いますが、昔から人々は怖い話の類が好きだったんですね。
かく言う私もそういったものの類が好きで、特に夏の時期はホラー映画や小説などをたしなんだりします。

暑さ厳しいこの季節に今年は怪談話で涼んでみてはいかがでしょうか?