赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.02.28

今日で2月が終了し、明日から3月です。

2月は他の月よりも日数が少ないせいか、過ぎるのがとても早く感じますよね。

3月は年度の変わり目ということで、学生たちにとってはとても大事な時期でしょう。
進級、進学はもちろんですが、この春から親元を離れて暮らし始めるという人も多いと思います。

そういった意味では3月は慌ただしくなる時期ですね。
時折温かさを感じるようにもなりましたが、まだまだ朝晩の冷え込みは油断できません。

3月に入ってからも体調管理はしっかりとしましょう!



20150228ビスケット.jpgさて、今日2月28日は「ビスケットの日」だそうです。
これは今日から160年前の1855年2月28日に、水戸藩の柴田方庵(しばたほうあん)という蘭学者が、オランダ人から保存食としてのビスケットの製法を学び、その製法書を水戸藩に送ったことに由来しているそうです。

ビスケットといえば、人気のあるお菓子の一つですよね。
日本に伝わった当時は南蛮菓子の「ビスカウト」と呼ばれ親しまれていたようです。

ところで、よく混同されがちな”ビスケット””クッキー”の違いはみなさんご存知ですか?
英語圏では両者の明確な違いはないようで、イギリスではどちらも”ビスケット”、アメリカではどちらも”クッキー”と呼ぶようです。

日本では明確な違いが定義されています。
”ビスケット”の中でも「糖分、脂肪分の合計が40%以上のもので、見た目が手作り風である」ものを”クッキー”と呼ぶそうです。

こういった定義があったわけですね。
ビスケットとクッキーは別物だと思っていたので、クッキーがビスケットの仲間であったことは意外でした。

今日は「ビスケットの日」ということで、おいしいビスケットなんかを食べてみてはいかがでしょうか?

2015.02.27

旧暦の明暦3年2月27日(新暦の1657年4月10日)は徳川光圀『大日本史(だいにほんし)』の編さんに着手した日だそうです。

徳川光圀についてはみなさんご存知ですよね。
今では”水戸黄門(みとこうもん)”という愛称でよく知られています。

徳川光圀『大日本史』については2014年7月11日のブログでも触れていますので、よかったらそちらもご覧ください。

大日本史とは、編さんを始めてから完成するまでに250年もの歳月を要した、全400巻もの歴史書です。
それ程膨大な量ですが、この歴史書はきちんとしたデータを集めた上での書物であると言われています。

光圀は日本全国から天皇や皇族に関する資料を集めさせました。
もしかしたら、こういった史実がドラマの「水戸黄門」のモデルになったのかもしれませんね。

莫大な時間と人員と労力をかけて作られた『大日本史』ですが、その中に記載された「尊王」の考えは幕末志士たちに大きな影響を与えたと言われています。

『大日本史』日本の正しい歴史を後の世に伝えようとした徳川光圀の偉業と言ってよいでしょう。


20150227光圀像.jpg水戸という土地は今では若者にとってはパッとしない地域なイメージがあるかもしれませんが、江戸時代には水戸藩と言えば、尾張藩紀州藩と並ぶ御三家の一つとされていました。
そういった意味ではとても由緒と歴史のある町なんですね。

少しでも興味を持った人がいれば、水戸の歴史について調べてみましょう。
自分の知らなかったことが知れて楽しいかもしれませんよ。

2015.02.26

本日、2015年2月26日で

城南コベッツ 赤塚駅前教室は満2歳の誕生日を迎えることが出来ました。


通塾してくれている生徒の皆さん、

大切なお子様をお預けいただいている保護者の皆様、

卒業後も顔を見せてくれている卒業生の皆さん、

皆様の温かいご支援・ご期待のお力で

努力を続けることが出来たと心から感謝いたします。


更なる高みを目指し「最高の勉強の場」をご提供できます様 

スタッフ一同頑張ってまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。


         城南コベッツ 赤塚駅前教室 教室長



2015.02.26

2月26日は日付から分かる通り「二・二六事件」の起こった日ですね。
二・二六事件は今日から79年前に起きた青年将校たちによる、クーデターの未遂事件です。

さて、ここで言う”クーデター”とはどういうものかみなさんご存知でしょうか?
”クーデター”は政治面での改革が起こるので”革命”や、武力を行使するので”テロリズム”などとその意味が混同されがちです。

今日は日本の歴史を学ぶ上でも大事なこれらの言葉の意味の違いを確認しましょう!

まず”クーデター”の意味を確認します。
言葉の意味としては「一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる改変」を言います。

ここで大事なことは”クーデター”を起こす人は政治を担う人であることが多いということだそうです。
つまり、国の政治などを行っている組織の下の人たちが上層部のやり方に不満を持ち、武力によって改変を起こすようなこと”クーデター”とされます。
日本では、大化の改新承久の乱五・一五事件などがクーデターの例としてあげられます。
どれも歴史の教科書に載っている大事な事件なので、しっかりと覚えるようにしましょう!

”革命”という言葉も「政治の仕組みの改変」と言う意味では”クーデター”と同じ意味を含むのですが、多くの場合は武力の行使を含まないことが”クーデター”とは違います。
政治に携わっていない外部の組織のたくさんの人間が仕組みを改変させようとするのが特徴です。
かつて欧米などで起きた”市民革命”などもこういった大勢の人たちの意識によって起きました。


20150226悩み.jpg最近話題となった”テロリズム””クーデター”などとどう違うのでしょうか?
まず「武力や暴力によって政治的目的を達成する」という点は”クーデター”ととても似ています。
大きく違う点は「武力や暴力」の対象です。

組織の上層部を相手とする”クーデター”と違い”テロリズム”は一般市民や無差別な対象が狙われたりします。
そのため、当然のことですが”テロリズム”は多くの人から「悪い行為」とみなされます。


ニュースなどでもよく出てくるこれらの言葉は意味が似てる分、混同されることがあるので使う場合は気をつけるようにしましょう!

2015.02.25

3月4日の県立高校入試まで残り7日となりました。

受験を一週間後に控えている中学3年生は不安を口にすることも多くなってきました。
そんな中、妙に自信満々な生徒もいたりするわけですが・・・。

特に中学3年生にとっては人生で初めての大勝負の人も多いでしょう。
漠然とした不安にかられて気持ちが落ち込んでしまうのも当然です。

そんなときは”志望校に受かりたい”という気持ちを全面に押し出して、気持ちを奮い立たせてみてください。

ここから先はがむしゃらに知識を詰め込む勉強だけでなく、自分の不安要素を取り除くような勉強に意識を変えてみましょう。
苦手な単元を一から確認してみたり、模試で間違えた問題をもう一度解いてみたり・・・。

そういったちょっとしたことが、本番でのメンタルを強くしてくれるきっかけにもなったりします。

残り一週間。

分からないことがあれば何でも質問を!

絶対に”志望校に合格する”ことを信じて!

一緒に頑張ろう!


20150225まかせなさい.jpg