赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.03.31

20150331エッフェル塔.jpg今日から126年前の1889年3月31日はエッフェル塔が完成した日です。

エッフェル塔はフランスのパリに建てられている鉄塔です。
建設当時の高さは312mもあり、当時は世界で一番高い建物だったそうです。

建設の目的はフランス革命から100周年を記念して行われる第4回万国博覧会のシンボルにするためだったそうです。
今ではパリ市内どこからでも見ることのできるその存在感は観光の名所として一役買っています。

1991年にはエッフェル塔を含む”パリセーヌ河岸”世界遺産にも登録され世界に誇れる名所になってるというわけですね。


そんな、パリの街を代表する建物であるエッフェル塔ですが、建設当時は大きな批判もあったようです。
その理由は”景観を損ねる”というものが大きく、歴史のある街に突如として現れた鉄製の塔に納得ができない人も多かったようですね。

批判をする中には芸術家の人たちが多く、その中の一人は頻繁にエッフェル塔の1階にあるレストランに通った人もいたようです。
その理由は「パリで唯一エッフェル塔を見なくてすむ場所だから」ということらしいです。
エッフェル塔が嫌いだからエッフェル塔で食事をするなんてちょっと皮肉が効いてて面白いですよね。
もしかしたらパリの芸術家はとてもユーモアがあるのかもしれません。

ところで、エッフェル塔の写真を見ると、日本にも同じようなものがあることに気が付くでしょうか。
ご存知の通り、エッフェル塔の形は日本の東京タワーにとても似ていますよね。

その形が似ていることから、東京タワーはエッフェル塔を真似してデザインされたとよく言われています。
私もそうなのかな、と思っていたのですが、調べてみると実はそういったことではないらしいですね。

100年以上前に建てられたエッフェル塔のデザインは耐久性もデザイン性も洗練されたもので、東京タワーもそれを突き詰めた結果似てしまったというような感じだったらしいですね。

東京タワーに関してはまたいつかブログの記事で書くことができればいいなと思っています。

今日で2014年度も終わりですね、2015年度も毎日更新を目標にブログを更新していく予定ですので、引き続きよろしくおねがいいします!

2015.03.30

今日からちょうど219年前の1796年3月30日は正十七角形が定規とコンパスのみで作図可能であることが発見された日だそうでうす。

これはドイツの数学者であるカール・フリードリヒ・ガウスという人が発見しました。

正十七角形の作図とはいったいどういうことでしょうか?

作図というのは中学1年生の数学で習う分野で、基本的には定規とコンパスのみを用いて決められた図形を描くというものです。
定規は直線を引くために用い、長さを図ることはできません。

中学生が作図をする場合は垂直二等分線角の二等分線という2種類の線の引き方を駆使して行うわけですが、同じ条件でガウスという人は正十七角形を作図してしまったというわけですね。

正十七角形なんておそらく普通に生活していれば絶対に見かけることのない図形です。
数学を専門に勉強している人でも見かけることはまれだと思います。

そんな特殊な図形を限られた条件で書いてしまうなんて、実はとてもすごいことなんですよね。

それを発見したガウスさんは文字通りの天才で、数学や物理の分野で多数の功績を残しました。
今でもガウスと名前の付いたものはたくさんあり、ガウス関数ガウス記号ガウスの法則、ある物理量の単位としてガウス[G]などがあります。

20150330正十七角形.jpg
さて、実際の正十七角形の作図方法ですが、インターネットで調べると詳しく出てきます。
ただ、その方法はとても作業数が多く、精確さが要求されます

お恥ずかしい話ですが、私も挑戦してみた所なかなか上手く書けませんでした。
手順を確認しながら行ったのですが、おそらくコンパスを使う中で生じたズレで最終的な図がうまくいかなかったのかもしれません。

時間があるときにもう一度挑戦してみようかな、と思っています。

手順を見ながらやるのであれば、小学生でも中学生でもできるので、気になる人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

2015.03.28

20150328白詰草.jpg今日は3月28日で「ミツバの日」です。
”328”がそのまま”ミツバ”と読めるからですね。

ミツバ(三つ葉)というとセリ科の植物で、日本全国に分布している植物です。
ですが、みなさんにとってミツバと言ったら”三つ葉のクローバー”の方が馴染みがあるのではないでしょうか?

クローバーは日本名をシロツメクサ(白詰草)と言います。
シロツメクサは春から夏にかけて花を咲かせる植物で、割といろんなところに生えている雑草の一種ですね。

子どもの遊びで、草で冠を作る遊びがありますが、それに良く使われたりもします。

さて、クローバーに関しては三つ葉のものよりも”四葉のクローバー”の方が断然人気がありますよね。

四葉のクローバーは通常は葉が三つのものが、まれに四つあるものがある、というものです。
これは三つ葉のクローバーの変異体で言わば特別なクローバーということですね。

数もたくさんあるわけではないので、見つけると幸運が訪れるという伝説があります。
中には見つけたことがある人もいるのではないでしょうか?

調べてみると、四葉のクローバー以外にも、五つ葉六つ葉などもあるようですね。

ギネスによると、2009年に岩手県で見つかった、56葉のクローバーというものがあるようです。
葉が56枚もあるというのはどういう状況なのか、にわかには想像できませんが、こういったものがあるなんて驚きですよね。
検索すると画像も出てくるので、気になる人は是非調べてみてください。

話によると、四葉のクローバーなどは人や動物に踏まれやすい場所を探すとよく見つかるようです。
が立ち入らない場所に生えているものよりも、原っぱに生えているところを探すのがいいかもしれませんね。

ちょっとした幸せを見つけてみたい人はちょっと探してみてはいかがでしょうか?

2015.03.27

20150327さくら.jpg3月27日は「さくらの日」だそうです。
理由は「3×9(咲く・サクラ)=27(日)」を連想させることから、日本さくらの会が認定したようです。

桜と言えば、ちょうど今の時期を代表してくれる花ですね。
特に日本では全国的に桜の開花の時期が話題になり、花見を楽しむ習慣があります。
そういった意味では春の風物詩として昔から根付いていると言えますね。

ちなみに花見の習慣は奈良時代の貴族が行ったのが起源と言われています。
それ以来現在までずっと人々に楽しまれているわけですね。

中には毎年この時期の花見を楽しみにしている人もいるのではないでしょうか?

さて、気になる今年の開花状況ですが、水戸市の開花予想3月29日となっています。
あさっての日曜日に開花が始まるという予想ですね。
確かに今日の天気なんかはとても温かく、春を感じられるような気候ですのでいつ桜が咲いてもおかしくないような気がします。

満開になる予想日4月4日ですので、ちょうど始業式入学式の頃が見ごろかもしれません。


どうして、桜の花は他のよりも人気があるのでしょうか?
気になったので理由を少しだけ調べてみたのですが、やはり他の花や木とは違った魅力があるようですね。
その一例を見てみましょう。

●分かれや出会いの時期に咲く
 ちょうど、年度の変わり目に咲く桜は卒業式や入学式のイベントの印象と結び付きやすいわけです。

●一斉に咲き、すぐに散ってしまう
 桜の花は短い期間で一斉に開花し、開花したと思ったらすぐに散っていきますよね。
 この儚い様子が日本人の感性に触れるのかもしれません。

●見た目がきれい
 単純な理由ですが、桜の花は見た目もきれいですよね。
 花弁の数も多く、それが一気に散っていく華やかな様子はとても魅力的です。

さすがは毎年賑わいを見せるだけあって、桜の魅力は計り知れないようです。

今年も桜の季節となり、ワクワクしてきます。
ですが、日が暮れてからは肌寒くなる可能性があるので、遅くまで花見を楽しむ人は防寒対策も必要ですよ!

2015.03.26

早いもので3月も残り一週間をきり、年度の変わり目も近づいてきましたね。

どの学校も春休みに入り、中には宿題に追われている生徒もいるのではないでしょうか?

赤塚駅前教室にはこの時期に普段は来ないようなお客様が多数見えます。

先日は、進学のために静岡への引っ越しを終えたという報告をわざわざ生徒のお母さんが直接いらして報告をいただきました。
また、県内の大学に進学を決めた生徒があいさつに来た際は「まだ住む場所が決まっていない」という報告も。

昨年赤塚駅前教室を巣立った卒業生は春休みに実家に帰ってきたときに立ち寄ってくれたりもしました。
大学での楽しい生活の話もそこそこに、春休み中はお母さんの仕事のお手伝いのバイトに注力するとか。

高校受験を終えて中学を卒業した生徒たちもゆっくりはしていられないようですね。
各高校での入学者説明会が終わり、大量の課題を出されて面食らってしまった人もいるようです。

その中にはさっそく塾の自習ブースを利用して課題に取り組む姿も。

進学をする人も進級をする人もそれぞれが確実に次のステップに向けて羽ばたき始めたという感じです。

赤塚駅前教室も皆さんにこれまで以上の”勉強の場”を提供するために努力していく次第です。

赤塚駅前教室の自習コーナーをどんどん利用して新しいステージに向けてのスタートダッシュを決めよう!


20150326旅立ち.jpg