赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.10.28

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

もうすぐ10月も終わろうとしていますが、自分の勉強の進行具合はいかがでしょうか?
11月に入ると一気に気候も冬を感じさせるものとなり、今年も受験シーズンに突入したな、という気分になってきます。

そうなると受験生は当然のように勉強に余念がなくなり、どんどん自習をする姿が見てとれるようになります。

自分で苦手な個所を埋めるために必要な勉強をしていく姿勢は、とても有効な勉強方法です。
そういった勉強をするためには、まず自分がどんな分野・単元が苦手で何を勉強しなければならないかきちんと把握しておく必要がありますよね。

自習に取り組む姿勢もひとそれぞれです。
黙々と目の前の問題をこなしていく人、先生をつかまえて質問をどんどんする人、友達と相談しながら互いに解決しあう人・・・。

中に、数学の問題を解いて、その答えが合っていないとすぐに先生にどこが間違っているのか聞いている生徒がいました。
すかさずその生徒には、自分で問題を解き直したかどうかを確認です。
すると、特に見直し、解き直しはしていないという答えが・・・。


20151028悩み.jpg解き直しをさせてみると、どこが間違っているのか分からず四苦八苦する姿が。
それでも諦めずにやってもらうと何とか自分の計算の不備に気が付くことができ、無事に正解にたどり着くことができました

そんなやり取りを何回か繰り返し、わたしが生徒に強く伝えたことは「自分の回答をいい意味で信用しないこと!」です。

もちろん自信を持って回答することは大事ですし、一発で正解できれば何も問題はないのですが、テストのときなどに絶対一回で正解できている保証なんてどこにもないですよね。
限られた時間の中で正答率を上げるためには、自分のミスを誰にも指摘されることなく自分で見つけることができる必要があります。
そういったものを訓練していくためには普段からの勉強しかないわけで・・・。

間違えたものをついつい先生に聞いてしまう人は、先生に質問する前に自分でもう一度考えてみるということをしてみましょうね。
自分一人の力でできた方が、できた時の達成感も大きくなりますよ。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2015.10.27

20151027テディベア.jpg今日は「テディベアズ・デー」だそうです。
デディベアというのはクマのぬいぐるみのことをいい、たいていのものは子供に親しまれるようなとてもかわいいデザインをしています。

実はこのテディベアは、第26代アメリカ合衆国大統領であるセオドア・ルーズベルトにちなんでその名前がつけられ、誕生したようです。
それで、10月27日はルーズベルトの誕生日であるから、今日は「テディベアズ・デー」となっているわけですね。

1902年の秋ごろ、ルーズベルトは趣味のクマ狩りに出かけたところ一匹も獲物をしとめることができませんでした。
そのことを気に病んだ従者は大統領のために一頭のクマを用意します。
そのクマを撃つように大統領に促したところ「そんなクマを撃つのはスポーツマン精神にそむく」と言って撃つことはしなかったそうです。

このエピソードを同行していた記者が新聞に載せ、それを読んで感銘を受けたおもちゃメーカーがクマのぬいぐるみを作り、そのクマにルーズベルトのニックネームであった「テディ」と付けて売り出したのがテディベアの始まりとされています。
あのかわいらしいクマのぬいぐるにみにはこんな裏話がったわけですね。

テディベアは日本でも人気があり、おもちゃ屋などでもよく見かけることがあるので、お店などで見かけた際はアメリカの大統領の逸話を思い出してみてはいかがでしょうか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2015.10.26

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日、10月26日は「柿の日」とされているようです。
これは今日からちょうど120年前の1895年10月26日に正岡子規「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺(かきくえば かねがなるなり ほうりゅうじ)」という句を詠んだことにちなんで制定されているみたいですね。

「柿くへば・・・」の句はみなさん聞いたことがあるでしょうか?
松尾芭蕉の詠んだ「古池や 蛙飛びこむ 水の音(ふるいけや かわずとびこむ みずのおと)」の句と並んで俳句というものを代表する作品です。

季語は「柿」「秋」を表しています。
ちょうど今の時期にピッタリな俳句ですね。

この句の前には「法隆寺の茶店に憩ひて」という前置きがあるらしく、「法隆寺に立ち寄った際に茶店で一服し柿を食べていると、途端に鐘が鳴り、その響きに秋を感じた」という意味があるようです。

その情景を想像するだけでも風情を感じさせてくれるような俳句ですね。
さすがは日本で一番有名な俳句の一つといったところでしょうか。

ちなみに正岡子規は柿が大好きだったようで、好んでよく食べていたみたいですね。


20151026干し柿.jpg柿の実には渋みのもとである「タンニン」という成分が含まれていて、熟す前に食べるととても渋みを感じます。
柿には、熟すと渋みがなくなる”甘柿”と、熟しても渋みが消えない”渋柿”があります。

渋柿をそのまま好んで食べる人は稀だと思いますが、渋柿は”干し柿”として食べるのが一般的にされています。
熟してそのままだととても渋い柿も、軒先に干して食べるととても甘くなるんですよね。
柿って不思議な果物ですね。

今日は「柿の日」ですので、柿を食べてみてはいかがでしょうか?
渋柿はそのままの状態で剥いて食べないようにしましょうね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2015.10.25

今日は中学3年生による私立対策マークシート模擬テストが行われています。

マークシートのテストというのは回答方法がいつものテストとは違うので、慣れていないとやりづらさを感じてしまいますよね。
しっかりとした練習が必要なものでもあるので、こういった機会を利用して慣れていくようにしましょう。


20151025勉強.jpgさて、あと一週間で今年も10月が終わろうとしていますが、お勉強の具合はいかがでしょうか?

さすがにこの時期ともなると、年度末に受験を控えている生徒はもちろんのこと、来年度に受験を控えている生徒も勉強に真剣さが増してきていますね。

進んで自習をする姿にも力が入ってきている様子が見られますが、受験までの期日がどんどん近づいてくると”何をやればいいのか?”という疑問が出てくることもありますよね。

勉強しなければならない状況に焦ってしまう必要はありませんが、いまいち方針を決めたり計画を立てたりすることができない場合は以下の点に注意して勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか?

●自分の苦手なところを把握する
がむしゃらに勉強に取り組むと、目の前の問題をこなすことに一生懸命になり、必要のない問題に大きく時間を割いて、効率的でない場合もあります。
まずは自分が必要とする内容を考えた上で取り組むように心がけましょう。
そのためにも、自分は何ができて、何ができないか、をきちんと知っておく必要があります。

テストなどで自分が間違えた問題は、そこがまさに「自分の苦手としている箇所」だと思ってください。
それを集中的に復習するだけでもとても良い勉強になるはずです。

●暗記モノは繰り返しやることを意識する
多くの人が苦手とする暗記モノですが、受験勉強においては絶対に欠かせないものです。
みなさんきちんと取り組んでくれていると思いますが、暗記モノに関しては一度覚えて終わりには絶対にしないでください
なぜなら、人は忘れる生き物だからです
一度覚えたことを忘れてしまうのは仕方のないことですが、それをそのままにしておくことは厳禁です。

まずは自分は覚えたことを忘れてしまうという自覚をしっかりとして、完璧に思い出せるまで繰り返し行うことを意識しましょう。
本番までにしっかりと覚えておくことができる、という状態が暗記モノのゴールです。
決して一度覚えたからといって終わりにはしないように!!


いつも書いているようなことと重複していますが、勉強の方針が立てられないという人は参考にしてみてください。
以上の点を注意して、これからも一緒に頑張りましょう!!


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2015.10.24

今年の10月24日は二十四節季霜降(そうこう)になります。

霜降とは「霜が降りる」と書くので、その字の通り草や葉などに霜が付き始める時期になります。
秋の様相も一段と深まり、朝晩の冷え込みが強くなり、日が沈む時間も早くなることが実感できる季節でもあります。


20151024霜.jpg霜降の次の節季は立冬(りっとう)なので、秋が終わり冬に近づく頃と考えてもよいですね。
冬物の衣類や暖房器具などの冬支度はこの時期から始めるのが一般的なようで、10月も残り一週間と考えると11月に移り変わるこの時期に冬支度を済ませてしまった方がいいのかもしれませんね。

日本の古くからの暦について書かれた暦便覧には「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と書かれています。
朝露や夜露が気温の低下により霜が降りることを説明していますが、ちなみに、霜が降りる気温はその付近が0℃以下となっていることを表しています。
それを聞くだけでも寒くなってきたことが分かりますね。

また、紅葉の見ごろの時期もこの時期から本格化してくるため各地で紅葉狩りを行うのに最適な季節と言えるでしょう。
これからの時期に時間が取れる人は紅葉などを楽しみに行くのもいいかもしれませんね。

当然、体調管理には十分に注意するようにしましょう
寒くなると簡単に風邪をひきやすくなりますし、現に今体調を崩している人が多いと聞いています。

これから先はもっともっと寒くなることが分かっているので、防寒対策をしっかりとして絶対に風邪をひかないようにしましょうね!


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■