赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.02.29

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

20160229砂時計.jpg今年は閏年で今日は4年に一度来る2月29日ですね。

みなさん閏年のことはご存知でしょうか?
現在の暦は太陽を中心とした地球の動きで作られていますが、自然の動きをもとにしているので、1年が365日、1日が24時間などという決まりは少しずつズレが生じてしまします。
そのズレを修正するために「閏(うるう)」という考え方が使われます。

閏年は基本的には4年に一度、2月29日を加えることにより一年の長さを調整しています。
ですので、暦を考えると「1年が365日ある」と考えるよりも「4年が1461日ある」と考えた方がより正確になるわけですね。

閏での日時の調整の仕方は、採用している暦によって変わるようです。
日本では今、太陽の動きに基いた「グレゴリオ暦」が採用されています。

グレゴリオ暦の閏での時間の調整の仕方は「西暦が4で割り切れる年を閏年として2月29日を加える」というみなさんもご存知の調整方法ですが、実はそれ以外にもルールがあります。
それは「西暦が100で割り切れる年は平年通り」「西暦が400で割り切れる年は閏年とする」というものがあります。

つまり、4年に一度来る2月29日も、100年に一度来ない年があり、400年に一度は100で割り切れる年であるにも関わらず2月29日が来るということになります。

ちなみに16年前の西暦2000年は100で割り切れる年ですが、400で割り切れる年ですので閏年となりました。
カレンダーを確認するとちゃんと2月29日があることが確認できます。

4年に一度でももの珍しい上に、100年や400年に一度こういったルールが差し挟まれるのでそれ程複雑でないにしてもちょっとややこしく感じますよね。

ところで、稀に見かける2月29日生まれの人について、平年はいつ誕生日を祝うのか?ということが気になったので調べてみました。
平年だと2月29日がないので、前日の2月28日か、翌日の3月1日に祝うのかなと思ったのですが、実際は2月28日に祝う人がほとんどだそうですね。
厳密な決まりはもちろんないのですが、3月1日になってしまうと2月生まれとは違うイメージがあるからでしょうか?

みなさんの周りの2月29日生まれの人はどうしていますか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.02.27

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日からちょうど6年前の2010年2月27日は「2010年チリ地震」が南米のチリ中部沿岸で起きた日です。
まだ、6年前のことですので覚えている人もいるかもしれませんね。

この地震はマグニチュードが8.8で、発生当時は世界でも5番目に規模の大きい地震だったそうです。
記憶に新しい2011年3月11日の東日本大震災のマグニチュードが9.0でしたので、この地震の被害も相当大きなものであったと予想できますね。

日本は世界的に見ても地震が多い国ですが、チリも日本と同じ環太平洋造山帯の一部に属しているので地震が多い国です。
規模が大きい地震もあるので、日本にいてもニュースでその話題を聞くことがありますね。

チリは日本から見るとほぼ地球の裏側に位置するとても遠い国ですので、地震のニュースを聞いてもピンと来ないのが正直なところですよね。
ただ驚かされるのが、地球の裏側で起こった地震だからと言っても無視できない問題が日本にもあります。
それが”津波”の問題なんですよね。

実は2010年に起きたチリ地震によって引き起こされた津波は太平洋を越えてはるか遠くの日本までやってきました
岩手県などでは1m以上の津波が観測されています。


20160227波.jpg日本からチリはおよそ17,000km程離れているので、そんな長い距離を伝わって津波がやってくるなんてちょっと想像つかないですよね。
ですが、日本とチリの間の太平洋にはほとんど障害になるものがないため、そんな長い距離でも波が伝わってきてしまうようです。

津波って怖いですよね。
我々が東日本大震災で学んだように、津波の恐ろしさはその被害の大きさもさることながらこういったところにもあります。
今後も大きめの地震が起きたときは海岸には近づかないように意識しておきましょうね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.02.26

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日から58年前の1958年2月26日は日本の画家である横山大観(よこやまたいかん)が亡くなった日だそうです。

みなさん横山大観のことはご存知でしょうか?
彼は1868年に常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)に生まれたそうです。
当時はギリギリ明治時代でしたが、まだ廃藩置県が行われていないので「茨城県」という名前はまだ使われていなかったわけですね。

水戸出身の有名画家ということで、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

彼は岡倉天心(おかくらてんしん)などに学び、後に「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる絵画の表現技法を生み出します。
そういった功績が称えられ、文化勲章などの勲章も受賞しています。
また、同様に茨城県の名誉県民としても選ばれているみたいですね。

茨城県の県立高校入試の社会の問題では茨城県に関する問題が出題されることがあるので、そういったことも調べておくと思わぬところで試験問題に対応できるかもしれませんね。


20160226水墨画.jpg県立高校入試の昨年の社会の問題では江戸時代の探検家である「間宮林蔵」を答えさせる問題が茨城県出身の人物として出されていました。
地元に住んでいるのであれば、受験用の勉強としてではなく、こういったことを知っておくのも大事かもしれません。

受験が近づいてきている受験生は時間があるときに、茨城県に関することも調べておくといいかもしれませんね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.02.25

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

県立高校受験まで残り1週間となり、中学3年生の受験勉強も最終段階という空気が漂っています。
どの生徒も真剣そのもので、自分の必要な勉強に対して余念がありません。

ただ、試験目前という緊張感もあいまってか、生徒それぞれから「疲れているのかな?」という様子が見て取れます。
確かに、この時期になると寝る間も惜しんで勉強に勤しむ生徒もいるので、そういった疲れの積み重ねが出てきているのかな、という感じがします。

ですが、こうなってくると注意しなければならないのが体調管理ですよね。
もちろん体調管理には常日頃から注意していなければならないのですが、疲れがたまってくる時期には一層の注意が必要です。

実際にインフルエンザで学年閉鎖になっている学校もありますし、私の周りでも胃腸炎にかかって授業を休んでいる人もいます。

疲れていると病気に対する免疫力も低くなるので、人からうつってしまうような病気に近しい人がかかってしまったらその人からうつらないように厳重注意することが必要となります。

また、外に出かける時も不特定の誰から病気をうつされないように気をつけましょう。
外出するときはマスクをする、帰宅したら手洗いうがい
単純なことですが、これを意識するだけでも風邪などをひくリスクを大きく減らすことができます。

疲れを感じているときこそ体調管理に十分な注意を!
大事な時期に体調を壊したり、ケガをしてしまったら努力が無駄になってしまう可能性がありますからね。


20160225マスク.jpg■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.02.24

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日から、82年前の1934年2月24日は日本の小説家である直木三十五(なおきさんじゅうご)さんの亡くなった日だそうです。
その理由から彼の作品である「南国太平記」にちなんで、今日を『南国忌(なんごくき)』と呼ぶそうです。

私はあまり本を読む人ではないので、彼のことをよく知らなかったのですが、「直木賞」の由来の人と言えばよく聞いたことがあるのではないでしょうか。


20160224原稿用紙.jpg直木賞は正式名称を「直木三十五賞」と言って、小説家に与えられる文学賞のことを言います。
かつては「芥川賞」と同じように無名作家、新人作家に贈られる賞だったようですが、今ではベテランの作家に贈られることが多いようです。

一年の内に上半期と下半期で2回の受賞作品が選考され、現在までに154回の選考会が行われています。
一回の選考会に2作品が選ばれたり、その回は該当作品がなかったりすることもあるようですが、現在までに100作品以上が直木賞を受賞しています。

受賞作品の一覧を見てみると、あまり本を読まない私でも知っている作品が何冊もあるので、それだけでも良作がたくさんあることが分かります。
中には映像化されている作品もたくさんありますね。

今日は「南国忌」と呼ばれる日ですので、みなさんも次に読んでみたい小説を、直木賞受賞作品から選んでみてはいかがでしょうか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■