赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.04.13

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日から1306年前の西暦710年4月13日(旧暦の和同3年3月10日)は元明天皇(げんめいてんのう)藤原京から奈良の平城京に遷都した日だそうです。
都が平城京に遷都されてからの時代を奈良時代と言うのはよくご存知だと思います。
西暦が710年なので、その覚え方の語呂合わせで「なんと(710)素敵な平城京(なんとすてきなへいじょうきょう)」と言ったりしますね。
「鳴くよ(794)ウグイス平安京」「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」などと並んで、新しい時代が始まるタイミングの年代の語呂合わせなので、ご存知の人も多いと思います。

今日は平城京の遷都にちなんで歴史の勉強をする上でとても大事な”時代の変わり目”の年号の覚え方を確認しましょう。

593年 聖徳太子が摂政になる
「コックさん(593)だよ聖徳太子」
聖徳太子が政治の中心を担う頃に飛鳥時代が始まります。

710年 都が平城京に移される
「なんと(710)素敵な平城京」
奈良時代が始まります。


20160413奈良.jpg794年 都が平安京に移される
「鳴くよ(794)ウグイス平安京」
平安時代が始まります。

1185年1192年 鎌倉幕府ができる
「いい箱(1185)作ろう鎌倉幕府」
「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」

1185年は源頼朝が全国に守護地頭を配置する。
1192年は源頼朝が征夷大将軍に任命される。
鎌倉時代が始まります。

1333年 鎌倉幕府が滅びる
「一味さんざん(1333)鎌倉滅亡」
鎌倉時代が終わり、南北朝時代へと突入します。

1338年 室町幕府ができる
「いざ都(1338)へ参らん、室町幕府」
室町幕府ができ、室町時代となります。

1467年 応仁の乱
「一夜むな(1467)しく応仁の乱」
応仁の乱が起こり、戦国時代に入ります。

1603年 江戸幕府ができる
「人群れ見(1603)えるぞ江戸幕府」
徳川家康が征夷大将軍に任命され、江戸時代が始まります。

1867年 大政奉還
「一番むな(1867)しい大政奉還」
政権が調整に返還され江戸時代が終わり、明治時代が始まります。

とても簡単に書きましたが、これらを抑えておくだけでも歴史の勉強がだいぶ楽になると思います。
歴史の復習をするときに何から始めたらいいか分からない、という人は是非参考にしてみてください。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■

2016.04.12

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日、4月12日は「パンの記念日」らしいですね。
これは旧暦の天保13年4月12日(1842年5月21日)に軍用の携帯食料として作られた乾パン日本で初めて焼かれたパンであることを記念して、パン食普及協議会というところが1983年に定めたようです。

みなさんはパンはお好きでしょうか?
よく「朝はパン派か?ごはん派か?」なんて質問がありますよね。

ごはんと言えば、和食の中での主食であるので、もちろん食べている人は多いですよね。
それと同列で比較されて食べているかどうか聞かれるものですので、日本での代表的な主食と言ってもいいでしょう。


20160412パン.jpgパンが日本にやってきたのは安土桃山時代の頃だそうですが、その頃から江戸時代の頃までは日本人がパンを主食として食べていたという記録はあまり残っていないようです。
ポルトガルの宣教師から伝わったもので、キリスト教とのつながりも密接であるから広まらなかったとか、当時の日本人の口にはあまり合わなかったなどという話もあるようです。

日本でパンが一般的に食べられるようになったのは明治時代以降になります(詳しくはこちらのブログをご覧ください)。
以降、日本でも独自な様々な種類のパンが作られ、朝食に食べられるものの代表となっていますね。

みなさんはどんなパンがお好きですか?
ちなみに私は「塩パン」が好きで、おすすめです。
調べてみると塩パンは2013年頃から愛媛県で人気が出てきて全国に広まったようですね。
私のまわりでは食べたことがあるという人があまりいなかったのですが、おすすめして食べてみた人からは「おいしかった」という話をもらいます。

今日はパンの記念日ですので新しい種類のパンに挑戦してみてはいかがでしょうか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保障のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.04.11

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

昨日からですが、春だというのにだいぶ寒いですね。
今日は日中は天気がよいのですが、風が強くて日が沈んでからは気温が低くなりそうです。

気象庁の発表によると「4月としては数年に一度の寒気」とのことです。
花見シーズンだというのにちょっと残念な気候ですね。

外を見ると桜がきれいに咲いていて、春らしさを感じることができるのですが、こうも寒いと”また冬に戻ってしまったのでは?”と勘違いしてしまいます。
現に、北海道や新潟では雪の予報、または桜が開花し始めた岩手などでもにわか雪が降る予報がされているようです。

せっかく入学、進学のシーズンが一段落しそうなところにこれだけ寒いと調子が狂ってしまいそうですよね。
緊張感や慌ただしさなどで疲れもたまりやすいと思うので、もちろん体調管理も大切です。

ですが、今後の予報によると、明日までは気温が低いそうですが、それ以降は少しずつ気温が高くなってくるようです。
ゴールデンウィークに出かける予定の人はそろそろその予定を立てる頃でしょうか?
今のところの予報ではゴールデンウィーク期間の三連休は気候も温かく、天気も良いらしいので、もしかしたら絶好の行楽日和になるかもしれません。

これから計画を立てるのも楽しみになりますね♪


20160411花見.jpg■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■

2016.04.09

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

先日、授業中の講師と生徒との間で「やばい」という言葉の使い方についてやり取りがありました。

「やばい」という言葉を使ったことがある人は多いと思いますが、その意味をきちんとした意味でちゃんと使っている状況って今ではもしかしたら珍しいのではないでしょうか?

辞書で「やばい」の意味を調べると次のように出てきます。

形容動詞「やば」の形容詞化
危険や不都合な状況が予測されるさま。あぶない。


あまりきれいな言葉ではないので、かしこまった場では使われることはないのですが、意味はこんな感じで大丈夫でしょうか。
「まったく勉強していなかったので今日のテストがやばいとか、「この橋は老朽化しているのでこのまま渡るのはやばいみたいな、よくないことを想定して使われる言葉です。

一説には「やばい」という言葉自体は江戸時代から使われていたという話もあります。
元々は具合の悪いさま、危険なさま、不都合などを表す形容動詞「やば」が形容詞として使われ始めたとも言われています。

さて、これまでに「やばい」という言葉を使ったことのある人は、常にこの正しい意味で使っているでしょうか?

最近の若者の間では「やばい」という言葉は「最高である」、「すごくいい」という全く逆の意味で使われることがあります。
国の調べによると、約7割もの若者が『「やばい」を「すばらしい」という意味で使ったことがある』と答えたようです。

言葉は時代、地域などによって意味が違っていたりすることがあるので、「やばい」という言葉が若者たちの間で多様な意味を持って使われること自体にはそれほど抵抗感はないのですが、個人的にはコミュニケーションがスムーズにいかない場合があるので困ってしまうことがあります。
例えば実際にあったのが以下のような例です。


20160409やばい.jpg私「今日の学校のテストどうだった?」
生徒「やばかったです」
私「・・・それはどっちの意味での『やばかった』なの?」
生徒「もちろん悪い方の意味ですよ」
私「そうか~、それはやばいな~


この場合の「やばかった」は「良くなかった」という意味ですので、本来の意味に近い使われ方をしています。
それとは別にこんなやり取りをしたこともあります。

生徒「先生、今日のテストやばかったんですよ」
私「ほう、それはどうやばかったの?」
生徒「テスト直前に見てたところがバッチリでたんですよ」
私「おー、それはやばいな~


これは「いい意味」での「やばい」の使い方になりますよね。
これらのように、「やばい」という言葉がいろいろな意味で使われるため、様々な場面で使うことのできる便利な言葉になってきた反面、とらえ方や使う相手をよく考えないと思わぬ不都合が生じてしまう可能性があります。

私個人的には「やばい」という言葉が正に”やばいこと”になることもあるんではないかと思います。
みなさんは「やばい」をどんな時に使っていますか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■

2016.04.08

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日は水戸市の公立中学校の入学式の日でしたね。
公立の小学校や高校もここ数日で入学式が行われて、おめでたい雰囲気に満ちているのではないでしょうか?

新たな門出に期待と不安が入り混じり、気が引き締まる思いもありますよね。

赤塚駅前教室でも中学を卒業していった生徒が、新たに高校の制服に身を包み一層大人っぽくなった姿を見せに来てくれました。


20160408入学.jpg ご入学された方、おめでとうございます。
これからの一年が充実した実り多き一年になるよう願っております。


さて、新入生にとっては一大イベントである入学式も、在校生にとってはちょっと面倒くさいイベントだったりするようですね。
赤塚駅前教室に通う、今年中学2年生になった生徒が次のようなことを言っていました。

「僕たちが入学式の準備をしなくちゃならないから、一年生はズルイ」

確かに入学式のための、体育館にいすを並べたり、紅白の幕を張ったりって2年生や3年生の仕事ですよね。
考え方によっては1年生のためにどうして2年生がやらなきゃいけないのか、という疑問が出てくるのも納得ができます。
ですが、それって一年前に自分が入学式を迎えたときも同様のことが言えるので、自分が入学式の時も先輩たちに準備をしてもらったってことになるんですよね。

彼が漏らす不満も分からなくはないですが、やはりその手間は我慢して、新しく一年生を迎え入れてあげるという風に考えてみては、という話をしておきました。
まあ、当の彼はそんなことは百も承知の上でそういったことを言っていたようですが・・・。

もちろん、年度末になれば卒業生のために卒業式の準備をすることになりますが、また一年後には自分たちが後輩たちに送ってもらえるのだと考えれば、準備などの不満も軽減されるでしょうか。

そういったことは学年の持ち回りで仕方ない部分もあるので、入学式は温かく後輩を迎え入れる卒業式は気持ちよく先輩を送り出す、ぐらいの気持ちで準備などもできるといいですね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008

    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■