赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.06.01

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日から6月に入りました。
日中は半そでの人も見かけますし、だいぶ夏らしくなってきましたよね。

ただ、6月になると心配になるのが梅雨です。
まだ九州地方も梅雨入りも発表されていないので、関東もまだ梅雨入りの気配はないのですが、例年では6月の第一週目頃に始まるようなのでもう油断はできません。
梅雨に入ると普段以上に天気のことが気になりますよね。

今ではテレビやインターネットなどで、すぐに手軽に明日の天気を調べることができますよね。
明日の天気だけでなく、一週間ぐらいの天気なら予報が出ているので、イベント事があるときや終末の予定を立てるときなどにとても便利です。

先の天気の動向を知ることができるのはすでに当たり前のことになっていますが、昔はそうではなかったと思います。
今のような天気予報のようなものはいつから始まったのでしょうか?

実は今日からちょうど132年前の1884年6月1日に日本で初めての天気予報が出されて、警察署や派出所などに張り出されたそうです。
ちなみにその時の天気予報は一日に一回の発表で、全国的な天気の予報だったので、今のものと比べるととても簡単なものだったようです。
ですが、専門家でもなく天気の動向を知る経験も無い人が先の天気を知ることができることになったのはとても画期的なものだったと思います。

かくして人々は明日の天気がどんな天気になるのかを知れるようになってきたわけです。
日本は島国で比較的天気が変わりやすい特徴があるので、こういった情報はとても重要になりますよね。


20160601夕焼け.jpgさて、今このブログを書きながら見える西の空はきれいな夕焼けですので、明日はいい天気でしょうか。
ちなみにですが、天気予報で次の日の天気が当たる確率は80~90%もあるようですよ。
かなり高い確率といえますね。

きっと明日は晴れると思います。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■