赤塚駅前教室

Tel:0120-500-008

  • 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-16エスコート赤塚 B棟 1F
  • JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分(駅直結)/駐車場あり

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2016.07.11

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

昨日は参議院議員選の投開票が行われまして、ここ数日世間を賑わしていた選挙も終わりました。
今回の選挙は初めて18歳、19歳の有権者による投票が行われて、若者の政治への関心というものが話題を呼んでいたと思います。

選挙が終わって、総務省により発表された投票率は54.70%となったそうです。
この数字は2013年の参議院選の52.61%よりも2.09ポイント上回りましたが、歴代では4番目に低い投票率になったということで、あまり高いとは言えません。

わたし個人の意見としては、比較的政治に関心の低い若い層(10代)の有権者が増えた分、全体の投票率はもっと下がるのかな?と思っていましたが、ふたを開けてみたらそんなことはなかったということになります。
わたしが懸念していたよりも、若い人たちはずっと政治に関心を持っていて、きちんと投票に足を運んだということかもしれませんね。

また、今回は至るところで「議席数の3分の2」という言葉が争点とされていました。
これは一体どういうことでしょうか?


20160711国会.jpg実はこの「議席数の3分の2」という数字には「憲法改正」というものが大きくかかわってきます。
「憲法改正」というのは日本国憲法を見直すということですね。
もちろん日本国憲法というのは国の決まりの中でも一番大事なものですので、そう簡単に内容を変えることができません。
その憲法をそろそろ改正しませんか、というのが今回の選挙の争点の一つでもありました。

それほど大事な決め事になると当然のことながら、意見が分かれます。
今回は憲法改正を目指す「改憲派」と、改正せずにそのままの憲法を維持する「護憲派」という二つの意見で議席を争うという側面がありました。

実際に憲法を改正するためには次のような手順が必要となります。

内閣もしくは国会議員が憲法改正の要請を国会に提出します。
衆議院、参議院の全ての議員の3分の2以上の賛成を得たら、国民に提案されます。
国民投票により、国民の半数以上の賛成が得られたら改正が決まります。
最終的に天皇が国民の名で公布することにより、日本国憲法の改正となります。

こう言った手続きを踏んで改正となるので、国会議員としてはまず改憲派で議席の3分の2が必要だったわけですね。
今回議席の多数を勝ち取った政権は憲法改正を目指しています。
そういった意味では国民の意見は憲法改正の方に寄っていると思いますが、いかんせんまだ国民投票も国会での提案もされていないのでどうなるかは分かりませんよね。

ここから先の政治の話は「憲法の改正」というものが一つのキーワードになるかもしれません。
改正案が国会を通った場合は国民投票でみなさんの意見を仰ぐことになるので、自分には関係のない話だと思ってはいられませんよ。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.07.09

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日から76年前の1940年7月9日、在リトアニア日本領事代理である杉原千畝(すぎはらちうね)ユダヤ系難民に日本通過ビザを発行し、9月4日までに約2000枚のビザを発行したということがありました。
これを読んだだけでは一体何が起きたのか分かりづらいのですが、どういったことが起きたのでしょうか?

杉原千畝という人物は日本の外交官で、第二次世界大戦中にリトアニアというヨーロッパの国の領事館で働いていました。
外交官の仕事は国同士の関わりである外交の仕事がメインとなりますが、リトアニアの人が日本に渡るための許可を出すビザを発行するという役割もありました。

今の世の中でも難民や移民などに関して国家間での問題が深刻化していますが、当時は世界大戦中でしたので、自分の国を守るという意味でも外交官という仕事がいかに重要であるかは想像に難くないですよね。

第二次世界大戦ではドイツ軍によるユダヤ人の迫害が今でも暗い歴史として刻まれていることはみなさんご存知だと思います。
杉原千畝が従事していたリトアニアのカウナスという地域にもたくさんのユダヤ人が暮らしていました。
リトアニアの場所はドイツからポーランドを挟んだ位置にあり、そのポーランドもドイツの占領下に置かれたので、リトアニアに住んでいるユダヤ人からすると、いつドイツ軍の侵攻に会うか分からない状況でした。

ユダヤ人からすると、ドイツ軍の手の届かない安全な国へ亡命する、というのことが生き延びるすべとなったのですが、世界中の国々で難民となったユダヤ人をどう受け入れるかが問題になってしまいます。
日本もその例外ではなく、日本に亡命を望む人や、日本を経由して安全な国へ逃げようとする人がたくさんいました。

そうなると間に入ってくるのが、外交官である杉原千畝です。
彼は自分の元へやって来る人たちへ、独自の判断でビザを発行し、多くの人たちの亡命の手助けをしました
彼が発行したビザは2000枚以上、救った難民の数は6000人以上とも言われています。

ただし、本来ビザの発行にはきちんとした資格と日本からの許可が必要でした。
しかし、千畝はそれを差し置いて自分の判断でビザを発行しました。
この行為は、国の規則にはそぐわない非人道的な行為であるという意見もありますが、命の危険にさらされている人たちを助けるという人として素晴らしいことをしたことには違いがありません。
事実、彼は日本国の指令に背いたということで不遇な思いもしたようですが、後の世では彼の行いが評価され今では英雄として扱われています


20160709パスポート.jpgまた、彼にはこんな逸話も残されています。
杉原千畝(スギハラチウネ)という名前は海外の人にとっては呼びにくいものなので、自分のことを「センポ・スギハラ」と呼ぶようにと彼は言っていたようです。
ですので、海外では杉原千畝ではなく、センポ・スギハラとして有名なわけですね。
こうした彼のキャラクターが今なお英雄として語り継がれる所以化もしませんね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.07.08

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

ここ最近は生徒が教室に来るなり、暑さを訴えてくる節が見られます。
自転車で通塾している生徒は暑い中を自転車をこいでくるので、いくら教室ではエアコンが効いていてもそう簡単には体の熱が引かないということでしょうか。

それでも日本では8月半ばが暑さのピークですので、これから先もっともっと暑くなると考えると、って思っちゃいますよね。
毎年夏はそんなことを考えている気がします。

話はちょっとだけ変わりますが、今日のブログのネタを探していたらこんなものを見つけました。

1921年7月8日 イラク・バラスで世界最高気温である58.8℃を記録。

今日からちょうど95年前にイラクのバラスという地域で最高気温58.8℃が記録されたというものですね。
日本ではここ数年夏の風物詩とも言えるような最高気温更新合戦が繰り広げられていますが、世界一の最高気温というのは記録が群を抜いています。

ですが、詳しく調べてみるとこの記録には誤りがあったらしく、バラスでの最高気温は53.8℃で、7月8日ではなく7月15日と17日だったようです。
それでも最高気温が50℃を超えるって日本では考えられないですよね。

ちなみに現在世界最高気温を記録している地域とその記録は、1913年7月10日、アメリカのカリフォルニア州デスヴァレーで記録された56.7℃だそうです。
お風呂の温度が40数度でかなり熱く感じるので、それを上回る気温ってちょっと想像がつかないですよね。

それを言ったら日本での最高気温の記録である2013年8月12日に高知県四万十市で観測された41.0℃もそうとう暑いものだと思いますが、上には上があるのだと思い知らされました。


20160708デスバレー.jpg夏は暑いと言っても日本の夏よりもいくらでも暑い地域はあるのだと思ったら、少しはこの暑さも楽に感じられるでしょうか?
そうは言っても暑いのには変わりがないので、涼しく過ごせる方法を考えてみてもいいかもしれませんね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.07.07

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日はみなさんご存知の通り、7月7日で七夕(たなばた)ですね。
一年前のブログでも書いた通りなのですが、七夕は五節句の一つで正式には七夕(しちせき)もしくは七夕の節句(しちせきのせっく)と言ったりします。
イベントとしては短冊に書いた願いを笹の葉に吊るし祈願するのがなじみがりますよね。
また、天体にちなんだ七夕伝説の話があるので、天体観測なんかも一興ですが、この時期は梅雨の時期というのもあり、曇り空が多いのできれいな夜空は期待できないかもしれませんね。

さて、今日は七夕の節句と同時に二十四節気小暑(しょうしょ)でもあります。
小暑とは夏至(げし)大暑(たいしょ)の間に来る節気で、梅雨明けが近づき暑さが徐々に増してくる時期を差します。
今日の気候も曇り空で日差しも強くなく、暑さもそれ程でもないので快適に過ごせますが、この快適さもだんだんと暑さに変わってくるわけですね。

多くの高校では来週あたりから野球応援があると思います。
夏の甲子園に向けての大会は炎天下で行われることが多く、試合での戦いもさることながら、暑さとの戦いというのもあります。
まだ今年の梅雨明けが発表されていないので、まだまだ暑さが本格化していませんが、梅雨明けが発表されたら日差しも強く、気温もグッと上がるでしょう。


20160707日差し.jpg今年は冷夏なんて予想もありますが、それでも夏は暑いことには変わりがないので、体調管理には十分に注意が必要ですね。
特に汗をたくさんかいた後は水分だけでなく適量の塩分も必要となります。
飴をなめたり、水だけでなくスポーツドリンクを飲んだりと、そういったことを意識するだけでも夏の体調不良を回避できると思います。

今日からの2週間で気候はかなり暑くなると思いますが、それでも勉強の勢いが止まらないように、体調管理はしっかりとするようにしましょうね。


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

2016.07.06

みなさんこんにちは、赤塚駅前教室担当講師のHです。

今日は「サラダ記念日」です。
これだけでピンと来る人もいると思いますが、知らない人は何を言っているの?という感じですよね。


20160706サラダ.jpg 『サラダ記念日』とは俵万智(たわらまち)という歌人の代表作である歌集のタイトルです。
この歌集の中に次のようなものがあります。

「この味が いいね」と君が 言ったから 七月六日は サラダ記念日

まさに歌集『サラダ記念日』を代表する一首なのですが、現代短歌の代表作と言ってもいいのではないでしょうか?

一見すると、どうして7月6日なんだ?この味ってどんな味?サラダってどんなサラダなの?
・・・と、いろいろ想像を掻き立てられ、いろんな疑問が出てきそうですが、あれこれ想像を巡らせるのも短歌の魅力の一つですよね。

ちなみに、俵万智さんは今では子育てに勤しむ傍らで作品を出したりと創作活動を続けています。
面白いのが彼女のツイッターでのつぶやきです。
短歌の世界で一世を風靡して、言葉の世界で生きてきた人のツイッターでのつぶやきは我々一般人のものとは少し違った魅力がある気がします(私がそう思っているだけかもしれませんが)。

最近のつぶやきには、新聞に挟まっていたカレンダーの7月6日に「サラダ記念日」の記載があることを見つけ、その日にサラダを作ろう、といったものが。
自分の作った作品がきっかけでカレンダーの記念日として載ってしまうってすごいことですよね。
それだけ『サラダ記念日』が優れた作品で、長く広く愛されたということでしょうか。

今日は「サラダ記念日」です。
みなさんも食卓にサラダを並べてみてはいかがでしょうか?


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■  成績保証のある個別指導 城南コベッツ赤塚駅前教室
   TEL:0120-500-008
 
    常磐線 赤塚駅から歩いて1分
    (駅直結で雨にも濡れません)
 
    ※無料体験授業受付中
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■