小田急相模原駅前教室

Tel:042-705-4844

  • 〒252-0001 神奈川県座間市相模が丘5-3-9 大河内ビル2F
  • 小田急線/小田急相模原駅 南口徒歩1分

受付時間:14:00~20:00 日祝休

2015.05.09

毎週土曜日は、13時~22時まで開校しておりますが、それに加えて、中間試験対策として下記の日程で教室を開放しますので、是非自習に来て下さい。

5月17日(日)  13時~22時
5月24日(日)  13時~22時


尚、5月16・17・23・24の4日間は、自習担当の講師を用意します。
理系の講師を手配する予定ですので、数学・物理・化学など、分からない点は質問して下さい。当然英語の質問もOKです。

校内生が対象ですが、塾を探している生徒もOKです。

2015.05.09

こんにちは。教室長の岡部です。

毎年、GWが明けるとすぐに中間試験対策が始まります。
1学期の中間試験は、オダサガの近隣の公立中学では実施されていませんが、高校や私立中学などでは殆どの学校で実施されています。
特に新入生にとっては非常に大切で、この初回の定期試験の成績が良いと、3年間ずっと好成績が続くケースが多い為です。

コベッツに通っている生徒は、新中1生は少ないのですが、それでもその少ない生徒さんには、何としても好成績をとってもらい、卒業までスムースに送ってもらえるように指導しています。
新高1生が10名以上通ってくれているので、この生徒さん達には連休明けから試験モードに切り替えてもらって、何としてでも好成績をあげてもらえるように、指導してゆきます。

又、ちょっと早いのですが、中間試験の無い学校の中3生に対しても、来週あたりから期末試験対策として少しずつ追い込んでゆきます。
これは、何としてでも1学期の内申点をUPさせる為です。
ご存じのとおり、県立高校入試に関係する内申点は2学期の成績ですが、2学期は部活も引退し、当然、中3生全員が真剣に試験対策をしてくるのと、2学期の内容が難しいからです。数学は2次関数、英語は関係代名詞と、苦手な生徒が多いので、だったら点数の取りやすい1学期の試験で、ベストな点数を取れるように、今のうちからしっかりと指導を行ないます。
特に学校から渡されているワークは最低でも2回、出来れば3回解いてもらいます。定期試験は学校ワークから出題される事が多いので、繰り返しの反復演習により、計算問題は満点を狙います。
これが個別授業のメリットだと思います。
又、個別指導と謳っているものの講師1名に対して生徒3~5名の塾の場合、お子さんが積極的で自分からどんどん質問をするような性格や、出来が良くて特に質問が無いという場合は良いのですが、そうでなくてあまり自分から質問出来ないようなお子さんは、1対2で指導する塾が良いと思います。