長浜宮司教室

Tel:0749-68-2511

  • 〒526-0831 滋賀県長浜市宮司町965-22
  • JR北陸本線 長浜駅 徒歩30分 / バス停「アルプラザ口」 徒歩6分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

長浜宮司教室のお知らせ

長浜宮司教室での個別指導② 小論文その1

2019.03.25

小論文を書く場合の注意事項
*小論文により、およその学力(総合力)は分かる。
小論文において重要なのは知識、理解力、時事問題について、常日頃関心を持っているか等であり、テクニックや論文の書き方はある程度の文章が書ければ、さほど問題ではない。

・新聞のコラム、社説は毎日読む。
できれば、コラムを要約し自分の意見、考えを記しておく。
・少しでも多くの本を読む。
特に時事問題に関心をもち、自分の考えをまとめておく。
・書き慣れること。
文章を書くことに対しての抵抗をなくす。

 * 小論文ではないが、小説の読解力をつけるのに効果的な学習は、読書感想文を書くことである。

・メモをとることを習慣づける。
小論文の書き方
・アウトライン法

・起承転結、序破急の展開 頭括式、双括式、尾括式
・時間を計る。
小論文の型
1 資料が提示される場合

 資料から顕著な特徴を読み取り、それに対する自分の意見、考えを述べる。

2 文章が提示される場合

   文章の論旨、主張を的確に掴む → 筆者の論についての意見 →自分の論の展開(反論) → まとめ

   *問題提起型を用いても良い。

3 資料・文章が提示される場合

4 題(テーマ)のみが提示される場合

 題(テーマ)についての自分の意見(主張)→根拠(理由):複数
 場合によっては反論を考えて、一方向からだけではなく、別の方向からも→結論
(その他)
5 スピーチを想定した場合
注意事項 聞き手は誰か? 持ち時間(1分 350字程度)?
聞き手は耳のみで内容を理解しなければならないという点を考慮して。
6 討論会などを想定して、意見を述べる場合の原稿を書く場合。(ディベート形式)
(例) 体育祭を実施すべきかどうか?
実施する場合のメリット、デメリット

賛成か反対か? 根拠(理由):複数

   *反論を想定しておく。
長浜宮司教室での個別指導③ 以降は、メッセージに移します。お読みください。