浜松篠原教室

Tel:053-445-5070

  • 〒431-0201 静岡県浜松市西区篠原町4020
  • JR東海道本線:高塚駅 遠州鉄道バス:田畑 徒歩1分

受付時間:15:00~20:00 日祝休

浜松篠原教室からのメッセージ

大学入試共通テストについて 【 浜松市 西区 成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ浜松篠原教室 】

2019.07.07

こんにちは!!城南コベッツ浜松篠原教室です。
今の高校3年生は、徐々に受験に向けて熱が入ってきました。
次年度以降を考えてみると、大学入試共通テストという大きな変化が起こります。
城南コベッツ浜松南教室でも、少しずつ準備が進んでいます。 では、大学入試共通テストとは、どんなものかを少しまとめていきたいと思います。
共通テストプレ問題(H30)←クリック

大学入学共通テストについて

「大学入学共通テスト」の概要について、現在(*2017,7)発表されている内容を確認していきます。
テストの詳細はまだ検討中のものがあり、内容は変更される可能性があります。これからも注目していく必要があります。


2021年1月から実施
センター試験は2019年度(2020年1月)を最後に終わり、2020年度からスタートするのが「大学入学共通テスト」(以降、「共通テスト」)、センター試験と同様1月中旬の2日間で実施、今の高校2年生(2019年4月時点)から、「共通テスト」(2021年1月実施)を受けます。
「共通テスト」は、現行の学習指導要領で学んだ生徒が受ける2020~2023年度と、次の学習指導要領で学んだ生徒が受ける2024年度以降で、出題・解答方法などが検討されています。
導入当初の出題教科・科目は、現行のセンター試験と同様の6教科30科目が予定されていますが、2024年度以降は簡素化する方向で見直されます。
現在のセンター試験からの大きな変更としては、これまでのセンター試験になかった記述式問題の導入と、英語では4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価することが挙げられます。
新テストは、「知識・技能」だけでなく、大学入学段階で求められる「思考力・判断力・表現力」を一層重視していくという考えがあります。このため、センター試験でも実施されているマークシート式問題も見直されています。


国語と数学で記述式問題を出題

現行のセンター試験は全てマークシート方式で実施されていますが、共通テストでは一部で記述式問題が導入されます。
当初は国語と数学で実施され、2024年度以降からは地理歴史・公民や理科分野に広げることが検討されています。
2018年6月に大学入試センターから発表された「『共通テスト』問題作成の方向性等」によると、国語は20~30字程度、40~50字程度、80~120字程度を記述する問題がぞれぞれ1問ずつ出題される予定となっています。試験時間は現行のセンター試験の80分から100分に延長されます。評価は、マーク式問題の配点とは別に段階別評価が示されます。小問ごとと記述式全体の総合評価が示されます。
数学では「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」受検者を対象に、「数学Ⅰ」の範囲から3問、マーク式問題と混在する形で出題される予定となっています。試験時間は現行のセンター試験の60分から70分に延長されます。数学の記述式問題は段階別評価ではなく、マーク式問題と合わせて合計100点の中で配点が行われます。

英語は「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能評価を導入
英語は4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価するため、実施形態を含めて大きく変わります。
センター試験は「読む」「聞く」の2技能のみのテストだと考えられており、新テストでは4技能を評価する方向で検討されてきました。 しかし、センター試験のような大規模な集団に、同日に一斉に「話す」「書く」に関する試験を実施するのは難しいものがあります。
そこで、すでに4技能評価を行っている民間の資格・検定試験を活用することが示されました。英語は2020年度から2023年度までは大学入試センターが作問し共通テストとして実施する試験と、民間の資格・検定試験の両方を試験として用意されることになりました。
各大学はいずれかまたは両方を利用できます。
このうち、大学入試センターが作問する英語の試験については、現行の「筆記」は「筆記(リーディング)」に改められます。試験時間は「筆記(リーディング)」80分、「リスニング」60分(うち解答時間30分)と変更ありません。
資格・検定試験の受検者は、高校3年生以降の4月~12月の間に受検した2回までの資格・検定試験の結果が大学に提供されます。 成績結果は、受検者が資格・検定試験の受検を申し込む際に、大学入試センターからあらかじめ個人ごとに発行されたIDを記載することにより、試験実施主体から大学入試センターへと成績が送付され、大学入試センターから大学へと提供される仕組みです。
提供される成績は、各試験のスコア(バンド表示も含む)とCEFR(*)の段階別表示、(合否がある場合は)合否が基本となります。
*CEFR [ヨーロッパ言語共通参照枠 / Common European Framework of Reference for Languages] :外国語の学習・教授・評価(Learning, Teaching, Assessment)のための国際指標

新着情報

カレンダー

アーカイブ