成増教室

Tel:0120-002-559

  • 〒175-0094 東京都板橋区成増1-31-10 あいおいニッセイ同和損保成増ビル 1・2F(受付1F)
  • 東武東上線/成増駅 南口 徒歩5分 東京メトロ有楽町線/成増駅 徒歩2分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

成増教室からのメッセージ

【成増の個別と言えばコベッツ】原子とは

2015.08.08

こんにちは!
城南コベッツ成増教室です(゜ω゜K)


前回告知した通り今日は原子力とは何かを語りたいと思います…が!(’ω’)

まずは中学理科のおさらいです!

原子や原子核など、全ての物質は様々な原子や、原子が複数連なる分子で構成されています。
原子は原子核と電子で構成され、原子核は陽子と中性子で構成されています。
原子核.gif





















原子の質量(原子量)は電子を無視した陽子と中性子であり、構成粒子(陽子・中性子・電子)の数は
陽子=電子≠中性子
となります。その理由としては、電子はマイナスの電荷を帯び陽子はプラスの電荷を帯びているため、
1つの原子内で電荷のプラスマイナス差を0にする為に陽子と電子は同数ずつ存在します。

8O
この様な元素記号を見たことがあるでしょうが、酸素原子の左下につく8の数字は原子番号と呼ばれ、陽子=電子数を表しています。
元素周期表は水素の1から、最新のもので112のコペルニシウムまでこの電子数が増えるように並んでいます。

周期表.gif


























質量はおおよそ原子番号の約2倍。こと典型元素と呼ばれるものはそれが顕著に表れています。
(典型元素は真ん中の薄いピンクと水色の元素以外の事です!!)
それは陽子≠中性子と前に述べましたが、基本的に典型元素の中では陽子=中性子か、
中性子が+1~2の事がほとんどです。陽子と中性子の質量を1とすると原子番号8の酸素は
陽子8、中性子8の16が酸素の原子量(質量)となっています。

ここで、中性子は電荷を帯びてはいないので他の粒子数に左右されません。
その為、陽子量より多く原子核内に存在する事が出来ます。

さて、この中性子、とある方法で、取り出したり、他の原子にぶつけたり出来ます。と言うかしています。

中性子がぶつかる事で、元々構成していた原子核が崩れ分裂します。それを核分裂と言い
核分裂時に大量のエネルギーを発生させる性質を利用し発電をしているのが原子力発電なのです。




中学理科の化学の範囲、なんとなく思い出されたでしょうか?

次回は最後に触れた核分裂について語りたいと思います。
4年前の原発事故で、沢山のニュースで情報を耳にしたかと思いますが、
改めて、今も続く原発再稼働の賛否問題に繋がる原因は何か、考えてみてはいかがでしょう。




  【成績保証のある個別指導】
城南コベッツ成増教室
☎03-5968-4165

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)