荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

2017.09.28

昨今の入試問題の傾向として
①英文の長大化
②語彙・語法問題の増加
といったことがあげられます。
①英文の長大化に対応するには
(おや?知らない単語が出てきたぞ...)
と、その度にスピードが遅くなっていてはいけません。
②語彙・語法問題の増加に対応するには、単語についての知識をたくさんもっていることが大事。
つまり
【単語だけはしっかりやっておくべきだ】
ということになります。
もっとも単語さえできればよいというわけではありません。
しかし、単語さえできない状態では、超長文の読解など覚束ないということは言うまでもありません。

2017.09.27

そんなことはありません。
数学は、原理原則を理解して、応用する力が必要な科目だと思われがちです。
もっとも、それは数学に限らずすべての学問に対する普遍的な姿勢であるべきです。
しかし、こと中学の勉強に関しては、それは必要ありません。
①例題を覚える。
②類題を解く。
③丸つけ・直しをする。
※直し=解答・解説を赤で写す。
④解き直す。
※解説の通りに解けるまでやる。
①~④のstepを繰り返すだけで難しいテストでも満点が取れます!
そう!ここでも大事なのは繰り返しにほかなりません。

2017.09.26

では、お子様の場合、集団塾と個別指導塾、どちらを選ぶべきなのか?
究極の答えは
「お子様がいちばんやる気になれる方を選ぶ」
ということですが、あえて正面からお答えするなら...
・集団塾にあって、個別指導塾にないのは
「クラス分け」
⇒ライバルとテストで競い合うことでやる気をあげたいから集団塾
・個別指導の良さは、お子様がひとりでできるようになるまで指導すること
⇒わかるまで・できるまで指導することでやる気が上がるのなら個別指導塾
と言えるでしょう。

2017.09.26

9/18からおよそ1週間にわたって各学年の冬期学習テーマを連載しました。
もちろん、生徒の習熟度や志望校によって、指導内容はかなり異なってきます。
これから塾をお探しのみなさん、早めにご来校のうえ、学習相談を受けてください。

2017.09.25

やっておきたい教科

算数+国語

やっておきたい内容

1学期の復習/2学期の復習

3学期の予習/算数検定対策

ぜひとってほしい学習時間/日

算数60分+国語60分

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)