荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

2018.12.29

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

2018年の営業も本日、12/29で終わりとなります。
来年2019年は1月4日より開館致します。

年内は大変お世話になりました!
来年もよろしくお願いいたします。


2018.12.28

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

必要資格系学部以外を考えるのであれば、学部系統の絞り込みだけはしておこう。
必要資格系以外であれば、学部系統の絞り込みさえできれば、将来においてそれほど困る事態にはなりません。
たとえば、A大学の機械工学科に行きたかったが、そこには受からなかったので同じA大学の電気電子工学科に進学した人が
(A大学にこだわりがあったので別日程の電気電子工学科を受けたということ)
4年間休んでやはり「機械工学がやりたい」と考えた場合、大学院修士課程で機械工に進学することは難しくないということです。
(機械を学ぶ上で電気の知識は必須です)
一方でこの人が大学院修士課程で農学部に進むのは、畑違いとなり、難しいということです。
学部学科を決めかねるという場合は、まずは上記の系統から入り、その中で好みを見つけていくのが良いでしょう。
教室で「学部・学科の基礎知識」を読むのも良いです。

2018.12.27

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

どうやって考えていけばいいのか。
学部・学科の内容で就職先が制限されることはないし、学部ごとに有利な業種などもないので、
4年間で自分が学びたいと思う学部を選ぶと良い。
文系の就職は、学科内容には左右されません。
どこの大学でも銀行員実績では経済学部のほうが高くなっていますが、これは「経済学部だから多く採用されている」ではなく、
「金融系志望者が経済学部に多い」ということです。
安心して好きなことを学べる学科に向かっていってください。
また、そもそもどの学部で何を勉強できるかわからない場合は、城南コベッツの教室まで相談に来てください。
一から話を聞いて好みを引き出したり、「学部・学科の基礎知識」を貸し出したりしています。

2018.12.26

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

物理は生物・医療系学部で、生物は理工系学部で使えないことが多いので注意が必要。
化学はほぼどの学部でも使える万能科目。
生物が理工系学部で選択しづらいことはある程度知られていますが、
物理が意外と使い勝手の悪い科目であることはあまり知られていません。
昨今人気の高い看護医療系・リハビリ系などでは選択できないことが多く(放射線系除く)万能科目とは言い難い特徴があります。
また、薬学系は化学限定の大学が多いため、こちらも注意が必要です。

2018.12.25

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

一応受験可能な大学も調べて問題ないのですが、そのまま選択してもよいものでしょうか?

歴史科目ほど覚えることはないけれど、そのぶん応用力が求められる科目です。
よって「暗記が少ないから地理(政治経済)を選択した」というネガティブな選択をしてしまうと、
取り返しのつかない失敗になることもあります。
一概には言えませんが、世界史・日本史の場合は苦手であっても根性でなんとか一定水準まで持っていけますが、
地理・政治経済は興味・関心がない人が選択してしまうと、絶望的に苦しむ科目であるように思います。
地歴公民の選択は「好き」「楽しい」というポジティブな動機で選択するべきです。 最低でも「いやではない」というレベルであるべきです。

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)