荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

2019.03.28

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

英語の学習についてです。

まずは以下の文を見てみてください。

I want playing tennis.

(私はテニスがしたい。)

中学で英語をきちんと学んでいる人はこの文の誤りに気付くと思います。

そこで、本日は「語法」というものについて紹介します。

英語においては「文法」という言葉はよく聞きますが、「語法」といわれると何を指しているのかきちんとわかっていない場合も多いと思います。

簡単に言えば以下の通りです。

文法...英語の文においてのルール

語法...英語の単語においてのルール

1つ具体例を出します。

【文法】

①SVOのOには名詞(単語or句or節)が入る。

②不定詞と動名詞は名詞句となれる。

→Oには不定詞または動名詞が入る。

文法用語ばかりで難しいかもしれませんが、ここまでが文法です。

前述の文はこの文法の条件は満たしているのです。

しかしながら、語法は満たしていません。

【語法】

①動詞wantはSVOの文型をつくる。

②ただしOに句を入れる場合は不定詞のみ入り、動名詞は入らない。

これがwantに関する語法です。文法は英語の文においての共通ルールですが、語法は単語ごとにあるローカルルールなのです。

つまり、

I want to play tennis.

が正解です。

英語を学習していくうえで、

文法の中に「語法」「イディオム」「慣用表現」などを含めて勉強する場合もあります。

(教材もそのように編集されているものも多くあります。)

しかしながら、ある程度学習が進んでくると、これらを区別して理解したほうが納得できるようになります。

長くなりましたが、

これを学校で詳しく説明してくれることは少なく、ましてや自身の力によって整理することは難しいですね。

もちろん市販のVintageやNextStageではこれらの分類はされているわけですが、

意味を理解しているのとそうでないとではテキストへの理解度も相当に変わってきます。

他の個別指導塾でよく使用されている塾専用教材をそれぞれ見てみると、あまりこれについて配慮された教材がないように思います。

英語を体系的に学びたい方は、城南コベッツにお越しください!

お待ちしております。

成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

3/25~4/4までは11:30~20:30まで受付しております。

2019.03.26

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

「公立高校入試の社会を制するために」

春休みが始まりましたね!
短いお休みですが、高校入試にむけては大切な学習の機会とも言えます。
それはなぜでしょうか?
高校入試で問われる問題は、
地理・歴史・公民の各分野ともに基礎知識を前提として、
地図・統計・図表などを利用した総合的に考察する力が問われるからです。

そのため、
「社会は暗記だ!」
と言って直前に覚えるだけで取れる問題は少ないのです。

3年生になると、公民の学習が始まります。
地理と歴史については、
全体の7割~8割の学習はすでに学校では終わっているのです。

部活が終わって夏休みの大会後は、
受験勉強するぞ~
という中学生は多いのではないでしょうか。
しかし、だいたい大会が終わって2学期(後期)が始まるまでの期間というのは,
1か月あるかないかの期間しかありません。
また、お盆休みもありますので、受験に向けて復習するとなると、
不明点を洗いだしてその勉強をして終わってしまう
=今まで習った範囲の総復習するのには、時間が足りないのです。

そのため、春休みから地理・歴史の苦手意識を持っているところだけでも、
その不明点を解消し覚えなおしておけば、夏休みの復習にかかる時間は減ります!

それだけ余裕をもって受験勉強が進められるのです。

また、文章記述の問題も近年増えていることも特徴です。

学習を進める上では、基礎的な用語などの暗記はもちろんですが、
この図表や資料からどのようなことが読み取れるか、
ということを意識においた上で、教科書やテキストは読んでいくとよいでしょう。

教室でも春期講習を実施しています。

塾を使う効果は、覚え方や流れを教わって、自分だけよりも覚えやすくなることにあります。
また文章記述の問題に対する対策などは教わってから練習するほうが確実に効果はあがります。
ご興味持たれた方、また今の学習にご不安やお困りごとがありましたら、
ぜひ下記よりお問い合わせくださいませ。お待ちしております。

成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

3/25~4/4までは11:30~20:30まで受付しております。

2019.03.23

こんにちは!
城南コベッツ荻窪教室です。

「社会は暗記っていうけれども、なかなか覚えられないのはどうして?」

5教科の中で、一番「暗記科目」と言われるのは社会ではないかと思います。
よく塾の中でのご相談の中でも、
「社会は暗記なんで、習うというよりまず家で覚えて・・・」
ということをおっしゃる保護者様も少なからずいらっしゃいます。

しかし、
生徒様とお話ししていると「覚えられなくて困っている」というご相談も受けるものです。
特に歴史についてが、その傾向はあるようですね。

今回は、そのことを考えてみたいと思います。

「単純暗記だとすぐ忘れる?」
教科書本文の太字になっている人物や年号だけを覚えようとしていませんか?
その場では覚えられていても、 その出来事がなぜ起こったのか、
その原因を知らずに記号のように人物や年号を覚えようとすると、
似たような名前の人物と混同して、結果的に「覚えられない」となってしまいます。

また、年号に関しても出来事がなぜ起こったかの原因に照らし合わせて、
起きた順番を意識して覚えていくことで、歴史の流れ・ストーリーを元に頭に入ってきます。
出来事の順番と併せて年号をセットにすると、
高校入試でよく聞かれる年号並び替えの問題に対しても困らずに対応できるようになるのです。

また、教科書ですとその時代の政治の流れ、文化の流れ、産業の流れとその単元ごとに習得していきます。
ですが、 テストに出る問題としては、
〇〇時代単体として出るよりは時代をまたいで出題されることも少なくありません。
そのため、政治の流れ、文化の流れ、産業の流れ、
というものを時代をまたいでその変遷を理解していく、
ということも暗記が楽になる考え方といえるでしょう。

社会が苦手な方へは、そうした流れをもとにして、
「なぜこの事件が起きたのか」
「なぜこの人物がこれを引き起こしたのか」
という原因を説明した上で、
この人物・出来事・年号を覚えていきなさい、という形で指導しています。

社会に苦手意識を持っているお子様の復習のお役に立てればと、
当教室では3/25(月)から春期講習を開催します。
受講相談を随時承っておりますので、
ご興味もたれた方は、下記までお気軽にご連絡お待ちしております!

成績保証のある個別指導塾
城南コベッツ 荻窪教室
℡:03-5347-0380
Fax:03-3391-0390

2019.03.21

こんにちは!

城南コベッツ荻窪教室です。

突然ですが皆さん。

「国語」ってどのように勉強していますか。

多くの方は、

「とりあえず学校のワーク、問題集をやる」

「漢字を勉強する」

「本を多く読む」

のどれかに該当するのではないでしょうか。

確かに「漢字」は覚えなくてはいけませんよね。

でもよく聞くのが、

「小テストや学年末、試験のために覚える」ということ。

点数・成績のために、と考えるとあながち間違えではありませんが、

そうなってしまうと一夜漬けに近い形となり、忘れて行ってしまうことが多いはず。

『今はスマフォ等ですぐ調べられるから、別に覚えていなくても...』

いやいやいや。

これから先の勉強はそうはいきません。

これから先の学習は、

一問一答ではなく、自分の思考を問われることが増えていきます。

いわゆる記述問題です。

その際に使いたい言葉の漢字が書けなければ、

違った言葉で書いていくしかなくなってしまいます。

言葉に1つ1つしっかりと意味があり、意味が少しづつ変わってしまうこともあります。

そうなっては当初自分が考えたことを文章にするのは難しくなってしまいますよね。

かといって、漢字をすべて覚えるは「広辞苑」を1ページから覚えなくてはなりません。

それは大変ですよね。

まずは今自分がいた学年の漢字はしっかりと書けるようこの春のうちに復習しませんか?

家で復習するのが大変となるのであれば、

コベッツの自習室でやるのはいかがですか?

開館日であればいつでもお待ちしておりますよ

※急な宣伝です(笑)

ちょっと長くなったので、

次回、他の二つにも触れてみたいと思いますね。

成績保障のある個別指導塾

城南コベッツ 荻窪教室

℡:03-5347-0380

Fax:03-3391-0390

2019.03.19

こんにちは!
城南コベッツ荻窪教室です。

最近、英語の"4技能"という言葉をよく聞くようになりました。

4技能とは

読む Reading  書く Writing  聞く Listening 話す Speaking

のことですね。

この中でも聞く・話すが日本人が苦手とするところだと思います。

これらが難しい理由の1つとして「音法」の理解不足が挙げられます。

Let it go を レット イット ゴー と認識している限り、

アナ雪(例が古いですが)をカラオケで歌おうとしてもうまくリズムにはまりません。

ご存知のとおり、実際にはレリゴーと発音されているわけです。 どこにも「リ」の発音を連想させるような"R"や"L"のつづりはないのに不思議ですね。 実はletのtの発音がLの音に変わっているのです。

これを音法では【変形】と呼びます。

音法はほかに【連結】【同化】【弱形】【脱落】があります。

これら音法は学校では教えてくれません。

Would you を ウッド ユー ではなく ウジュー と発音するくらいは、 なんとなくわかるかもしれませんが前述の例などは説明が必要だと思います。

リスニング問題でレットイットゴーという発音を待っていても一向に聞き取れるようにはなりません。 きちんとレリゴーが流れても聞き取れるような理解と練習が重要です。

ListeningやSpeakingが重要視される今後の英語においてはこの音法を学ぶとよいと思います。

・・・

そして!

その音法を学べるのが!

城南コベッツなのです!!

留学試験対策専門校LINGO L.L.C監修【5 Codes English】

は文法を学びながら同時に音法も学ぶことができます。

学校では教えてくれない音法に興味がある方はぜひ体験授業にお越しください。

お待ちしています。

成績保証のある個別指導塾 城南コベッツ 荻窪教室 ℡:03-5347-0380 Fax:03-3391-0390

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)